旅するイタリア語:北イタリアの古城にあった驚きのカメラ部屋

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

イタリア 城

2017年2月6日放送のNHK「旅するイタリア語(再放送は2月7日)」は「#18 古城の街 フォンタネッラート」です。

東儀秀樹さんの北イタリアの旅はまだまだ続きますよ。今回は北イタリアのエミリア地方有数の美しい城があるフォンタネッラート(Fontanellato)へ。

パルマから車で30分でたどり着けるこの街にある城は、14世紀からこの土地を治めた貴族のサンヴィターレ家が実際に暮らしていました。

東儀さんはその名残が感じられる城内を堪能。その中で、なんと18世紀からある巨大カメラの部屋が驚きでした!

スポンサーリンク

旅するイタリア語「#18 古城の街 フォンタネッラート」

東儀秀樹さんとエヴァさんは今回はフォンタネッラート(Fontanellato)にある美しい古城のロッカ・サンヴィターレ(Rocca Sanvitale)を訪れます。

ここの城は、現在はこのお城は市が管理してい見学できるので早速中へ!

古城のかつての牢獄の活用方法が面白い!

さすがお城の内装は天井などすごく豪華ですね。

城内で唯一残った寝台には、ベッドの天井には非常に精密な彫刻があって寝る時にそれを見ながら眠りにつくという贅沢な作りになっていたり、浴室の天井には、パルマを代表する画家パルミジャニーノ (Parmigianino)のフレスコ画を楽しむことができます。

さすがはお城です。贅沢な作りになっていますね。またこの城で興味深かったのが、かつて牢屋だった部屋。

ここは暗室になっていてカメラが好きだったサンヴィターレ伯爵がカメラ愛が強すぎたあまり、部屋ごとカメラにしてしまったという具合です。

カメラの原理を用いて外の景色が映るようになっていて、部屋自体が巨大カメラになっています。これは面白い!

蚤の市で愛する人にプレゼントを!

お城を出てきた2人はこの周りで開かれている蚤の市へふらっと足を伸ばします。
ここでは、毎月第3日曜日に城の周りを囲むようにアンティークの蚤の市が開かれています。

さすがはヨーロッパ、アンティークがよく売られていますね。

この蚤の市で東儀秀樹さんが興味をもったのがクラシックカー模型。
やっぱり車が好きなんですね。

そこで値段交渉を店員さんとするときのやり取りが本日のキーフレーズです

Quanto costa questo?
これはいくらですか?

ここで白いクラシックカー模型を値段交渉。25ユーロだったミニカーを20ユーロにしてもらいました。これは息子さんへのプレゼントみたいですね。

そしてエヴァさんは旦那さんへのプレゼントを。旦那さんが古いカミソリのコレクターと結構珍しいものを集めているようです。そんなもの売っているの?
とおもいきや、ちゃんと売っているんですね〜

ヨーロッパでは古いカミソリがアンティークとしてはポピュラーなのかもしれませんが、
何でもありますね、蚤の市。

でも、イタリア語で値段交渉とかすらすらできたら蚤の市での買い物も楽しいですね!

スポンサーリンク

「旅するイタリア語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。イタリアの観光にオススメ!

「旅するイタリア語」の記事一覧へ

旅するイタリア語(全24回)のまとめで、ローマ&北イタリア観光スポットはは東儀秀樹がイタリアを巡る
この秋、NHKで放送されているドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語のヨ...
スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!