アナザースカイ:スーツの聖地「ロンドン」で斎藤さんが自腹50万確実のオーダーメイド買い

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

ロンドン

今回のアナザースカイのゲストは、“斎藤さんだぞ”でおなじみのトレンディエンジェルの斎藤司(さいとうつかさ)さん。プライベートでもオシャレ(?)な斎藤さんのアナザースカイは家族との想い出地であるイギリス・ロンドンです。

イギリスと言えば、ミニスカートからパンクまで幅広いファッションの流行を生み出してきた場所です。そんなロンドンで爆買いをする斎藤さん。

金融の街としても有名なロンドンで、サザビーズやクリスティーズなどの名だたるオークション事業を営む会社がありますが、今回はオークション会場にも潜入予定です!

そして、斎藤さん、今回はアナザースカイのために渾身のギャグを披露!

放送内容は『斎藤司のアナザースカイ「イギリス・ロンドン」の放送内容』以降で紹介です!

スポンサーリンク

斎藤司のアナザースカイ「イギリス・ロンドン」

今回のアナザースカイのゲストは、“斎藤さんだぞ”でおなじみのトレンディエンジェル 斎藤司(さいとうつかさ)さんです。プライベートでもオシャレ(?)な斎藤さんのアナザースカイは家族との想い出地、イギリス・ロンドン。古い歴史を持ちつつも流行の発信地でもあるロンドンで、どのような出会いがあったのでしょうか。

トレエン斎藤さんもおしゃれに変身?!ロンドンの人気ショッピングエリア6選

まずはトレンディエンジェル斎藤司さんのプロフィールはこちら。

名前:斎藤司(さいとうつかさ)
生年月日:1979年2月15日(38歳)
血液型:AB型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:歌/ダンス/ブラインドタッチ/ものまね/ファッション
所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

最近では映画「Sing/シング」で声優として素晴らしい歌声を披露しています。

ロンドンの人気ショッピングエリア6選

今回、斎藤さんはロンドンでおしゃれなショッピングを楽しんだようです。
斎藤さんが買い物を楽しんだかもしれない、ロンドンの人気ショッピングエリア6選をご紹介します。

地図は「斎藤司のアナザースカイで訪れたスポット」で御覧ください。

1、Oxford Street(オックスフォード・ストリート)
約2kmに渡りファストファッションから高級ブランドまで300以上の店舗が並ぶ。ヨーロッパ最大級のショッピングストリート。

2、Regent Street(リージェント・ストリート)
歴史ある美しい建物が並ぶショッピングストリート。ロンドンの中心に位置し、ロンドン三越もある。

3、Westfield London(ウェストフィールド・ロンドン)
2008年にオープンのロンドン最大級のショッピングモール。オックスフォード・ストリートにあるほとんどのショップが入る。

4、Knightsbridge(ナイツブリッジ)
Harrodsなど高級百貨店が並ぶロンドン屈指位のショッピングエリア。

5、Savile Row(サヴィル・ロウ)
オーダーメイドの紳士服店が並ぶストリート。あのチャーチル皇太子も御用達なのだとか。

6、Camden Lock Market(カムデン・ロック・マーケット)
ロンドンの若者に人気のエリア。パンクロックやヴィンテージなどアートなファッションの店が並ぶ。

トレエン斎藤さんもインスタにサヴィル・ロウの標識をアップしていました。

イギリス紳士ばりの変身に期待ですね。

ロンドンはニューヨーク、ミラノ、パリと並ぶ世界四大コレクションの地

ちなみにロンドンは、ニューヨーク、ミラノ、パリと並ぶファッションショーが開かれるスポットです。そこに東京も加えたものが「5大ファッションウィーク」と呼ばれています。

今年3月にロンドンの秋冬コレクションが終わったばかりで、次の春夏コレクションは9月から始まります。

日本でも「Amazon Fashion Week TOKYO」が開催されていて、一般の人も参加できる催しもあるので、流行の先端に触れてみてはいかがでしょう。

Amazon Fashion Week TOKYO
Amazon Fashion Week TOKYO (AmazonFWT)は、国内最大級のファッションの祭典です。

また、横浜美術館では「企画展ファッションとアート 麗しき東西交流」が開催中(会期:2017年4月15日(土) ~ 6月25日(日))で、イギリスからは美しいドレスが展示されています。

しかも、公式のツィートにあるように、6/2の横浜開港記念日にはなんと観覧無料です!
これは見に行くチャンスですね(平日ですけど・・・)

