ヒルナンデス:茨城の日帰りバスツアー、4ヶ所のスポット巡りでコスパが良すぎる!

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

バスツアー

今回のヒルナンデスでは「オリオンツアーin茨城」と題して、オリオンツアー社とタイアップした茨城バスの旅へ。ココリコの遠藤章造さんと品川庄司の庄司智春さんが添乗員に扮し、ゲストの大林素子さんとラブリさんをおもてなし!

車で行くのとほとんど変わらない値段でいけちゃう、楽ちんなバスツアーは、健康&美肌&良縁にいいものをぐぐっと詰め込んだ旅でした。

スポンサーリンク

ヒルナンデス「オリオンツアーin茨城」

今回のヒルナンデスでは、ココリコの遠藤章造さんと品川庄司の庄司智春さんが添乗員に扮し、ゲストの大林素子さんとラブリさんをおもてなしするバスツアーを敢行です。といっても実は、実際にオリオンツアー社が催行しているバスツアーに4人が参加したのです。

それが「【茨城】うまかっぺ!いばらき味覚紀行 あんこう鍋!納豆工場&やきいもミュージアム!パワースポット常陸国出雲大社参拝♪」です。

リーズナブルで内容盛り沢山の茨城旅、行きたくなること間違いありません!

良縁を結ぶ!常陸国 出雲大社

まずは、常陸国 出雲大社へ。建立して25年という比較的新しいお社のではありますが、そのご利益を求めて多くの女性が訪れています。島根県の出雲大社に引けを取らない大きなしめ縄があり、大迫力です。

男女の縁結びだけではなく、子授け、仕事や学業との出会いも含めて縁結びとされています。

また、訪れる女性の間で話題となっているのが、神社境内にある“隠れハート”を探すことだとか。境内の彫刻、金具の装飾などでハート柄に見えるものを写真に撮っていく人も多いようです。

良いご縁に恵まれるために、一度参拝しておきたいですね。

コラーゲンたっぷり あんこう鍋ランチ

女性のお肌にとても嬉しいのが、コラーゲンたっぷりのあんこう鍋です。
あんこうと言えば高級魚、口にできる場所に限りがありますが、ここ茨城では冬の味覚の定番です。

バスツアーで訪れたのは、お土産売り場も併設している水戸ドライブイン
あんこう鍋御膳として出てきたのは、一人前のお鍋と、エビクリームコロッケ、ホッキ貝の酢の物と豪華なラインナップです。

お鍋にはあんこうとたっぷりの野菜、焼き豆腐に、あん肝もしっかり入っています。
このあん肝を味噌ベースの鍋つゆに溶いて食べるのが美味しそう・・!
濃厚さが想像できます。

シメには雑炊セットがついてくるので、鍋のおつゆを最後まで余すことなく胃袋にしまい込めます。贅沢なランチです!

スポンサーリンク

忘れちゃいけないお土産の水戸銘菓

食後は店内で売っているお土産を見ながら腹ごなしできます。

水戸銘菓「吉原殿中」(8本650円)は、あられを水あめときなこでコーティングしたもの。

見た目はおこしに似ていますが、口の中で溶けるんだそうです。

他にも、水戸偕楽園の梅にちなみ、白あんと求肥を赤しそで包んだ上品なお菓子「水戸の梅」(4個465円)などが販売されています。

腸から健康になるタカノフーズの納豆工場を見学

続いて一行が向かったのは、おかめ納豆でおなじみのタカノフーズの納豆博物館です。
この博物館には工場もあり、1日200万パックの納豆を作っています。
工場で、大豆の洗浄・蒸煮・パック詰め等その製造工程を見学できます。

また、売店では地域限定・季節限定の商品を購入できます。
4人が購入していたのは、お土産に一番人気だという「そぼろ納豆」(260円)です。

醤油風味の割り干し大根と納豆をあわせたもので、茨城エリアと東京の一部でしか売っていない限定商品。その場で食べたラブリさんは「食感がいい!」と大絶賛です。
大根も漬物のように味がしっかりついているそうなので、ごはんが益々進みそうですね。

工場見学の後には、1000円相当の商品詰め合わせ等が当たる抽選会もありますので、
運が良ければタダでお土産が貰えるかもしれません。

女子はみんな大好き! やきいものミュージアム

最後に訪れたのが、2015年に誕生した農業のテーマパーク「なめがたファーマーズビレッジ」です。こちらでは畑と農機具を借りて農業体験ができたり、農作物の直売、採れたものを実際料理として食べられます。

廃校となった小学校を利用したこの施設の中には、やきいもミュージアム(大人800円)があります。

学校にちなんで“生徒手帳”という名目で配られるパンフレットがとても可愛いんです。

この生徒手帳を片手に、さつまいもやきいもについて知識を深めていきます。
このミュージアムの運営には、さつまいものスイーツで有名な「らぽっぽ」が運営に参加しており、お客さんにさつまいもをより美味しく味わってもらうための様々な工夫を、工場見学を通じて垣間見れます。

そして見学の後は、お待ちかねのやきいもの試食です。
このやきいもを焼いている窯、実はさつまいもの端材からできたレンガ窯なのです。
肝心のお芋は、一度濾したのかと思うくらいの滑らかな口当たりだそうです。

スポンサーリンク

ヒルナンデス「オリオンツアーin茨城」のまとめ

見どころ盛り沢山のバスツアー、いかがでしたか?
これだけの健康と美容にいいグルメと良縁スポットなどを巡っても、このバスツアーであれば、8480~8980円でした。東京-茨城の往復高速代は通常約8500円かかることを考えると、かなりお得ですね。

車の運転をしないので気兼ねなくお酒を飲むこともできて、行きたい場所には自動的に連れて行って貰えて、言うことなし。

ヒルナンデス!「オリオンツアーin茨城」で訪れた店

今回番組で紹介したスポットをまとめています。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!