人生最高レストラン:彦摩呂の選んだ雷文の塩ラーメンは、体と心にしみる人生最高の味

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

人生最高レストランのゲストは彦摩呂さん。彦麻呂さんといえば「味の宝石箱や〜」でおなじみの例えレポートで有名なグルメリポーターのテーマは「3/15,000」です。

タイトル通りこれまでに食べ歩いた15000軒のお店う彦摩呂さんが選ぶ人生最高の3品です。その中から選んだベスト1は、意外にも庶民的な料理でした。

スポンサーリンク

彦摩呂「食リポ人生15000軒のベスト1とは!?」

今回の人生最高レストランのゲストである彦摩呂さん。彦麻呂さんと言えば例え上手なグルメリポートです。「味の宝石箱」しかり、どんどんフレーズが出てくる。今回の人生最高レストランでもそれは止まりません。

そんなの彦麻呂さんが選ぶ3店の人生最高は体と心にしみるラーメンです。
そのラーメンから彦麻呂さんが考えるグルメリポーターとしての心意気が伝わってきました。

大田原 牛超本店(栃木・大田原)のA5ランク牛肉のステーキ

「大田原 牛超本店」は、栃木・大田原の市街地にある牛料理のお店です。

ここで彦摩呂さんが紹介するのは、A5ランクの牛肉で、さらに霜降り具合のランクが最高のNo.12のお肉。

その霜降り具合は大変きめが細かく、彦摩呂さんが「口の中で溶けてなくなる」と言うほど。
そんな最高級 牛超牛ステーキ(別格超吟撰BMS12)のお値段は、なんと100gで10万円(時価)という驚きです。

このお肉は焼く時の音がぜんぜん違う!

お肉を焼くときも定番の「ジュー」とした音でなく「チリチリ」といった音で、普通の肉とは赤みとさしのバランスが違うのがはっきりわかる。

食べる時は、清水の舞台から飛び降りるぐらいの覚悟が必要ですが、一生に一度食べてみたいと思わせる絶品ステーキです。

大田原牛超 本店 (オオタワラギュウチョウ) – 西那須野[食べログ]

㐂ばらし(北海道・札幌)のキンキの煮付けとシーフードカレー

「酒房 㐂ばらし(きばらし)」は、北海道・札幌のススキノの繁華街から少し外れたところにある、アントニオ猪木さんのサイン入りのれんが目印のお店です。
ここは彦摩呂さんがプライベートで訪れるお店で、他にも桑田佳祐さんや王貞治さんが訪れたこともあるんだとか。過去に1度だけの取材以降はテレビに出演していませんが、彦麻呂さんたっての頼みで今回登場です。

㐂ばらしの売りは新鮮な魚介類です。刺身盛り合わせは、十点を超えるネタと、鮮やかなウニとイクラがボウルにドカッと入ってた豪華なセット。このボリュームは圧巻です。

彦摩呂さんオススメがキンキの煮付けです。身の締まった羅臼産のキンキを梅干し入りの特製の煮汁で2日間煮込んでつくる煮付けです。とても柔らかく、スプーンで骨ごとすくって食べられるほど。一緒に煮込まれた大根も味が染み込んで真っ黒です。

同じくオススメがシーフードカレーです。エビの頭・貝柱などから取った出汁を使用し、ホッキ貝・帆立・ヒル貝・エビ・アワビが具材の贅沢すぎる一品となっています。新鮮な魚介をたくさん扱うからこそ生み出せるカレーです。

酒房きばらし – 東本願寺前[食べログ]

雷文(東京・町田)の塩ラーメン

彦摩呂さんが人生最高の一品があるお店は東京の町田駅から車で約10分、お昼にしか営業していない「雷文」です。

ここはラーメン界の女番長(彦摩呂さん談)・宇都宮節子さんが経営しており、近所の人からラーメン好きまで、連日多くのお客さんが訪れています。そんな人気店の塩ラーメンこそが、彦摩呂さんが人生最高と評する料理。

この塩ラーメン、ただ者ではなくラーメンには定番のタレをつかわないという驚きのラーメンです。げんこつ・手羽先・ネギ・白菜・タマネギ・唐辛子などの28種類の具材から作った出汁と、塩ダレではなく企業秘密の「塩」を合わせたスープは、口にした彦摩呂さんが「塩なのにまろやかで、舌の細胞がスルーで受け入れる」という味はまさに体が喜ぶ。

このスープと絶妙に絡む細縮れの特注麺の上には、毎日仕込んで作る自家製のチャーシューとメンマがのっている、まさに最高のラーメン。

ここの女将さんの作るラーメンに惚れ込んでいる彦麻呂さんは「今日も美味しい」と語ります。この「今日も」にこれまでの積み重ねを感じられる一品でした。彦麻呂さんはこのラーメンを食べると心と体に、この塩スープがしみ込んで行くようです。

雷文 (らいもん) – 玉川学園前 [食べログ]

最後の一軒:「松茸山 丸光園(まるみつえん)」の松茸なべ

最後は常連客だけで乾杯。今回はピエール瀧さんが最近気になっているお店は長野・上田にある「松茸山 丸光園」です。県内有数の松茸の産地・鴻之巣山の山中にあります。

松茸が生えるアカマツ林に囲まれている松茸小屋は、9月中旬から11月初旬までの約2ヶ月間限定の営業。ここの松茸なべがとにかく凄いんです!

鍋の上を覆い尽くしているのは、たくさんのスライスした松茸。下に何が入っているのか分かりません。他にも松茸飯・焼松茸・土瓶蒸しなど、秋の味覚をたっぷり味わえるスポットです。

丸光園松茸山 – 下之郷 [食べログ]

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!