詳細はこちら

世界最古「サザビーズ」で味わえるアフタヌーンティー

斎藤さんは、ロンドンで老舗の超高級オークション会場にも潜入するようです。
イギリスといえば、最も歴史が古い1744年設立のサザビーズ(Sotheby’s)やクリスティーズ(Christie’s)という世界でも有名なオークション会社がありますね。

オークションというと、入札するシーンは見たことはありますが一部の限られた人の世界という印象。しかしサザビーズでは、オークションに参加しない人でも見学可能だそうです(一部除く)

大英博物館など名だたる博物館、美術館があるロンドン。オークションではそれらと同じくらい貴重な美術品などが出品されることもあるそうなので、映画で見たような億を超えの取引の瞬間に立ち会えるかも!

さらに、驚きなのは併設のレストランではアフタヌーンティーが頂けます。

ただし、アフタヌーンティーメニューは24時間前までに予約が必要です。サンドイッチやスコーン、ケーキやタルトなどがついたティー/コーヒーセットは26£~。

カフェ目的で行くのもオススメです。

トレエン斎藤だから、イギリス出身のコメディアンを調べてみた

トレエン斎藤さんの家族との想い出の地、イギリスには実は数多くのコメディアン(またはコメディアン俳優)がいます。お笑い芸人トレエン斎藤さんにちなみ、イギリス出身のコメディアンをご紹介。

チャーリー・チャップリン(Charlie Chaplin)

まずは超有名なチャップリン。彼は「喜劇王」として知られており、俳優や監督として多彩な才能を発揮しました。

名前:チャーリー・チャップリン(Charlie Chaplin)
本名:チャールズ・スペンサー・チャップリン(Charles Spencer Chaplin)
生年没年月日:1889年4月16日~1977年12月25日(満88歳没)
作品:『黄金狂時代』『モダン・タイムス』『ライムライト』など

ジョン・クリーズ(John Cleese)

イギリスを代表するコメディグループ、モンティ・パイソンの一員として活躍。解散後は俳優や声優、またプロデューサーとして数々の作品に携わる。ハリー・ポッターにも出演していますよ。

名前:ジョン・クリーズ(John Cleese)
本名:ジョン・マーウッド・クリーズ(John Marwood Cleese)
生年月日:1939年10月27日(77歳)
作品:「ハリー・ポッター」シリーズ など

ローワン・アトキンソン(Rowan Atkinson)

日本でも放送されて人気が出たコメディ番組「Mr.ビーン」のビーン役。ほとんどしゃべらない上に独特の顔の表情が印象的でした。Mr.ビーンと言った方がご存知の方も多いはず。

名前:ローワン・アトキンソン(Rowan Atkinson)
生年月日:1955年1月6日(62歳)
作品:「Mr.ビーン」など

ジェイムズ・コーデン(James Corden)

俳優やテレビ番組司会者としても活躍。アカデミー賞の司会に次いで、2017年のトニー賞で司会を務めるほど人気引っ張りだこのコメディアンです。
名前:ジェイムズ・コーデン(James Corden)
本名:ジェイムズ・キンバリー・コーデン(James Kimberley Corden)
生年月日:1978年8月22日(38歳)
作品:「はじまりのうた」「イントゥ・ザ・ウッズ」など

2018年にはオーシャンズ11の女性版であるオーシャンズ8にも出演予定です。

斎藤司のアナザースカイ「イギリス・ロンドン」の放送内容

アナザースカイのゲストはトレンディエンジェルの斎藤さん。
番組冒頭のヒースロー空港に降り立ったシーンから、トータル38万円のファッションで身を固めて登場。

BIGBANGのG-DRAGONさんと同じジャケットという気合いの入った(!?)ファッション。

世界を意識した斎藤さんのアナザースカイでは、ロンドンでのショッピングと甥っ子に会う旅です。

憧れのロンドンで買い物熱がフィーバー

斎藤さんが初めてロンドンを訪れたのは高校2年生のとき。
ここに来たのは妹夫妻が3年前からロンドンに住んでいて、甥っ子へ会いに行くためです。

ロンドンのブランドに身を包んだ恰好で会いに行くと張り切っている斎藤さんは買い物欲が高まって大人買いです。

英国王室御用達の「ロックアンドコー(Lock&Co)」

まずは帽子屋「ロックアンドコー(Lock&Co)」です。
全てハンドメイドで作られるこのブランドをを愛用した人々はこちら

  • チャールズ・チャップリン
  • ダイアナ妃
  • チャーチル
  • エリック・クラプトン
  • ジョン・レノン

ここでは帽子の採寸道具で頭の形を測って行きます。
そして、有名人が寸法した型紙が飾られています。

ここで、斎藤さんの先輩であるニコラス・ケイジの型も発見!

