ぶらり途中下車の旅:今の時期しか見れない絶景氷柱から豪華なひな飾りを

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

西武秩父線

今回のぶらり途中下車の旅は、元読売ジャイアンツの宮本和知さんが西武秩父・池袋線で途中下車の旅を繰り広げます。

今回は去り行く冬を確認しながら、春の息吹を見つけることがテーマになっています。そういった意味では、冬の名残を感じられる絶景の氷柱から旅を開始した今回は、ひな祭りなど春らしいイベントに関連するスポットへと徐々に移動していきました。

果たしてどんなスポットを巡るのでしょうか?

スポンサーリンク

ぶらり途中下車の旅「冬にさよなら!春にこんにちは!! 西武秩父線・池袋線ぶらり旅」

2017年2月25日のぶらり途中下車の旅は、宮本和知さんが西武秩父・池袋線で途中下車。
旅の始まりは、埼玉県秩父市の隣町、横瀬町からです。

まずは去り行く冬を確認するスポットへと向かいます。

芦ヶ久保:電車で行ける幻想的な氷の世界「あしがくぼの氷柱」

まずは冬の風物詩であるあしがくぼの氷柱を鑑賞からスタートです。
標高300mの山の中で、あまり陽の当たらない芦ヶ久保では、
冬の間気温が零度を下回ることによって木の枝などに氷柱ができます。

(^L^)さん(@shimapopo)がシェアした投稿

もう時期的に冬が来るまでは見れないと思うので、この美しさを惜しむように鑑賞。
想像以上の姿に宮本さんも感嘆!
夜になるとライトアップされ、色とりどりの幻想的な美しさになりますよ。

歩楽~里(ぶら~り)よこぜ - 秩父・横瀬の観光情報

東吾野:のびる木で作ったランプシェイドと”木ぬぐい”?

宮本さんは芦ヶ久保駅から西武秩父線に乗り、池袋方面へ向かい東吾野で途中下車。
ぶらり歩いて向かった先は雑貨&カフェkinocaです。

林業が盛んな地域で、この辺りで採れる檜と杉の材木は、西川材と呼ばれています。

薄くスライスした西川材でレース生地を挟み、蛇腹状にプレスすると、まさに「のびる木」に。のびる木をランプシェイドに使った木のランプは13,500円から購入可能です。

そして、木で作った布なるものを発見!
作り方は、西川材を一度紙にします。できた紙を細く長く切ってこよりにし、糸状にしたものを織り上げて生地にします。木で作った布は、軽くて丈夫、吸湿性、乾燥性に優れ使うほどに柔らかくなるそうです。

この木で作った布でできたバッグ、手ぬぐいなどが販売されています。

雑貨&カフェkinoca
埼玉県飯能市にある雑貨&カフェkinocaです。西川材を用いた木工雑貨も扱っています。木・西川材のアンテナショップで、埼玉県の木育道具の設置場所にも認定されています。国道299沿いにあり、子連れで楽しめるカフェです。
スポンサーリンク

飯能:今がシーズン、飯能ぎんざの飯能ひな飾り展へ

続いて飯能で途中下車です。宮本さんの奥さんの実家が飯能にあるようです。
やってきたのは飯能ぎんざです。
ここはアニメ「ヤマノススメ」の舞台にもなったため、商店街にはアニメキャラの看板がありますね。

hiroさん(@hiro_or_j)がシェアした投稿

宮本さんが訪れたときは、雛祭りの時期が近づいているということで、
商店街は吊るし雛などを飾っています。
このエリアは「飯能ひな飾り展」として雛祭りを盛り上げています。

魚屋さんには貝の吊るし雛。石材店は石でできたお内裏様とお雛様がなど、
多くのお店でそれぞれの特徴を活かした雛飾りが飾られています。

武蔵藤沢:有名ショップが扱う品が激安?日本初のお新古市場

次は武蔵藤沢で途中下車です。宮本さんが立ち寄ったのがモデルルームで展示していた家具を販売するお店お新古市場です。
日本で初の形態だそうです。お値段が安いことに宮本さんもビックリ。

