ヒルナンデス:たった6000円で楽しめた銀座グルメ(1日3万個売れる銀六餅「甘楽」ほか)

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

どら焼き

予算6000円で銀座のひと番地を食べつくす!
今回は銀座7丁目2番地で、訪れたお店はなんと5軒。

そのうちの1軒では、フォアグラとトリュフが楽しめて1400円のサラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカの激安ランチがありました。
その他、1日3万個売れる銀六餅の「銀座甘楽」など美味しいものを食べ尽し!

スポンサーリンク

ヒルナンデス:銀座のひと番地を食べ尽しちゃうんデス! 7丁目2番地

銀座のある番地の飲食店を食べ尽そう!という企画。
ハリセンボンと水卜アナが銀座7丁目2番地を奔走します。

このエリアはJR・東名高速道路の高架下から、コリドー通りを擁する区画。
周辺にオフィスも多いため、ビジネスマンやOLの集う飲食店が多数あります。

さまざまな外国料理が密集するエリアでもあり、パスポートなしで外国気分が味わえるお店がたくさん!

3人で使える予算は6000円、どんな国の料理を食べるのでしょうか。

メキシコと言えばトルティーヤ
「SNAPPER&GROUPER」

まずはじめはメキシコ料理。
「SNAPPER&GROUPER」では、メキシコ定番のトルティーヤを。

桜姫鶏のファフィータ(1400円)は、ビタミンEが豊富な桜姫鶏と様々な種類の野菜をグリルしてトルティーヤで巻いて食べる。

テーブルへ運ばれてくると、アルコール度数の高いスピリタスをかけて炎で包み込む演出も!

この店で、メキシコ人の好む”3T”が話題となりました。

3Tとは、

  1. タコス
  2. テキーラ
  3. タヒン

うん、タヒン?

耳慣れないですよね。
タヒンは調味料の一種でチリパウダーと乾燥ライム、塩をブレンドした万能調味料。

メキシコ人は肉からバニラアイスまでこのタヒンをかけて食べるそうです。
酸っぱ辛い味がクセになるのかもしれません。

1400円でフォアグラトリュフ?
サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカの激安ランチ

続いてはフランス料理。
美食の都とも言われるリヨンの郷土料理の店「サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ」です。

脇坂シェフは、フランス料理コンクールに日本代表として出場した経験があります。

高いイメージのあるフランス料理ですが、トリュフとフォアグラを食べたのになんと1400円!

それは「貧乏人のフォアグラとトリュフ」だから。

フォアグラは鶏レバー、バター、ワインなどで再現しているためリーズナブル。
そしてトリュフは不使用です!

これをパンに載せて食べると、ワインに良く合いそうな贅沢おつまみになります。

詳細はこちら

スポンサーリンク

よりどりみどり27種のピンチョス「Bar Hola!Ginza7」

次はスペイン料理です。
「Bar Hola!Ginza7」で、190円・290円と手軽な串のおつまみピンチョスを。

ピンチョスとはバケットの上に具材をのせ、串を立てたものです。

スペインは美食の街「サン・セバスティアン」では美しいピンチョスが色々楽しめますよ。

旅するスペイン語:美食の街でくいだおれてサッカーをする
NHKで放送の「旅するスペイン語」の第2回目は「#2 くいだおれは続くよ どこ...

3人が選んだピンチョスは、こちらの3種。

  • ピストー(スペイン風ラタトゥイユ)
  • カラフルドライフルーツとクリームチーズ
  • ひとくちで食べきれないチキンカツ

甘いもの、サラダ風のものからガッツリ肉系まで27種類のピンチョスがあります。
好きなものを気兼ねなくオーダーできる価格が嬉しいですね。

もっちり生地のひとくちどら焼き 銀六餅と豆大福の「銀座甘楽」

7丁目からはほんの少し外れの高架下にあるのが「銀座甘楽」です。
こちらの看板商品は豆大福(206円)。北海道産の小豆を使った餡がたっぷり。

1日3万個売れているという人気商品は銀六餅(5個入565円)。
見た目は手のひらに収まる小さなサイズのどら焼きです。

生地に特徴があり、餅粉が入っているので食感がモチモチ。

手土産に喜ばれそうな、品のある大きさの和菓子です。

詳細はこちら

野菜とフルーツのカクテル「BAR Vitamin G」

最後に3人が訪れたのは「BAR Vitamin G」
ここではフルーツカクテルを楽しめるお店。

Joe Araiさん(@jo_arai)がシェアした投稿

店の黒板には、入荷している野菜とフルーツの産地をちゃんと記載。

それぞれ3人が飲んだのはこちら

  • 水卜アナ:小松菜のカクテル(1200円)
    クセの少ない小松菜とフルーツジュースを合わせているのでスッキリした飲み口。
  • 春菜さん:サツマイモのカクテル(1200円)
    ふかしたサツマイモに、ホワイトチョコレートリキュールなどを合わせて甘い仕上げ。
  • はるかさん:ノンアルコールのフルーツトマトのカクテル(1600円)

野菜やフルーツを使っているので、お酒なのですが体の中からキレイになれそう。
素材の味を最大限引き出す組み合わせがしっかり考えられているのはさすが!

野菜・フルーツのカクテルを除く一部ドリンクは18時~20時まで500円から。
銀座のバーの敷居の高さを気にせず立ち寄れそうです。

スポンサーリンク

まとめ

銀座7丁目2番地のグルマはいかがでしたか?
6000円という予算制限にもかかわらず、5店も回れました。

パスポートなしで様々な国の料理を楽しめる銀座7丁目2番地。

是非行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!