人生最高レストラン:春風亭昇太が40年間探していた料理は愛媛名物「ひゅうが飯」だった

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

鯛めし

今夜の人生最高レストランのゲストは春風亭昇太さんです。常連客にサバンナの高橋茂雄さんと足立梨花さんを迎えての春風亭昇太さんの「人生最高の料理」を伺います。

噺家として全国津々浦々を旅する春風亭昇太さんは、色々と美味しいものにもたくさん出会っているはず。そんな噺家のこころを掴んだ料理の中に、なんと40年間も恋い焦がれる料理もありました。

それが愛媛名物のひゅうが飯です。でもなぜか、この料理を東北名物だと勘違いしていた昇太さん。やっと40年ぶりにその勘違いが解けてスッキリ!

スポンサーリンク

春風亭昇太の人生最高レストラン「おいしいものの噺」

今回の人生最高レストランのゲストは春風亭昇太さん。選ぶ店を悩んだ春風亭昇太さんは、今回駆け出しや若いときから愛している思い出のグルメを中心に紹介してくれまし。忘れられないグルメと中には忘れてしまって思い出せないグルメを含めて4品の人生最高の料理について語ります。

「相模原萬金」の餃子が恐ろしい理由とは?

小田急相模原駅の近辺に若い頃住んでいた春風亭昇太さんの思い出の味があります。それが萬金という餃子屋。地元の人からすると大定番の人気店で、小田急相模原の住民は”よくぞ言った!昇太”と言っているはずだと語る昇太さん。

まるまるとした餃子をフライパンにきっちり敷き詰めて、お湯がひたひたになるまで入れて最後に油をここに投入。

大量に脂が飛び跳ねてキケンそうですが、大量の水分だとハネずに混然一体となります。そして時間が経つとお湯が蒸発して油が残っていきます。茹でてから揚げるという素晴らしいコンビネーションの餃子です。

見た目もパンや肉まんみたいです。

この作り方もさることながら味の中毒性の高さから味が忘れられないところがこの餃子の恐ろしいところ。

この見た目がホワイト餃子に似ていると思ったら技術提携しているんですね。納得!
ホワイト餃子の関連店舗一覧であれば、30店あまりあるので気になる人は最寄りの店で食べてみても良いかも。

相模原萬金 - ホワイト餃子グループ
スポンサーリンク

これぞ、ザ・洋食!「ビフテキ家あづま」のあづスパ

新宿三丁目にある新宿末廣亭は、春風亭昇太さんのホームとも言える場所。2軒目に紹介するのは末廣亭のすぐ隣にあるビフテキ屋「あづま」です。ここはビフテキがオススメかと思いきや、昇太さんは一度もビフテキを食べたことがない。

ここで昇太さんがおすすめするのがあづスパです。

ohmeatさん(@ohmeat)がシェアした投稿

スパゲッティなのに、カレーライスとコロッケが渾然と一体となったメニューで、見た目から想像できるとおりの安心の味。長崎の名物であるトルコライスと似た感じですね。

そしてここは、昇太さんにとっては自分が成長したことを感じられたお店です。関東の落語では「見習い → 前座 → 二つ目 → 真打」となっていくのですが、羽織を着れるのは二つ目から。

二つ目になるまであづスパを先輩に奢って貰っていた昇太さんが、二つ目になって後輩にご馳走できた。自分の成長を改めて感じることができた思い出の店でもあります。

清水にあるカレーに溺れるモツ、「金の字本店」のもつカレー煮込み

春風亭昇太さんの故郷である静岡県清水市(今は合併して静岡市清水区)にある金の字本店が思い出の味。昇太さん一家が外食する日は一大イベントでした(サザエさん一家がデパートへ行く感じ)。

外食の待ち合わせに使っていたのが金の字でした。ここの「もつカレー煮込み」が昇太さんの小さい時からの思い出の味です。そして金の字は清水が誇るB級グルメ「もつカレー煮込」の元祖でもあります。先に待っている父親からよく「もつカレー煮込み」を一本貰っていたとのこと。

大量のもつの串焼きに、これまた大量のカレーを入れて煮込み上げ、カレーから救い出されるモツ串達が清水で愛されるソウルフードです。この料理は絶対に手が汚れるのですが、最後に指を舐めるまでがこの料理を楽しむ醍醐味。

今夜の1番美味しかったシーンは、このもつカレー煮込み紹介のときでした(88グッド! )

金の字 本店 (きんのじ) - 清水/焼鳥 [食べログ]
金の字 本店/きんのじ (清水/焼鳥)の店舗情報は食べログでチェック! 口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

恋焦がれて40年の幻の丼は愛媛名物「ひゅうが飯」だった

最後の人生最高メニューはなんとお店の名前がわからないという事態。昇太さんさんが入門して間もない頃に師匠達と一緒に旅した地方公演でこの一品に出会いました。

師匠たちとの旅行ですごく緊張した初めての旅行で食べたものは覚えていても食べた場所は忘れてしまった。

「新鮮な鯵を三枚開きにして卵と絡めてご飯にのっける料理」で東北で食べた気がするという昇太さんの情報から、スタッフが懸命にリサーチして愛媛名物のひゅうが飯であることが判明。

昇太さんも「それだ!」と記憶の料理と合致した模様。当初の記憶が東北だったのでなかなか辿り着けませんでしたが、恋い焦がれた40年ぶりの出会いでした。

愛媛といえば大定番の鯛めしもあって、魚とご飯のコラボ料理が美味しいところ。愛媛に行かなくても、鯛めしの素でつくる鯛めしは十分美味しいので気になる方はお試しあれ。

肝心のひゅうが飯は自宅だと材料調達からになりそうなので、こちらは現地に行かないと難しいかも。ぜひ食べに訪れたたいですね!

最後の1軒:目黒「なんちち食堂」のラフテーとフーチャンプルー

常連だけでの乾杯後に行くお店は、足立梨花さんのオススメの目黒にある「なんちち食堂」です。沖縄料理屋の定番料理がほぼ揃っていて足立さんがこの店で好きなメニューがラフテーフーチャンプルーです。

Hayleyさん(@sayhaha)がシェアした投稿

フーチャンプルーだと、ニガウリのゴーヤーでなくて、車麩(くるまふ)をメインに使うので、ゴーヤーが苦手な足立さんも食べれるようになったほど。

人生最高レストランで春風亭昇太が紹介したお店

人生最高レストランで紹介されたお店のスポットです。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!