台湾の女子旅:地下鉄でまわれちゃう!台北市内の人気観光スポット7選

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

台北

日本から直行便で約4時間の台湾

特に首都・台北市は人気観光地がまとまっていて、美味しい台湾料理も盛りだくさん!
治安もよく、気軽に行けるスポットとして女子旅にピッタリのスポットです。

今回は、台北市内の人気観光地を7つ厳選してご紹介します。

どれも台北では外すことのできない名スポットですよ。

スポンサーリンク

女子旅で人気の台湾「地下鉄でまわれる台北人気のスポット」を調べてみた!

今回は台湾の女子旅スポットを紹介。中でも台湾で人気の台北について調べてみました。

台北はアナザースカイで篠原涼子さんがリベンジのために訪れた場所。
リベンジの意味は、仕事で来て観光やグルメを楽しめなかったから、リベンジなんです。

アナザースカイ、オトナ女子の篠原涼子が主演ドラマ「愛を乞うひと」舞台の台湾へ!
今回のアナザースカイのゲストは篠原涼子さんです。 「アンフェア」「ハケン...

リベンジで篠原涼子さんも縁結びの神様がいる龍山寺(ロンシャンスー)にも立ち寄ったり、ヒルナンデスで紹介された銀座にあるツバメの巣専門店の老行家(ろうほんか)の本家があったり。

ヒルナンデス:銀座「老行家(ろうほんか)」の”食べるスーパー美容液(燕の巣)”でお肌がプルプルに!
今回のヒルナンデスは予算6000円で銀座のひと番地を食べつくす! 今回は...

そんな、グルメにスポットに女子には気になるスポットが満載の台湾で、地下鉄から気軽に立ち寄れるスポットを調べてみました

スポンサーリンク

台湾ってどんなところ?ざっくりとまとめてみた

常に人気海外旅行先の上位にある台湾。

台湾のことを少し知ると、旅がもっと楽しくなるはず。
台湾がどんな所にあるのか、またどんな歴史・文化なのか、などざっくりまとめてみます。

台湾は九州と同じくらいの広さ!

面積は約3万6000㎢で、九州とほぼ同じくらい。
また、台北市は東京23区の約半分ほどです。

日本とフィリピンの中間ぐらいにあり、本島の周辺には島々もあります。
海に囲まれ、多くの山もあり、なんだか日本と似ていますね。

台湾の人口は約2,352万人

そのほとんどが中国でも大部分を占める漢族ですが、人口の約2%は台湾先住民族です。
実は美形が多い言われる台湾先住民族。日本ではタレントのビビアン・スーさんが活躍していました。

タイヤル族のハーフなのだとか。今年で41歳とは思えないほど若々しい!

台湾ベストシーズンはいつごろ?

亜熱帯気候の台湾は、年間を通じ温暖な気候に恵まれています。山間部を除くエリアでは日本の夏~秋服で対応できます。

注意したいのは、7~10月初めの台風シーズン。また旧正月(1~2月)も交通機関など混雑するのでお気をつけください。

台湾旅行の予算はいくらぐらい?

台湾の通貨は台湾元(TWD)です。2017年6月現在の為替レートは、1元=約4円です。
表示価格を4倍すれば、おおよその日本円換算価格がでますね。

飛行機とホテル代は

羽田・成田から台湾への直行便で約3万~。
最近はLCCも増え、またツアーのフリープランなどを利用するとお得ですよ。

ホテルにより異なりますが、格安で1泊2,000円~も。台北では5つ星ホテルでも1泊4万円以下と日本よりリーズナブル。
台北の中級ホテルで5,000~8,000円。

Expediaのような航空券と一緒に購入するとお買い得なプランもありますよ。

また、トリバゴのようにホテル比較サイトもあるのでこれらを使って予算にあった宿を探してみてください

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

トータルいくらかかるの?

大体、2泊3日で合計約5万~8万円が相場です。

もちろん高級グルメもありますが、屋台など美味しくてリーズナブルな料理もたくさん。
1食500~1,000円もあればお腹一杯食べられます。

交通費も日本と比べかなり格安で地下鉄の1日乗車券は150元(約600円)で乗り放題です。
タクシーは初乗りが70元(約280円)/1.25km(時間帯によって異なる)です。

旅行に行く前に抑えておこう!台湾の硬貨と紙幣

こちらが台湾の紙幣と硬貨です。

旅行前にはチェックしておくのがオススメですよ!

スポンサーリンク

台北地下鉄(MRT)の乗り方と切符の買い方

今回の地下鉄でめぐる台北のおすすめスポット。まずは肝心の地下鉄の乗り方についてご説明します。

ほぼ日本の地下鉄と同じと考えてもらって大丈夫です。特に迷うことはないと思います。

改札口もこんな感じ

Hyatt Panさん(@hyattpan)がシェアした投稿

切符はどうすればいい(ICカードの場合)

まずは日本と同じ感覚で使いたい場合は「悠遊カード」がオススメ。
これは台湾版SUICAですね。こちらはカードを使うと運賃割引になるなどメリットあり。

トシアキさん(@ttakan)がシェアした投稿

SUICAと同じくコンビニなどの支払いにも使えます。

日本と同じく駅の券売機で買うことができます。ただし、空港駅だと大きな紙幣が券売機で使えないので事前に両替してから臨むのが吉です。

切符はどうすればいい(現金の場合)

こちらも日本と同じく地下鉄(MRT)の各駅にある券売機で切符を買います。
操作方法も変わらないので迷うことはないと思います。

一点日本と違うのが

切符は紙じゃありません!

