旅するドイツ語:ウィーンからプチ旅行で行けるハイドンゆかりのアイゼンシュタット

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宮殿

NHKで放送中の旅するドイツ語、今回のテーマは「アイゼンシュタットに小旅行」です。
別所哲也さんが向かったアイゼンシュタットは、ウィーンの南東50kmのハンガリーの国境近くにある街です。

この街には、当時の領主であったエスターハーズィー家の宮殿が残っていて、宮殿内部にはあのハイドンの名を冠したハイドンホールとよばれる美しい音楽ホールがあります。
ハイドンのゆかり有るスポットは、ウィーンからのプチ旅行に絶好の場所ですよ。

スポンサーリンク

旅するドイツ語「第20回 アイゼンシュタットに小旅行」

今回は、別所哲也さんとスザンヌさんはウィーンを離れてアイゼンシュタットに向かいます。アイゼンシュタットへの目的はワイン。どうやら以前に訪れたハイリゲンシュタットの居酒屋ホイリゲが気に入ったようでワインを楽しみたいご様子。

ウィーン北西部のハイリゲンシュタットにはベートーベンの遺書がある
NHK「旅するドイツ語」のテーマは「第15回 ハイリゲンシュタットで楽聖の足跡...

今回はワイン産地のアイゼンシュタットに日帰り旅行です。
ウィーン中央駅からバスに乗ってアイゼンシュタットを目指しますよ。

知っておきたいウィーンのローカルバスの乗り方

ウィーン中央駅についた2人はアイゼンシュタット行のバスへ。
ウィーンではチケットをバスの中で買います。運転手さんに行き先を伝えるのは日本とは違いますね。

そして、行き先を伝えたら片道か往復かを答えましょう。
早速バスがきました。運転手さんに行き先を伝えたところまではよかったですが、今回のバスでは往復切符は買えず。片道だけになってしまいました。

スポンサーリンク

ハンガリー国境近くのアイゼンシュタットへ

アイゼンシュタットウィーンからおよそ南東に50kmのハンガリーとの国境近くにある街で道中にはブドウ畑が広がり美味しいワインが飲めそうな予感。
そしてアイゼンシュタットへ。

中世から第一次世界大戦までハンガリー領でオーストリアとは少し雰囲気が違うようです。
そしてここはエスターハーズィー家のお膝元として有名です。

エスターハーズィー家の美しい宮殿へ

この町の治めていたエスターハーズィー家ゆかりの大きな宮殿が表れました。
なんとも立派な建物がエスターハーズィー宮殿(Schloss Esterhazy)です。

17世紀にエスターハーズィー家が何度か改装を繰り返して今の姿なりました。
そしてここはある大作曲家ハイドンと縁の深い場所です。

ベートーベンやモーツァルトが続いて、最近シューベルトゆかりのレストランが出てきましたがハイドンも登場です。

別所哲也が1番感動したウィーン近郊に有る美しい神秘の地底湖
2017年2月6日にNHK放送の「旅するドイツ語(再放送は2月4日)」は「第1...

ハイドンは宮殿楽団の楽章として長年エスターハーズィー家に仕えていたようです。

ハイドンの名を冠したコンサートホールへ

この宮殿にはハイドンにゆかりのあるとっても美しい場所があります。
それがコンサートホールでハイドンホール(Haydnsaal)と名付けられています。

豪華絢爛な音楽ホールで、さすがは中世ヨーロッパ時代の建物です。

もとは舞踏会や晩餐会用途で作られていたので天井も高くて空間的に広がりがありますね。
ここでは演奏会や録音なども行われたようです

本当に芸術はパトロンあっての花開くことを実感しますね。

ハイドンが愛した楽器バリトン

スザンヌさんがハイドンに縁の深いものを見せるために別所哲也さんを案内します。
なにやら演奏をしている部屋へ。そこでは見た目に不思議な楽器を感じていますね。

これはどうやらバリトン(baryton)と呼ばれる楽器でチェロとハーブが合わさったようなものですね。同時に二つのメロディーを奏でられます。

そしてハイドンはバリトンの作曲を数多く行いました。というのも使えていたエスターハーズィー家の伯爵がこの楽器の熱烈な愛好家であったからです。ハイドンが作曲したバリトンの楽曲なんと175曲です。

ここで別所さんがバリトンにトライです。
ピアノの時は華麗な腕前を披露していましたが、さすがに勝手が違うようでおやおやな感じになってしまいました。

宮殿地下にあるワインセラーならぬワイン博物館へ

続いて二人がやってきたのは宮殿の地下。ここには膨大なワインが収納されたワインセラーが!見た目にも圧巻のワイン蔵です。

エスターハーズィー家ではワイン作りも盛んで、地下にはたくさんのワインが収蔵されていました。今はワイン博物館として公開されています。

そしてここで相当に巨大な樽があって、なんと1万6000リットル以上もワインが入るというビックすぎるサイズです。なんでも宮殿を改築するときにこれぐらい樽が入るようにしたそうです。

この博物館には現存するぶどう絞り機の最古の機械が展示されているなど歴史的にも重要な資料が置いてありますよ。

ついに名産ワインを試飲

そしてお待ちかねのワインショップへ。ここでちょっと試飲する感じですよね。
ここのワインでは、ブラウフレンキッシュ(Blaufränkisch)というこの地域で多く栽培されているぶどうを使ったの赤ワインが有名です。

予想通り試飲をさせてもらいます。別所哲也さん曰く日本で飲んだことがないワインだそうです。ついつい飲み過ぎてしまいそう!

「旅するドイツ語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。オーストリアの観光にオススメ!

「旅するドイツ語」の記事一覧へ

NHK「旅するドイツ語」の2ndシーズン!前川泰之の旅はドイツ首都ベルリン
2016年の秋にNHKで放送された旅するドイツ語が2017年になって2ndシー...
スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!