アナザースカイ:秋元梢のパリコレに密着!VOGUEの表紙を飾った実績もパリからだった

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

パリ
今回のアナザースカイのゲストはファッションモデルの秋元梢さんです。秋元梢さんの父親は大相撲第58代横綱の千代の富士だった九重親方貴乃花親方を父に持つ花田優一さんといい、父が相撲界のスターであった人達が続きますね。

花田優一(貴乃花の息子)は本場フィレンツェ仕込みの靴職人となりアナザースカイ登場
本日のアナザースカイのゲストは若き靴職人の花田優一さん。 あの貴乃花親方...

平成の大横綱が父にもつファッションモデルの秋元梢さんのアナザースカイはフランスのパリです。パリと言えばファッションモデルにとって重要なパリコレがありますね。ということで、今回は秋元梢さんのパリコレに密着!

放送内容は『秋元梢のアナザースカイ「フランス・パリ」の中身は?』以降で紹介です!

スポンサーリンク

秋元梢のアナザースカイ「フランス・パリ」

今回のアナザースカイのゲストはファッションモデルの秋元梢さん。ファッションモデルとして東京コレクションやパリコレクションなどの数々のファッションショーに登場する秋元さん。

また、特徴的な髪型とメイク、そしてファッションスタイルと独自の世界観を持つ彼女のアナザースカイはフランスのパリです。パリコレクションでも訪れるパリには彼女にとってどんなアナザースカイがあるのでしょうか?

世界で活躍するファッションモデルの秋元梢はどんな人?

ファッションモデルとして20代前半から活躍している秋元梢さん。そんな彼女のプロフィールです。

  • 名前:秋元梢
  • 生年月日:1987年7月27日(29歳)
  • 出身:東海大学
  • 職業:ファッションモデル

ファッションモデルとしての本格的な活動は2009年からと間もなく10年のキャリアを迎えます。そんな秋元梢さんの特徴といえば、この髪型ではないでしょうか?

“秋元梢って誰だろう?”と思っていた方もこの顔を見るとわかる方も多いはず。最近ではユニリーバのCMで登場していますね。

そんな秋元さんは、ファッションモデルとして数々のコレクションに登場。海外のファッションショーでも目立つ存在の秋元さんは、アナザースカイの撮影中にパパラッチに狙われるほど注目を集める存在です。

スポンサーリンク

秋元梢がパリで訪れるところは?

そんな人気モデルの秋元梢さんがアナザースカイに選んだのはフランスのパリです。秋元梢さんのTwitterにもアナザースカイのことが触れられていますね。

最近のアナザースカイではパリの登場率が高いですね。前々回に登場した漫画家ヤマザキマリさんもパリでした。(ヤマザキマリさんの場合はイタリアじゃないことに驚きましたけど)

ヤマザキマリのアナザースカイは意外にもパリ、でもちゃんと古代ローマとつながった!
今回のアナザースカイのゲストは「テルマエ・ロマエ」でおなじみのヤマザキマリさん...

また同じくモデルとしても活躍している桐谷美玲さんが選んだ街もパリでした。

アナザースカイ:桐谷美玲の大好きなが詰まったパリ、ディズニーランドでテンション全開!
今回のアナザースカイのゲストは桐谷美玲さん。モデル、女優、ニュースキャスターと...

ゲストが訪れるスポットは重なることはあまりないですが、桐谷美玲さんもファッションショーに訪れていたので、今回は場所もかぶるかもしれません。
またファッションショー以外にも、秋元さんの人生観を変えたパリでモデル人生と父・九重親方に対する想いを語りますよ。

スポンサーリンク

秋元梢のアナザースカイ「フランス・パリ」はどんな内容?

今回のアナザースカイは、モデルの秋元梢さんを迎えて、パリを旅します。世界最高峰のファッションの祭典、パリ・コレクション。秋元さんはここ4年、毎年パリ・コレを訪れています。

費用は全部自腹でマネジャー、メーク、スタイリストは同行せず、すべて一人で準備してパリ・コレに臨んでいます。今回は10日間の滞在で15のショーを回ります。

パリ・コレの風物詩、Chloéのショーで秋元梢に群がるカメラマン

パリコレのコレクションは招待制。招待状にはショーが行われる場所の住所、日時、シートナンバーが記載されていて、これがないと入ることができません。

秋元さんはChloéから招待状を貰っており、朝9時半からChloéのショー。ショーが終わり、秋元さんが建物から出てくると、彼女の周りにはカメラマンが群がります。秋元さんのスナップ写真を撮ろうと、ショーのVIPやファッショニスタにカメラマンが群がるのはパリ・コレの風物詩です。

秋元さんに招待状が多く届く理由とは?

招待状はメゾンに認められた関係者のみに送られるもので、当初の秋元さんはこの招待状を手に入れるところからのスタート。限られた席数で、日本人には5席くらいの割り当てのようです。

パリ・コレに足を運ぶようになって4年で名だたるメゾンからの招待状が届くように。
なぜ信用を勝ち取ることができたのか?

数少ない日本人への割り当ての中で、招待してくれたお礼でそのブランド衣装を着てショーを観覧。ショーの後は自らのSNSで発信したり、写真を撮ってくれた人達が発信することによって、ブランドを有名にするために秋元さんも努力するのです。

その結果、インスタグラムのフォロワー数が1日に1万人以上増えることもあるそう!
その影響力の大きさをファッションブランドも認めて、秋元さんには今や20通以上の招待状が届くまでに。

スポンサーリンク

秋元梢✕中条あやみでランチ!

