NHKの旅するスペイン語:フランス国境にあるピレネー山脈をトレッキング

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

ピレネー山脈

2016年12月14日にNHKでテレビ放送された「旅するスペイン語(再放送は12月20日)」は「#11 ピレネー山脈をハイキング」です。

今回は平岳大さんとジンさんの2人は、ピレネー山脈を山登りして大自然を堪能する回になりそうですね。
放送のピレネー山脈のイメージだと、すごくいい景色の緑豊かな風景を堪能できると思いきや、撮影の時は天気が悪くて曇り気味です。見るからに寒そう・・
でも、天気良ければ絶対行ったら景色に感動しそうだなと思える回でした。

スポンサーリンク

旅するスペイン語「#11 ピレネー山脈をハイキング」

今回の2人の旅は、フォルミガル村というところからピレネー山脈麓の場所からスタート。
ここは、アラゴン州に所属していて標高がおよそ1500mにある別荘地として有名なところで、
冬にはスキー客で賑わうスペイン有数のスキーリゾートだそうな。
今回は、山登りなのでガイドさんがつきます。ここで山登りガイドのパコさんと合流して見晴らしの良いスポットを目指します。

でも、今回はハイキングというよりトレッキングですね。
両者の違いは、トレッキングは山歩き。ハイキングは自然を楽しむために野山などを歩くことで山である必要は無く平坦地が中心なのです。

タイトル見て『ハイキングって感じじゃないよな』と違和感を覚えましたが、トレッキングのがしっくり来るということで、ここからはトレッキングにします。

ピレネー山脈トレッキングで色んな”素敵”を見つけた

一口にトレッキングといっても、山々を見てると千差万別で相当厳しいコースもあります。
厳しいコースはトレッキングでなくクライミングのレベルじゃないかという気がしてくる崖のような立地をどうやって登っているのか?
でも、この番組ではそんなハードなところでは初心者向けのコースを登ってくみたいですよ。
目指すスポットまで約2時間のトレッキングの予定です。

余談ですが、ここはスキーリゾートなので、
スキー場の滑走路だけで100キロ以上もあるという恐ろしい規模です。

パコさんのトレッキング講座では、疲れないの登り方を伝受してもらいます。
ストックを巧みに使うことが疲れにくいみたいですね。
登るときは後ろにストックを刺して、降りるときは前に刺すると楽になります。
初心者コースだけあって生えてる草や花の解説をパコさんんがしながらゆったりと登って行きます。

山脈に生えている珍しい植物などをパコさんが熱心に説明します。
その中で珍しい蘭について教えてもらいました。「貴婦人の靴」と変わった名前の種類です。
これを目当てにトレッキングに来る人も多いんですって。
写真を見ると、本当に靴みたいだ。

もう少し歩くと今度は動物たちがお出迎えです。
おや、馬が出てきましたよ。どうやら放牧されてるようで、近くに住んでいる家が家畜として飼っているようです。

パコさんがぼそっと「マーモット見つかるかな」と呟いています。
マーモットはリスの仲間で岩の上によくいるようです。
出てきました岩の上にいるなんだろうこれはおっきなにリスみたいな動物。

今後は文化的なものも出てきましたよ。
どうやらピレネー山脈にあるの昔の建造物がでてきました。
羊飼いの古い小屋で、嵐のときに隠れる避難所のようですかなり頑丈そう。

トレッキングには勇気ある撤退が必要だ

トレッキングに出発してから1時間。天気がすごく悪くなってきてしまいましたね。
やっぱり山の天気って本当に変わりやすい。
天候が芳しくない中で1時間ほど歩いてきたところで、平さんが思わずしゃべった言葉が今回のキーフレーズになっています。

Vamos a descansar.
休憩しましょう

トレッキングなどのアウトドアのレジャーを楽しむときに天気が悪いとやっぱりテンション下がっちゃいますね。
こればっかりはしょうがないけど、やっぱり晴れた時に登るのがベストだな。

結構天気が悪くなってきたためここでパコさんから提案です。
このまま山登りしても良い結果にならないので撤退しましょうということです。

山を下りる代わりにパコさんがオススメの場所に連れてってくれるみたい。
ということで、車をつかって移動してしまいました。
着いたところはおすすめの温泉地「パンティコサ温泉(Balneario de Panticosa)」。

疲れを癒すにはやっぱり一番ですね。「旅するドイツ語」でもバーデンの温泉がでてきましたが、ヨーロッパでも温泉は人気のあるスポットなんだと再認識です。

旅するドイツ語:ベートベンの第九が生まれたオーストリアの温泉リゾート
2016年12月5日にNHKで放送された「旅するドイツ語(再放送は12月10日...

