旅サラダ:フィリピンの楽園を求めてセブ島とカオハガン島へ

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

セブ島

今回の旅サラダの海外の旅「フィリピン・セブ島」です。

旅サラダガールの西山真似(にしやま まい)さんが、フィリピンの人気リゾート・アイランドを旅します。

セブ島は、海辺でのんびりしたり、ダイビングを楽しむもよし、海好きな人には大人気のリゾート地ですが、ここは1521年にポルトガルの冒険家マゼランも上陸したこの島は異国文化が交わるエリアです。

海でのアクティビティ以外に歴史スポット巡りも楽しめるこのエリアで訪れた場所は?

スポンサーリンク

旅サラダ:海外の旅「フィリピン・セブ」

フィリピンのセブ島(Sebu)は、フィリピン中部に位置する面積約4422㎢の大きな島です。
7000以上の島で成るフィリピンの中でも、その歴史と文化を育んできた島として海外の旅行客にも人気のスポットです。

空港があるマクタン島(Mactan Island)をはじめとする島々が囲う、自然豊かで歴史、文化、自然と魅力満載のセブ島を旅します。

ローカルマーケットにグルメなど、セブ島の見どころは?

まず西山さんは人気のリゾートホテル、ムーベンピックホテル・マクタンアイランド・セブ(Movepick Hotel Mactan Island Cebu)にチェックイン。

ここでは、なんとウェルカムドリンクならぬ“ウェルカムチョコレート”でおもてなし!
清潔感のある広々としたオーシャンビュー・スィートから見る景色に気分も盛り上がります。
オープンカフェやプライベートビーチもあるので、滞在中は存分にリラックスできそうですね。

セブ島の中心地で伝統料理の”レチョン”を頂く

いよいよセブ島の中心地セブシティへ。
向かったのはカルボン・マーケット(Carbon Market)です。

新鮮な野菜や果物を始め、様々な食材を売る市場は地元の人々の台所です。
日用雑貨まで揃っていて、見ているだけでも楽しい!

新鮮な丸ごとのパイナップルを売るお店が気になった西山さん、
その場で試食させてもらいます。

次はセブ島の伝統料理を味わおうと、有名なレストランのズブチョン(Zubuchon)へ。
ここではレチョン(Lechon)という子豚の丸焼きを頂くことができます。炭火で約3時間かけてじっくりと焼かれた豚は、カリカリとした皮としっとりとした肉のコンビネーションがとっても美味しい!
見た目も豪勢なこの料理はお祝いに欠かせない一品とのことです。

Website is under construction
%26lt%3Bh1+style%3D%26quot%3Bwidth%3A+25%25%3Bmargin%3A+0+auto%3Bbackground%3A+%23cf181d%26quot%3B%26gt%3BRoasting+Soon.%26lt%3B%2Fh1%26gt%3B%0D%0A%26lt%3Bimg+i...
スポンサーリンク

冒険家のマゼランが建てた十字架

お腹を満たした西山さんが次に向かうのは、キリスト教伝来の地マゼラン・クロス(Magellan’s Cross)です。

1521年、冒険家のマゼランが世界一周の旅の途中、セブ島に立ち寄り、キリスト教を布教、ここからキリスト教がフィリピン全体に広まった、という歴史的な場所です。

八角堂の中には、マゼランが建てたと言われる木製の十字架が安置されています。

西山さんは堂内で売られているろうそくを購入。願掛けをしてもらったろうそくを十字架の下に供えて仕事、恋愛、健康などを願います。

近くにはフィリピン最古の教会、サント・ニーニョ教会(Santo Nino Church)があります。

Kanamiさん(@_kklossy)がシェアした投稿


ステンドグラスが美しいこの教会には、マゼランがキリスト教に改宗した王族に贈ったというサント・ニーニョ像(幼きイエス像)が納められています。

今も変わることのない人々の信仰心とフィリピンの歴史に触れることができます。

フィリピン独自のチョコレートが味わえるセブ島

次に西山さんが訪れるのは、セブ島の老舗カカオ農家直営のチョコレート専門店「チョコレート・チェンバー(The Chocolate Chamber)」です。

スペイン統治時代にカカオ栽培が始まったフィリピンには「タブレア」という独自のチョコレートがあります。

このチョコレートを専用の器具で溶かしたホットチョコレートは香り高く、濃厚な味わい。
飲んでいた西山さんも、その濃厚さに驚いていました。

そんなセブ島の本格チョコレートはお土産にもぴったりですね。

気持ちのいいセブ島の風景と夜風

夜はセブシティの夜景が一望できるレストラン、ミスター・エー(Mr.A Bar & Restaurant)へ。

西山さんはフィリピンのラム入りのピニャ・コラーダをオーダーして、美しい夜景と心地よい夜風にあたる。

大満足なセブ島の1日が過ぎていきます。

日本人が作った“なにもなくて豊かな島”癒しのカオハガン島へ

ここから、西山さんはセブ島を離れボートで約1時間移動をします。
着いたのは癒しの島「カオハガン島(Caohagan Island)」で約600人が暮らす小さな島です。

そして、ここは日本人の崎山克彦さんが26年前に購入した島なんです!

崎山さんは一人でも多くの人に、この島の人々の豊かな暮らしを知ってもらおうと、執筆を通し紹介しています。

また、学校の建設など島民の生活を整備しながら、宿泊施設などを建て、そこで得た観光収入を島民に還元しています。

西山さんは、崎山さんが行う自立支援の1つである「カオハガンキルト」の製作を見学。
色鮮やかなキルトの作品はお土産として人気です。

なにもないけれど、のどかで豊かな生活を送る人々。
この旅でまた一つフィリピンの魅力に出会いました。

旅サラダ:海外の旅「フィリピン・セブ」まとめ

前回のボラカイ島の旅とはまた違った魅力のあったセブ島。
ここでは、アクティビティ以外のスポットが中心に紹介されましたが、それだけ歴史的にも見どころのある場所が多かったように思います。

旅サラダ:フィリピンのボラカイ島でアイランド・ホッピング、絶景の無人島「クリスタル・コーブ」へ
今回の旅サラダの海外の旅はフィリピン・ボラカイ島です。 旅サラダガールは...

また、なにもなくて豊かな島”癒しのカオハガン島”など、なにもないからこそ過ごせる贅沢のある南国リゾートの旅というのをするにも打ってつけの場所ですね。

また海がきれいなのも素晴らしいです!

スポンサーリンク

旅サラダ:海外の旅「フィリピン・セブ」で訪れたところ

今回の旅サラダ「海外の旅」で訪れたスポットを紹介しています。
観光の時の参考に!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!