そして、斎藤さんはここで10万円のハットを購入。

日本でも人気のクロケットアンドジョーンズ(Crockett&Jones)

1879年創業の老舗であるクロケットアンドジョーンズ(Crockett&Jones)の本店へ。

ここではコーディネートのことも忘れて、自分の欲しい靴4足も購入してトータル18万円です。
ここまでで、既に30万近い出費ですね。

スポンサーリンク

スーツ聖地ロンドン「サヴィル・ロウ(Savile Row)」で勝負スーツをオーダー

ここまでの買い物でも、ファションのこととなると目の色が変わる斎藤さん。
そんなファッッションにこだわる斎藤さんの勝負服はスーツです。

ロンドンでどうしても欲しかった勝負スーツを新調するため、オーダーメイドの紳士服店が並ぶストリート「サヴィル・ロウ(Savile Row)」にあるスタワーズ(STOWERS)へ。

斎藤さんの芸人勝負服のスーツをこの店でオーダーメイドです。気合が入っています!

この店は、老舗で勤務していたテーラーが2008年自らの仕立て屋を設立したお店。
伝統的な製法を守りつつも、最新のファッションも取り入れたスーツ作りを心がけています。

そんな斎藤さんオーダーメイドは生地選びから。
裏地は遊び心溢れる柄でたくさんで、ここにこだわるとオシャレです。

ギリギリまで悩んで斎藤さんですが、最終的に大満足の買い物だったようです。

本人が「革新的」というスーツにしたと意気込むスーツをきて、スタジオに登場しました。
公式サイトでもそのスーツが出ていますが、わりと普通で裏地遊んでいませんでした。

詳細はこちら

その他にもサヴィル・ロウを代表するギーブスアンドホークス(GIEVES&HAWKES)でもショッピングを楽しんだようです。

甥っ子とM1以来の再会

甥っ子と会うために、ロンドンファッションで身を包んださいとうさん。
それがこちらのブランドです。

  • ジャケット:Lewis Leathers
  • シューズ:クロケットジョーンズ
  • シャツ:topshop
  • ネクタイ:New & Lingwood

向かう先は、西ロンドンにある日本人コミュニティがある有名な地区のイーリング・コモン(Ealing Common )です。

そして本邦初公開の斎藤さんの妹とその甥っ子を発見。
感動の再会を果たした斎藤さんですが、前日買った帽子を忘れてくるという凡ミス・・・

そして、斎藤さんは妹とはそれほど似てませんでした。

そして、気になる渾身の甥っ子向けギャグとは”ぺっぺー”で情熱大陸の口真似でしたが、それ他局ですね。

瞬殺で1000万以上になる!興奮のクリスティーズへ

そしてロンドンで斎藤さん憧れの場所がオークション会場です。

訪れたクリスティーズは、世界11カ国12個所で年間450回を超えるオークションを開催。
落札された中には、ピカソ(215億円)、モネ(88億円)などあります。

今回は特別に、オークション出品物の下見会場ととオークション会場を見学させて頂くことに。

サザビーズだと見学が可能です。
詳細は「世界最古「サザビーズ」で味わえるアフタヌーンティー」をごらんください。

熱気もなく静かな雰囲気で、数秒で1000万近い取引があっという間に決まっていく世界はまさに異空間。

斎藤さんが下見会場で「これほしいなぁ」と言っていたオブジェは、1500万近くで落札されていきました。
まさに瞬殺の取引でした!

まとめ

斎藤さんのアナザースカイは、ファッションと家族との再会でした。

ロンドンは、斎藤さん家族が旅行した想い出の場所で、斎藤さんの母親がロンドン旅行の翌年に亡くなったこともあり、余計に思い入れが強い場所です。

「ロンドンは運命であり、新たな目標を見つけた場所」

と斎藤さんは語りましたが、今回のロケで自腹で100万近く使っていたから、そのうちオークションにも参加しそうな勢いでした。

斎藤司のアナザースカイで訪れたスポット

今回のアナザースカイで斎藤司さんが訪れたイギリス・ロンドンのスポットです。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!