アナザースカイ:女子アナ加藤綾子(カトパン)がスイスでフリーの決意を語る

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

スイス

今回のアナザースカイのゲストは若き女子アナウンサー加藤綾子さん。

カトパンとして、フジテレビの人気女子アナであった加藤綾子さん。
めざましテレビでのメインキャスターも務めていた中で、約1年前にフリーに転身した彼女のアナザースカイはスイスです。

思い出の味であるチーズフォンデュを食べ、伝統楽器アルプホルンに挑戦し、ピアノ生演奏も披露するようです。そして、スイスの絶景を眺めながらフリーの決意を語ります!

放送内容ついては「加藤綾子の”アナザースカイ”はどんな内容?」以降で紹介です!

スポンサーリンク

加藤綾子のアナザースカイ「スイス・グリンデルワルト」

今回のアナザースカイゲストは、フリーアナウンサーの加藤綾子さん。
こうやって書くとピンと来ませんが、カトパンですね。

フジテレビの女子アナの顔であった加藤綾子さんのアナザースカイはスイスです。
思い出の味であるチーズフォンデュを食べたり、伝統楽器であるアルプホルンに挑戦し、音大出身である彼女のピアノ生演奏も披露です。

前回の靴職人花田優一さんに引き続き、ヨーロッパですね。

花田優一(貴乃花の息子)は本場フィレンツェ仕込みの靴職人となりアナザースカイ登場
本日のアナザースカイのゲストは若き靴職人の花田優一さん。 あの貴乃花親方...

加藤綾子はなぜフリーになったの?

加藤綾子さんといえば、カトパンで親しまれたフジテレビの女子アナウンサーとして有名。
そんな加藤綾子(カトパン)さんのプロフィールです。

  • 名前:加藤綾子
  • 愛称:カトパン
  • 生年月日:1985年4月23日(31歳)
  • 出身:国立音楽大学音楽教育学科出身
  • 経歴:フジテレビアナウンサー(2008年 – 2016年)

昨年までフジテレビの朝の顔である「めざましテレビ」でメインキャスターを務めていました。

それがなぜフジテレビを辞めてフリーアナウンサーになったのか?
どうやら、人気女子アナとして激務が続いたこともあって、普通の生活を送りたいという気持ちからのようですね。

めざましテレビに出演するため、毎日3時おきの生活に加えて、バラエティなんかも掛け持ちしたら、自分の時間がどんどんなくなります。

そんなときに生放送中に途中退席したことが辞めるキッカケとなったようです。

スポンサーリンク

スイスで加藤綾子が訪れるところは?

フジテレビのアナウンサーからフリーのアナウンサーへ転身した加藤綾子さん。
著作なんかも出したりと、活動の幅を広げている様子。

そんな彼女がアナザースカイで訪れるスイスでは、いったいどこへ行くのでしょうか?

スイスは家族との思い出の地のようで、チーズフォンデュを食べたりアルペンホルンに挑戦するみたいです。番組によると、ヨーロッパで最も標高が高い駅で絶景を眺めるようです。
調べてみるとユングフラウヨッホ駅 (Jungfraujoch)がその駅です。

ここでフリーになって約1年となり、今後の決意を語るようですね!

加藤綾子のアナザースカイ「スイス・グリンデルワルト」はどんな内容?

今回のゲストフリーアナウンサーの加藤綾子さんのアナザースカイはスイスのグリンデルワルトです。昨年フジテレビを退職し、フリーになった加藤さん。一番変わったのは睡眠時間だそうで、今は一日10時間寝ているそうです。

フジテレビ時代には、めざましテレビとバラエティー収録もあって、なかなかまとまった睡眠時間が取れなかったようです。

そんな彼女にとってはスイスは、フジテレビに入社2年目の2009年の夏休みに家族で旅行した場所。加藤家にとって、何とこれが家族みんなで初めて行った海外旅行です。来たのは夏、今回は冬、景色が全然違います。

世界でも指折りの山岳リゾートのスイス・グリンデルワルト

グリンデルワルト(Grindelwald)は、スイス・ベルン州にあるアルプスの村で、ユングフラウ地方への拠点として人気の地です。まず加藤さんは、グリンデルワルトの駅に降り立ちました。グリンデルワルトの街はこじんまりしていて、1本のメインストリートにホテルやお店などが建ち並んでいます。

8年前と同様、ゴンドラに乗って展望台に向かいます。その時は夏だったので緑が印象的でしたが、今回は冬なので一面真っ白な雪。展望台からの雄大なアルプスの姿が美しい!

