ローマからのプチトリップで見に行こう!港町「チヴィタヴェッキア」にある和服のマリア様

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

ローマ 港

2016年11月29日にNHKでテレビ放送された「旅するイタリア語」の放送は「#09 和服の聖母子に出会う」です。

東儀秀樹さんとエヴァさんはローマ市内を離れて、港町の「チヴィタヴェッキア」へ。ローマ市内からおよそ車で1時間の距離にある小型クルーズの寄港駅で観光客で賑わうスポットです。

この街は日本と深い縁があるとのことです。その証拠に街には侍の像があります。約400年前にイタリアの港町であった日本人との出会いの絆が今もなお脈々と息づいています。どうやら伊達政宗と関係があるとのことです。

スポンサーリンク

和服のマリアと侍の銅像があるイタリアの港町の秘密

東儀秀樹さんとエヴァさんが来たのは海が見える港町「チヴィタヴェッキア」です。ローマから車で1時間の距離にあるので、ローマに来たらプチトリップに良いスポット。またクルーズが寄港するので、船で手軽に地中海クルーズするというのも乙なものです。

エヴァさんは曰くは、ここは日本とゆかりの深いエリアだとか。どういったつながりがあるのか見ていきましょう!

侍の像がイタリアの街にあった!

2人が来たのは「Piazza Luigi Calamatta(カラマッタ広場)」です。ここに、日本とのゆかりの証拠があるようです。なんとそこにあったのは侍の銅像です。

お侍の名は「支倉常長」というお方です。

Wikiによると、

支倉 常長(はせくら つねなが)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。桓武天皇を祖先とする血筋でありながらも伊達氏の家臣として活躍。慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパまで渡航し、アジア人として唯一無二のローマ貴族、及びフランシスコ派カトリック教徒となった。幼名は與市、初名は六右衛門長経、洗礼名はドン・フィリッポ・フランシスコ。

支倉 常長が来たのは1615年のことで、400年前の出来事です。彼は、主君の伊達政宗の命令によりこの地に赴いたようですよ。

伊達政宗の名ということは、東北ですね。正確には、石巻とチヴィタヴェッキアが姉妹都市関係にあるようです。姉妹都市といえばスペインのパンプローナと山口市がそうだった話がありました。

スペインのバス旅でパンプローナへ。ここは「牛追い祭り」とヘミングウェイ「日はまた昇る」の舞台
2016年11月9日に放送された「旅するスペイン語」テーマは「#6 そうだ バス旅しよ...

いやー、東北とローマが戦国時代からつながっているとは。イタリアのローマ近辺に立派な武士の銅像があるなんてすごいギャップ。

和服のマリアがある教会へ

この武士像と繋がりあるところへ、ということで来たのは「Chiesa dei Santi Martiri Giapponesi (日本聖殉教者教会)」です。殉教した聖人たちのために建てられた教会です。

教会は第二次世界対戦後大破してしまい、その後建てなおして現在の教会となっています
そして、ここのビックリポイントが聖母マリアが和服を着ている!

mayさん(@may_59)が投稿した写真

画のタッチも日本画でこんなマリア像があるなんて驚きです。しかも教会の壁にも家紋らしき彫刻が施されていて、キリスト教の建物なのに和のテイストが色濃くあります。

この異空間に東儀さんは感動したところで、今回のキーフレーズが登場!

今週のキーフレーズ

Che meraviglia!
なんて すばらしいんだろう

教会のスタッフに話を聞いてみたところ、日本人最初の殉教者たちを記念して作られた教会で、この和服のマリアはヨーロッパで唯一とのことです。確かに他では見れないでしょうね。

マリアの作者は日本人だった

しかし、この絵画の作者は一体誰でしょう?ヨーロッパの人が描いたとは思えないです。

実はこの壁画の中に作者の自画像が紛れています。その風貌を見ると明らかに日本人。作者はキリスト教徒である長谷川路可です。彼が1951年にイタリア滞在中に壁画の制作を頼まれ、修道院に寝泊まりして6年の歳月をかけて仕上げたようです。

教会に日本画のエッセンスがある壁画はやはり雰囲気が全く違います。この絵があることで、イタリアと日本のつながりを強固なものにしているようです。

「旅するイタリア語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。イタリアの観光にオススメ!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!