スペイン語のために留学するのはキビシイ?Tadakuを使えば楽しくスペイン語が学べます!

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

木の食器

2016年12月7日にNHKでテレビ放送された「旅するスペイン語」のテーマは「#10 試食してもいいですか?」です。

今回の旅するスペイン語は引き続きハカを探索です。祭りといえば、楽しみは露店ですね。
すっかり盛り上がった2人は、地元で人気のあるお菓子、チーズ、フォワグラといった食べ物をつまみつつ、手作りの石鹸や食器など民族楽器などのバラエティ多彩な商品も物色して大満喫のご様子です。

後半はこんな楽しいハカの旅をコーディネートしてくれたスペイン在住の日本人ガイドさんにインタビュー。スペイン語の関心がもっと高まる回ですよ!

スポンサーリンク

ハカのお祭りの露店を探索するため中世市場

平岳大さんとジンさんの2人は、祭りの興奮も冷めやらぬ状況です。これからまだまだハカの街を探索する様子。祭りの後になると、ハカの大聖堂の周囲に屋台が立ち並ぶ「中世市場」に向かうようです。

日本で言うところの祭りの縁日の感じですね。色んなお店は出ているので楽しめそうです。
さて、どんなお宝に出会えるのか?

屋台を探索すると、面白いもの見つけましたよ。日本とは違ったものが売ってます。可愛い豚の貯金箱です。びっくりするのは屋台で手作り石鹸を売ってまね。

売り子さんも民族衣装で頑張って営業中。

ハカで人気?不思議なお菓子のお味は?

今度は2人は、お菓子を売っている屋台へ。ここで早速本日のキーフレーズです。

今週のキーフレーズ

¿Puedo probarlo?
試食してもいいですか?

チャンチゴリのパイと呼ばれるお菓子をおつまみ。豚のラードを使って作るお菓子ってどんな味なんだろうか。今度はチーズのお店へぶらり。ヨーロッパはいろんなチーズがあるから楽しめそう、丁度試したのは「ロンカルチーズ」という羊のチーズです。

Pez Platanoさん(@pezplatano)が投稿した写真


羊だから癖があるかも。ピリッとした辛味が特徴なんですって。

試食する中で強烈というやつを試食させてもらいました。ブルーチーズですが相当濃厚。

ブルーチーズの事を少し調べてみると、カマンベールもカビ使っていることが判明してびっくり。こちらは白いカビなんだそう。

木の食器を何故だが奢ってもらう

食べ物はこれくらいにして、次は木工細工のお店へ。この道47年間のベテランの手によるオリーブの木で作った食器がずらっと並んでいますよ。ここで平さんがいきなりテンション上がって、本気で物色しだす。前から木の食器が欲しかったんだそうな。

平さんのテンションに触発されてか、ジンさんがなぜか平さんに奢ってあげてきます。

この2人の感じ、どういうこと?

嬉しいのが、屋台でもクレジットカード払いがオッケーというところ。ちゃんとカード決済する端末を持ってるんですね。準備がいいです!

ちなみに海外だと、カードブランドにご注意を。JCBだと使えない場合があるので、VISAかMasterが無難です。ジンさんのもVISAですしね。

スペインの民族楽器はどんな音?

このお店はスペインの民族楽器を売っていて、面白い楽器がいっぱいあります。

平さんが触っていたのはカスタネットみたいな楽器面白いですね。ここで店員さんが紹介してくれた楽器「ラヌエコ」と呼ばれるはカエルの音がします。

鳴き声は、うーんカエルに聞こえるかなぁ。こちらの楽器は旅するイタリア語でできた民族楽器とは違ってこと音を出すのは簡単みたい。普通におっさん二人で楽しんじゃってます。

これが楽器?ネロ皇帝も演奏した「ザンポーニャ」に東儀秀樹が挑戦!ローマで日伊の民族楽器セッション
2016年11月15日にNHKでテレビ放送された「旅するイタリア語」のテーマは...

さてさて屋台を楽しんだ二人はバル「Bodegas Langa」へ

冷めた体を温めるために、ひと休みならぬひと盛り上がりしちゃいそう。早速、さっき買ったグラスを使って飲んでます。でも、木のグラスってなかなか趣あるな〜

スポンサーリンク

旅を助けてくれる日本人コーディネーター

今回のアラゴンの旅全般をコーディネートしてくれた方が日本人ガイド実はいらっしゃいました。それがさくらさんです。今はアラゴンに住んでいます。

ここに来たきっかけは彼女が12歳ぐらいの時に、ホアキン・ロドリーゴが作った「アランフェス協奏曲」を聴いてスペインが大好きになったからだそう。いつかスペインに行こうと思ったそうですよ。1つの曲がスペインまで導く音楽の力と、実際にスペインまで行ってしまう彼女の行動力に2度びっくりです!

彼女はスペイン語を勉強していたにもかかわらず、なかなかうまく喋れなかったみたいで水1つ買うのに2日かかったとのこと。その理由が”恥ずかしくて言えなかった”って、どんだけシャイなんだ。

さくらさんいわく、スペイン語はフランス語と似ているので、日本でフランス語の先生からスペイン語を習ったら案外イケたってのは面白いですね。確かに同じラテン語系ですが、同じゲルマン系の英語とドイツ語でも可能なのかも。

今では不自由なくスペイン語すさくらさんが難しいなと思うのは、冠詞の使い方なんだそう。理由は日本語にその概念がないからとのこと。

日本で気軽にホームステイ体験?外国人の料理教室サービス「Tadaku」

テレビで見て語学を勉強したい方は、ライトユーザーが多いはずなので、まずは慣れるところから。そうなると、その言語を話す環境に身を置くところからがスタートです。

そんな人にオススメなのが、日本に居ながら簡単にホームステイ体験ができる「Tadaku」というサービス。

tadaku

日本に住む外国人のご自宅で楽しくお喋りしながらその国の料理を学ぶ料理教室です。料理があれば言葉に詰まっても、料理でコミュニケーションができる!

普通の語学を学ぶのもいいけど、こういったサービスで外国語とその国の食を学ぶのもアリですね。スペイン料理のレシピもありますので、料理と言語を試食してみてはいかがでしょうか

Tadaku

「旅するスペイン語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。スペインの観光にオススメ!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!