スポンサーリンク

さすがは音大出身!難しいアルプホルンをすんなり吹けちゃった

加藤さんはスイスの民族楽器アルプホルンを教えてくれる先生とある人と待ち合わせ。アルプスの少女ハイジでもおなじみの楽器ですが、指で穴を押さえて音をだすのではなく、吹き方で音程を調整する難しい楽器です。

演奏はこんな感じですね。

加藤さん、アルプホルンに初めて挑戦しますが、難なく音を奏でてしまいました。これには先生もびっくりで、音階を次々に奏でていく加藤さんに先生もべた褒めです。

アルプホルンを上手く吹き、調子の出てきた加藤さん、次は暖炉の前に用意されたお得意のピアノで、ショパン子犬のワルツを演奏。フジテレビ時代は忙しくてピアノに触れることが少なかったそうですが、そこは昔取った杵柄、流れるように奏でます。

白ワインのよく利いたとろ~りチーズのチーズフォンデュ

加藤さんのスイス想い出の味「チーズフォンデュ」を訪ねてHOTEL RESTAURANT GLACIERへ。とろ~り煮込まれたチーズには、白ワインがたっぷり入っていてこれが食べやすい!

想い出の味に再び巡り合い、加藤さんは至福の表情に。このチーズフォンデュには、お母さんとの忘れられない想い出がありました。チーズをつける量で加藤さんとお母さんがちょっとした口論になり、以前は倹約家だったお母さんの変貌ぶりに驚いた加藤さんでした。そんな他愛もない喧嘩も旅なら楽しい思い出です。

ヨーロッパで標高が最高駅「ユングフラウヨッホ」で語る新人時代の苦悩

次に向かったのは、ヨーロッパで最も標高の高い駅「ユングフラウヨッホ」です。

Martaさん(@mfs_marta)がシェアした投稿

標高は3,454mもあるこの駅へ向かう道中に、加藤さんは入社当時の思い出を語ります。9年前フジテレビに入社すると、いきなり10月に自分の番組「カトパン」を担当する抜擢を受けます。しかしその出鼻をくじかれるような事態に遭遇してしまいます。

校則の厳しくなかった学校だった事もあり、高校時代ちょっと派手な格好をしていたこともある加藤さん。その写真が週刊誌に出てしまいました。自分への批判はまだ耐えることができましたが、両親への批判には耐え難く、アナウンサーを辞めたいと思ったこともあったそうです。

しかし、ここで辞めたらそのイメージのまま終わってしまう、この後頑張ればイメージを変えることができる、だから辞めない。そう考えることに対して、背中を押してくれたのは、アルプスの雄大な景色でした。その後の活躍はご存じのとおりです。

圧倒的な雄大さ! 世界遺産のアレッチ氷河

いよいよユングフラウヨッホ駅に到着。駅に隣接する標高3,571mのスフィンクス展望台に向かいます。展望台に立つと眼前に広がるのが、世界遺産アレッチ氷河(Aletschgletscher)

Lukasさん(@sakulw)がシェアした投稿

アルプスで最大、最長の氷河です。こんな景色を見て、前向きに考えない人はいないでしょう。これは一見の価値あり!

スイスへの旅は、最初が入社2年目。今回はフリーになって2年目に再び訪れたグリンデルワルト。加藤さんは今回もグリンデルワルトから元気をもらったようです。加藤さんはの今後の活躍が期待できますね!

加藤綾子のアナザースカイで訪れたスポット

今回のアナザースカイで加藤綾子さんが訪れたスイス・グリンデルワルトのスポットです。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!