紙でなく、トークンとよばれるプラスチックのコインのような物が出てきます。

日本では馴染みがありませんが、最近のアジア諸国ではこっちのが一般的です。

乗り方は、乗るときは改札でSUICAのようにタッチして、下りる時にコイン入れに入れます。

トークンにICが埋め込まれているので、タッチで認識するのと使い終わったら回収できるということでペーパーレスな仕組みでエコです。

こちらは日本より、進んでいますね。

切符はどうすればいい(乗り放題カードの場合)

乗り放題カードは、地下鉄駅の窓口で購入可能です。

台北観光パスポート(Taipei Pass)

観光スポットで割引してもらえるクーポンブックがついてます。

他にも台北地下鉄の乗り放題カードもあって、結構種類が多いため、選ぶときは目的に合わせて選ぶ感じです。

他にもこちらもICカードでタッチして使います

スポンサーリンク

地下鉄でまわれる!台北市内の人気観光地7選

それでは、台北市内で地下鉄で回れちゃうスポットです。

  • 台北101
  • 中正紀念堂
  • 龍山寺
  • 国立故宮博物館
  • 西門町
  • 迪化街
  • 士林夜市

今回は7つにまとめてみました!

台北101(タイペイイーリンイー)



言わずと知れた台北を代表するランドマークですね。

101階建てのビルには展望台があり、市街を一望できます。
地下1階から4階まではショッピングモールやフードコート、レストランが入っているのでとても便利。スーパーではバラまき用のお菓子も充実しています。

展望台に上がるエレベーターが東芝製だったなぁ(遠い目)

このスポットのクチコミ情報はこちら

中正紀念堂(チョンチョンチーニエタン)



1975年に蒋介石を記念し建てられたお堂。高さ6.3mの蒋介石像は迫力満点。
堂内には写真などの関連資料も展示されています。

ここでの見どころがもう1つ。毎日9時~17時のちょうどの時間に行われる衛兵の交代式です。
足並みピッタリの衛兵の動きは必見。

このスポットのクチコミ情報はこちら

龍山寺(ロンシャンスー)



やはりここはハズせませんね!
台北最古の寺で、台湾最強とも言われるパワースポット。

本尊は観音様ですが、道教の神様も祀られているという台湾ならでは寺院です。
こちらのおみくじはよく当たると評判。

また、「月下美人」の神様にお参りし、赤い糸を手に入れると良縁を運ぶと言われています。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

このスポットのクチコミ情報はこちら

国立故宮博物館(クオリークーコンポーウーユエン)



ルーブル美術館ともに世界四大博物館に数えられる台湾を代表する国立博物館。

ここでは元々は北京の紫禁城にあった宋、元、明、清王朝の貴重な資料を見ることができます。

「玉器」という翡翠に彫刻を施した美術品が有名。なかでも白菜そっくりな「翠玉白菜」は、かつては王妃の嫁入り道具だったという一品です。

このスポットのクチコミ情報はこちら

西門町(シーメンティン)



日本統治時代の古い建物が残る一方、新しいショッピングスポットが並び、流行の発信地となっているエリア。歩行者天国も整備され、散策にはピッタリです。

1908年に建てられた「西門紅楼」は、現在はおしゃれなカフェやお土産店が入る複合施設として使用されています。

このスポットのクチコミ情報はこちら

迪化街(ティーホアチエ)



台北最大の漢方・乾物店街。花入りの台湾茶など、格安で購入することができます。

昔ながらの建物が並ぶレトロな街並みはどこか懐かしい。

最近では古い建物を改築し、新たにオシャレなショップとして生まれ変わったものも多く、今注目の場所の一つです。

2014年にオープンした「聯藝埕(リィエンイーツァン)」はかつての商家の邸宅を改築したセレクトハウス。

フルーツ店、カフェ、雑貨店など選りすぐりのショップが入ります。

このスポットのクチコミ情報はこちら

士林夜市(シーリンイエシー)



台北市内に夜市はたくさんありますが、ここは台北最大の夜市で観光客だけでなく、地元の人々も多く訪れます。

お土産などを売るエリアもありますが、やはりお目当ては「台湾小吃」と呼ばれる台湾B級グルメ。

プリプリの牡蠣がたくさん入ったオムレツや、顔以上に大きなフライドチキンなど200~300円という驚きの安さ!

ぜひ押さえたいのが、「大腸包小腸」という台湾風ホットドック。

もち米でできたパンにジューシーなソーセージを挟んだもの。甘めのスパイシータレが絶妙の、屋台グルメの代表格です。

このスポットのクチコミ情報はこちら

スポンサーリンク

2万チョイで台湾へ!羽田空港なら可能な0泊弾丸ツアー

ちなみに台湾は2泊3日なら5万くらいに抑えれれば安く行けたという感じですね。
しかし、さらに強者女子旅をめざすなら0泊という選択しもあります。

これなら宿泊代がないぶん、ホテルの費用がかからず上手く行けば2万チョイですみます。
ピーチ航空の特設サイトにモデルコースが載っています。

フライト情報はこちらです。

行き 帰り
東京(羽田) → 台北(桃園) 台北(桃園) → 東京(羽田)
5:55 → 8:25 20:40 → 0:55(翌)

「とにかく安く行きたい!」と考えている方は挑戦してみてはいかがでしょうか

Peach 0泊弾丸キャンペーン | Peach | Peach Aviation

まとめ

いかがでしたか?

台湾の魅力がぎゅっと詰まった台北には、見どころが盛りだくさん。

特に女性からの人気が高く、リピーターも多いのが特徴です。レトロとモダンが混在する台北では、常に新しい発見があるはず!

インスタの女王として知られるお笑い芸人の渡辺直美さんは、実は台湾のハーフ。
彼女だからこそ知る台湾の魅力が詰まったフォト&ガイドブックはこちら!

台湾に行く前の予習にイイかもしれませんね。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!