孤独のグルメ Season7:ソウルで本場のカルビ!韓国焼き肉「終点炭火カルビ」はソウルフードだ!

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

カルビ

孤独のグルメ Season7」の第10話は、前回に引き続き韓国出張です。今回は首都のソウルにて”孤独のグルメ”なお店が紹介されました。

漢南駅(ハンナム)から徒歩で10分ほどの「終点炭火カルビ(Endpoint Charcoal Rib)」です。「チョンジョムスップルカルビ」と読み、ハングルでは「종점숯불갈비」です。

「終点炭火カルビ」で食べる料理は店名から一目瞭然のカルビです。

やっぱり韓国に行ったら食べたいのが本場の焼き肉。日本だと牛肉のイメージがある焼肉は、韓国だと豚肉がポピュラー。五郎さんも「終点炭火カルビ」で豚カルビ(テジカルビ)を堪能!

今回の孤独のグルメは、ソウルフードを満喫です。

第9話 韓国全州の納豆チゲとビビンパ

孤独のグルメ Season7:韓国でビビンバ発祥の全州へ!「土房」のセルフビビンパと納豆チゲで韓国料理を食す
「孤独のグルメ Season7」の第9話では日本を飛び出して韓国へ。韓国の全州...
スポンサーリンク

孤独のグルメ「第10話 韓国ソウルの骨付き豚カルビ」

井之頭五郎(松重豊さん)さんの「孤独のグルメ Season7」の第10話は全州が舞台です。

2日目はソウルにもどって全州(チョンジュ)の報告を終えた五郎さんは、ソウルフードに狙いを定め店探しです。そしてたどり着いたのは一軒の焼肉店が今回の「孤独のグルメ」の舞台となる「終点炭火カルビ」です。

前回も韓国語でのオーダーに苦戦した五郎さんは便乗作戦に出ます。隣客メニューから豚のカルビ(テジカルビ)を注文です。

オーダーに苦戦していた五郎さんが、「終点炭火カルビ」で食べたメニューとは?

スポンサーリンク

本場の韓国焼き肉!「終点炭火カルビ」の骨付き豚カルビ

今回の孤独のグルメは韓国の全州から首都のソウルへ。ソウルは様々な韓国グルメが味わえる街ですが、やっぱり食べたいのが焼き肉!

五郎さんもソウルで骨付き豚カルビをガッツリ食べる模様。今回訪れた「終点炭火カルビ」で出てくるカルビがこちらです。

HYEJIN PARKさん(@obbears)がシェアした投稿

実は韓国で焼き肉といえば、豚肉が一般的です。日本のように牛肉を食べるのが焼き肉というイメージとは少し違っています。そして、韓国の焼き肉は専門性が高いため、鶏・豚・牛と数多く扱うというより、鶏肉専門、豚肉専門、牛肉専門の焼き肉に分かれていたりします。

今回の「終点炭火カルビ」が出てきたかカルビは豚肉で、”テジカルビ”といいますが、鶏肉や牛肉になるとこのように言い方が変わります。

  • 鶏肉:タッカルビ
  • 牛肉:ソカルビ

タッカルビはチーズタッカルビは日本でも人気ある料理ですね。

🍑りょうくん🍑さん(@uryo1111)がシェアした投稿

そして韓国のカルビを食べるときに欠かせないのがハサミですね。

一昔前は料理にハサミを使うのは違和感があるシチュエーションでしたが、今はすっかり当たり前の光景になっていますから、一家に1本の必需品ですね。

サムギョプサルとの違いは?

テジカルビは豚肉のカルビですが、同じ豚肉で日本でも「韓国の焼き肉」としておなじみなのがサムギョプサルです。2つの違いはどこにあるのでしょうか?

簡単に言うと調理法に違いがあります。

  • カルビは、タレに漬け込んだ肉を焼いて食べるもの。
  • サムギョプサルは、味付けしていない肉を焼いて、サンチュに巻いたりヤンニョムジャンというタレなどをつけて食べるもの。

サムギョプサルで特徴的になのが鉄板を斜めにすることですよね。

🐥RUMEMIRU🇮🇹さん(@rumemiru)がシェアした投稿

これにより余分な油が取れてヘルシーな感じになります。

孤独のグルメで五郎さん&久住昌之は何を食べたのか?

今回五郎さんが訪れた「終点炭火カルビ」で注文したメニューがこちらです。

  • テジカルビ
  • サンチュ
  • キムチ3種(ニラ・ネギ・白菜)
  • リンゴサラダ
  • ケジャン(渡り蟹の辛い漬け物)
  • チャプチェ(春雨炒め)
  • わらびナムル
  • もやしナムル
  • 海苔の和え物
  • テンジャンチゲ
  • ごはん(ハーフをおかわり)
  • チャドルバギ(牛バラ肉のスライス)

豪快な大きさの一枚肉!この大きさは日本の焼き肉ではお目にかかれない迫力です。付け合せのおかずたちもバラエテイに富んでいて、いろんな組み合わせを試せて楽しくなってくる。

完食するとおかずのおかわりが出てきてしまうので五郎さんにはめずらしくおかずを残してごちそうさまでした。

そして、原作者の久住昌之さんが注文したのはこちらのメニューです。

  • サムギョプサル
  • 白菜キムチ
  • ケジャン

こちらもおかずがたっぷりです。サムギョプサルとキムチを一緒に食べると最高の味です!

孤独のグルメで紹介されたお店

孤独のグルメ Season7で紹介されたお店を纏めています。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!