日本もいい温泉ありますからね。
これからだと、箱根温泉が良いですよね。年末年始なら箱根駅伝と合わせて楽しみたい所です。このブログでは、箱根をかすった伊豆特集は取り上げましたよ!

厳選いい宿:箱根駅伝の5区応援にオススメの年末・年始に泊まりたい伊豆の温泉宿4選
2016年12月3日に放送された「厳選いい宿」の60分特番で「伊豆の宿を大特集...

ここは、ピレネー山脈でも標高が高いエリアで3000m級の山々に囲まれた穴のようになっている場所です。3人はこの地域で一番古くに建てられた山小屋である「石の小屋」へ。

Cristinaさん(@cris_ovede)が投稿した写真

ここには、色んな人達が休憩に集まってきており、ここで情報交換するようです。
どうやら皆さんも山に登っていたけど、天気が悪くなったので戻ってきているみたいです。
確かに悪天候で登っても良い結果を生まないですからね。

この地方に伝わる魔女の言い伝えとは?

さて、ここでランチタイムです。パコさんが用意してくれたのは「バゲットサンド」ですね。
日本だと定番のおにぎりですが、やっぱりヨーロッパはパンだね。
お次にパコさんが変わったものを出してきました。これは球根なの?

日本で言えば「アザミ」のことを指す「カルリーナ」という花の球根を乾燥させたもののようです。

@ttrumpet28が投稿した写真

これが、悪霊を追い払うという言い伝えがこの地方にあるようです。
伝説によると、玄関先にこの球根を吊るしておくと、魔女がこの花の虜になるおかげで家に入るのを防いでくれるというアラゴン州に残る言い伝えです。

あれ、そういや温泉には来たけど皆さん入らなくてお昼で終わっちゃいました。
たとえ、おじさん3人が入っているような状況としても、やっぱり温泉重要でしょう!
これじゃ昼飯食いに来ただけ〜

映画「ラストタンゴ」の監督インタビュー

ここから話題の映画を紹介する回へ。
紹介するのは、タンゴダンサーのドキュメンタリー映画「ラストタンゴ」です。

この世界ではレジェンドと呼ばれるタンゴペアのマリア・ニエベスファン・カルロス・コペスの軌跡に迫る作品です。

この映画を撮った監督「ヘルマン・クラル」へのインタビューでは、この2人の魂の葛藤をうまく描きたくてこの作品を作ったみたいですね。
そういった内面を描くところも勿論あるのでしょうが、ダンス自体がすごく綺麗でそこだけで魅了されてしまい、これを見るだけでも価値あリますね。

それもそのはず、この映画では感情表現の中心がダンスによって構成されており言葉よりも踊りで語らっていきます。タンゴと一体どういうものか?
わずか3分間の踊る時間に対してお互いをぶつけ合い分かち合う情熱について監督も魅力を感じているようです。限られているがゆえに全力を出せる。たしかにそうだな。

旅するスペイン語「魅力いっぱい!北スペインの旅」はどんな放送回になるのか?

さてさて次回の「旅するスペイン語」は公式サイトによると、

12月21日(水)放送
魅力いっぱい!北スペインの旅
次回のフレーズ:Me lo he pasado muy bien. (とても楽しかったです)

とりあえずは北に向かうみたいですね。
これだけだと何をするかはちょっとわからないので次回の放送が逆に楽しみにと思って、放送を見ると復習をする回になりそう。

まずはイタリアとフランスが復習をして、次にドイツとスペインが復習という組み合わせですね。なんかそのあたりはバランスとってるのかなー。

「旅するスペイン語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。スペインの観光にオススメ!

「旅するスペイン語」の記事一覧へ

NHKで放送!平岳大が出演する「旅するスペイン語」はグルメ三昧
この秋、NHKで放送されているドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語のヨ...
スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!