ヒルナンデス:本当は教えたくないお店をパンマニア「ひのようこ」が紹介した都内パン屋4軒

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

パン屋

今回のヒルナンデスでは、パンマニアであるひのようこさんが、都内のおすすめパン屋を4店舗紹介します。

ひのようこさんは、ヒルナンデスでパンの特集の際に度々出演。また、「マツコの知らない世界」では、袋パンについて熱く語るほどの一目置かれたパンマニアです。

紹介するお店は本当は教えたくないお店ばかりで、正におかずぱん4天王のような存在です。期間限定店もあるので、食べるならお早めに!

スポンサーリンク

ヒルナンデス:パンマニア「ひのようこ」と街歩き-パン編-

今回のヒルナンデスでは、パンマニアとして知られるひのようこさんを迎え、夏に食べたい、おかずパン四天王が紹介。

水曜レギュラーのハリセンボン箕輪はるかさん、近藤春菜さん、モデルの佐藤栞里さんとTKO木下隆行さんで都内のパン屋を巡ります。

スポンサーリンク

渋谷「BOUL’ANGE(ブール アンジュ)」でフランス風オープンサンド

今年6月に渋谷にオープンしたばかりの「BOUL’ANGE(ブールアンジュ)」は、JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)などのアパレルブランドを持つベイクルーズが経営するパン屋です。

元々は、フランス人パン職人のゴントランシェリエ氏の名前を掲げた「GONTRAN CHERRIER」というパン屋が営業形態の変更をし、ベイクルーズのオリジナルとして「BOUL’ANGE」になりました。

なぜ「GONTRAN CHERRIER」から「BOUL’ANGE」に?

店名の変更は、ゴントランシェリエ氏との契約終了だとか、そんなところでしょうか?

口コミサイトを見ていると、旧態のお店のファンが多く業態変更にネガティブな声がありましたが、味やパンのラインナップは踏襲されているようです。

店舗は渋谷、新宿サザンテラス、仙台にありますが、旧態店舗はまだ福岡・名古屋に残っています。

目玉は全11種類の「タルティーヌ」

こちらの目玉商品はフランスパンを使ったいろどり鮮やかなおかずパンの”タルティーヌ”と呼ばれる、フランス風のオープンサンドです。
全11種類あり、朝食向き、ランチ向き、ディナー向きの3つに分類されて店頭に。

  • 朝はフルーツたっぷりタルティーヌ、
  • 昼は季節の野菜をふんだんに使ったタルティーヌ、
  • 夜は様々なソースを使って濃いめの味付けのタルティーヌ

それぞれ店頭に並ぶ時間が異なるのが珍しいところ。

他にも、店内にはフランスの伝統製法で作られた70種類程のパンが並んでいて、どれもこれも食べてみたくなります!

一日に何度もパンが焼きあがるので、いつ行っても焼き立てが食べられるのが嬉しいですね。

このスポットの口コミ情報はこちら

原宿「RÉFECTOIRE(レフェクトワール)」の熱々クロックムッシュを食べたい!

原宿のファッションビルにある「RÉFECTOIRE(レフェクトワール)」は、京都にある「Le Petitmec(ル プチメック)」が東京進出したお店。

フランス語で”食堂”を意味する名前を冠している通り、パン屋としては珍しくイートインスペースが広く設けられていて54席もあります。

そのためイートインが充実していて、ここでしか食べられないメニューが豊富にあります。番組で紹介されたのは、クロックムッシュ(540円)。これに目玉焼きを載せたクロックマダム(600円)もありますよ。

モーニング、ランチタイム、ランチタイム以降終日食べられるメニューとそれぞれセットで出しているものが異なるので、いろいろな時間帯で行ってみたいお店です。

スポンサーリンク

六本木「TORTARICA(トルタリッカ)」はハラペーニョとパクチーマシマシのメキシカンサンド

六本木のアークヒルズにある「TORTARICA(トルタリッカ)」ではメキシコ風サンドイッチ”トルタ”を食べられます。

サンドイッチといっても見た目はハンバーガーのよう。ボリューム満点です。
パンマニア・ひのさんのオススメはお店の看板メニュー、メキシカングリルチキン(600円)。

バンズは、六本木でパン好きに有名なMAISON LANDEMAINEに特注したものを使っています。

トッピングのパクチーとハラペーニョは増量無料なのが嬉しい。100円プラスにはなりますがアボカドを加えるのもアリです!

TORTARICAは、同じフロアにあるメキシコ料理のタコスやブリトーの専門店「TACO RICO」の姉妹店として、半年間の9月までの期間限定オープンなのでお早めに!

麻布十番のコロッケ専門店「楽万コロッケ店」のコロッケパン

1日限定10食のコロッケパンが食べられる麻布十番のお店「楽万コロッケ店」は、パン屋ではなくコロッケ専門店。

材料・調理法全てにこだわった和牛たっぷり特上コロッケはひとつ260円なり。

コロッケだけでも美味しいのに、それをパンと合わせてしまう贅沢。
それにこだわりの自家製タルタルソース&ソースの2種類を使用。

コロッケパンの人気がすごすぎてこのソース2種の製造が間に合わなくなり、昨年は販売休止していたそう。

タルタルソースに使っている塩は”昆布塩”でこの製造もお店でやっています。
手間暇たっぷり掛かっています。これは期待値が上がりますね!
前日まで予約可能だそうです。芸能人御用達、手土産にしても喜ばれそうですね。

詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか?

日本人といえど、パンを朝食に食べる人は多いはず。
朝ごはんだけじゃもったない、ランチにもぴったりのおかずパンが沢山紹介されました。

TORTARICA(トルタリッカ)は9月までの期間限定出店なので、急いで行かねばなりません。
メキシカンフードは最近ブームなので、とても気になる!

またオススメのパン情報を知りたいなら、ひのようこさんのブログをチェックするのがオススメです。

パンクラブひのようこオフィシャルブログ「こんがりパンとおいしい日々」

スポンサーリンク

ヒルナンデス:パンマニア「ひのようこ」と街歩きしたパン屋MAP

今回訪れたお店をまとめています。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!