モデルルームに飾られていただけの新古品ということで、商品は新品に近い状態で売られています。

家具だけでなく雑貨も販売していて、有名なコンランショップでも取扱のある商品も入ってくるようですよ。

掘り出し物に出会えるかもしれませんね。

武蔵藤沢:品評会で金賞受賞の狭山茶「UAMAI」は次元が違う

武蔵藤沢を引きつづきブラブラすると、狭山茶を製造販売しているお茶屋さんを発見。
お茶請けの羊羹を売っていた小澤園西沢園を食べ比べてみます。お店によって味が違うみたいですね。

なお西沢園では、昨年関東ブロック品評会で金賞を取った「UMAMI」というお茶を作っています。
http://nishizawaen.com/gallery/umami.html

数量限定のたった18gで1,080円のお茶を宮本さんが飲んだのですが、今までのお茶と次元が違うと絶賛!

一回飲んでみたい気はしますね。

大泉学園:イチゴビールはどんな味?

次は大泉学園駅で途中下車。
宮本さんが「練馬の苺で造った発泡酒」という貼り紙を見つけて三又酒店に立ち寄ります。
「苺一会」というネーミングも洒落が効いていますね。


早速宮本さんが買って飲んでみると、色は普通ですが非常にフルーティーで苺の香りが広がるという感想でした。

三又酒店 東京都練馬区大泉学園
練馬区大泉学園にあります酒販店(酒屋)三又酒店のホームページです。

大泉学園:とろりんタマゴのカレーパンのコスパが高すぎ

引き続き大泉学園駅をぶらりとして、自宅の一角で営業する小さなパン屋のうーぱんを訪れます。店主が独学で作り上げるパンは、ひとつ食べればお腹が一杯になるパンを作っています。

大泉学園駅のある練馬は、イチゴの産地ということで「いちごのとろ生大福」を注文。
200円とは思えないボリュームです。宮本さんも食べるとボリュームがあって中にある生クリームが口についてしまうほど。

そしてもう1つお店一番人気の「とろりんタマゴのキーマカレーパン」を購入。
こちらは150円です。こちらもこのボリューム。コスパ高すぎです!

【うーぱん】大泉学園のちいさな手作りパン屋さん 東京都練馬区東大泉
小麦粉は、すべて国産小麦を使用しております。小さなお子さまにも安心して召し上がっていただけるよう、パンの中の具材はすべて手作りでございます。
スポンサーリンク

練馬:あの高級魚ホンモロコが食べられる釣り堀カフェ

最後に練馬駅で途中下車です。
ここで、宮本さんは釣り堀カフェを発見。その名もキャッチ&イートです。
キャッチ&リリースでなく、釣ったらすぐ天ぷらか唐揚げにして食べるというコンセプトのお店です。

1時間で税込1,000円なり。元々釣具屋だったのを、気軽に釣りをしながらお酒を飲んで食事ができる店に変わりました。

そして嬉しいことに、ここではホンモロコを釣って食べられます。
高級魚で基調でたいへん美味しいと小魚ですね。

これは釣りにも気合いが入る〜

Catch&Eat - キャッチ&イート
Catch&Eat - キャッチ&イート、東京都 練馬区 - 「いいね!」466件 - 練馬にある釣りをしながらお酒が飲めるお店。 釣った魚は食べれます!

今回の「ぶらり途中下車の旅」のまとめ

西武秩父線、池袋線を芦ヶ久保、東吾野、飯能、武蔵藤沢、大泉学園、練馬と辿ってきた今回のぶらり旅。雛祭り、お茶、苺など春を感じるものに一足早い暖かさを感じます。
なかなか興味深い店が登場しました!

今回の放送で訪れたスポットを紹介します。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!