パリコレで様々なファッションショーを秋元梢さんがまわる中で、アナザースカイ番組MCの中条あやみさんがおもてなし。ブラジル風のポルトガル料理のお店「Obligado Restaurant」で2人だけのランチを楽しみます。

肉付きの秋元梢さんのニーズに合わせて、お店は中条あやみさんが選んだようです

Alys Youさん(@alys_s6)がシェアした投稿

二人が食べたのは、アルゼンチン牛のサーロインステーキ。ステーキソースよりも塩とコショウの味付けがお好みの秋元さんはご満悦。でも、秋元梢さんのオーラーにビビって、始終ビビリっぱなしな中条あやみさんでした。

衣装とともに自分を表現する場、パリ・コレ

ショーごとに必ず衣装を着替えることで、日本人モデルとして類のないポジションを築いた秋元さんは、今や多くのデザイナーと挨拶を交わす存在に。Diorのデザイナーのマリア・グラツィア・キウリ氏や、Rick Owensのデザイナー、リック・オウエンズ氏など。

そんな秋元さんのホテルの部屋は衣装だらけ。でもプライベートでは着られないようなすごい洋服も、パリ・コレの期間中だったら街で着ていても違和感がありません。そんな場でパーソナルを表現することを心掛けている秋元さんです。

ショーに行く前、今からこの服着て行くんだっていうウキウキ感。この服を着てこのショーに行って、どんな世界が待っているんだろうとたまらなくワクワクするようです。

挑み続けて手に入れたVOGUEの表紙

モデルとして確固たるポジションを築きたい、4年前そんな想いで一人パリへ旅立ちました。毎年自腹で足を運んでファッション関係者とのアポイントを取り、人脈を広げてきました。

そうして知り合った大物デザイナーから大きなオファーが。2015年に当時GIVENCHYのデザイナー、リカルド・ティッシ氏からVOGUE JAPANの表紙を一緒にというものでした。

さらに2015年10月、Olympia Le-Tanのショーでパリ・コレデビュー。2017年1月にはミラノ・コレクションでメンズブランドのマルセロのショーに出演。

秋元梢さんのインスタグラムに写真が投稿されています。

ミラノと言えば、ベルサーチさんと奇跡の再会を果たした前川泰之さんがアナザースカイで訪れた街ですね。

"逃げ恥"の大谷亮平に似てる前川泰之のアナザースカイはファッションの街「ミラノ」
今回のアナザースカイのゲストは前川泰之さんです。 ファッション雑誌のモデルを...

秋元梢はクッションが大好き?

秋元さんがよく訪れるMaison de Vacances(メゾン・ド・ヴァカンス)という雑貨屋さんを訪れます。ここでお気に入りのクッションとマットを購入。

しかしクッションは3つも買っていて番組スタッフに「クッションってそんなに要ります?」と聞かれ、「そうだよね、まあ、要る、要る」と押し切りました。芯の強さはさすが。

また、夜は友人たちとZerda Café(ゼルダ・カフェ)でディナー。



友人たち曰く「家庭的です」「お母さんみたい」「料理を手早く作ってくれる」みなさんギャップに驚いたそうです。しかしその反面、次の日9時から仕事と言うと「じゃあ8時まで飲めるね」という豪胆なところもあります。

Zerda Café(ゼルダ・カフェ)のクチコミ情報はこちらから

スポンサーリンク

「千代の富士の娘」と言われて

秋元さんがモデルとしてデビューしたのは今から8年前。高校生の時に初めてヘアモデルをし、それがきっかりで色々なオファーが舞い込みました。

しかし、デビューするまで表舞台に出るべきか悩んでいました。デビューして売れなかったら、父「千代の富士」の名前を汚してしまうんじゃないかと考えて悩む日々。

「モデルの世界は若いうちに始めた方が良い仕事だから、今やらなくて年を取ってからやりたいと思っても遅い。とりあえずやってみて、合う合わないはその時に考えればいいんじゃないか」父の言葉に背中を押されました。

しかしデビュー後は、モデルとして頑張っても、周囲は「千代の富士の娘」としか見てくれませんでした。モデルを始めて1、2年は暇で、事務所からは「髪の毛染めた方がいいんじゃないか」「パーマをかけた方がいいんじゃないか」と色々言われた模様。

それで仕事は増えるかもしれないけれど、私じゃなきゃできない仕事をしたい「自分らしさ」を捨てたくないという一心から、10代からのトレードマークである髪形を一度も変えることはありませんでした。

秋元梢の価値を最初に見つけたの海外だった

そんな苦境でも自分のスタイルを貫いてモデルを続けられたのは、お父さん譲りの「負けん気」。自分の可能性を信じて行動を起こしたことで、秋元さんの表現力に気づいたのは海外のアーティストたちでした。結果VOGUEの表紙を飾ると行った成果につながっています。

日本だと何をしても父親の事がつきまうけれど、パリにいると自分だけを見てくれる。今は自信を持って言える「私は秋元梢、職業モデル」という言葉には、挑み続けたからこそ、手に入れることができた彼女のブランドでした。

秋元梢のアナザースカイで訪れたスポット

今回のアナザースカイで秋元梢さんが訪れたフランス・パリのスポットです。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!