“逃げ恥”の大谷亮平に似てる前川泰之のアナザースカイはファッションの街「ミラノ」

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

ミラノ

今回のアナザースカイのゲストは前川泰之さんです。
ファッション雑誌のモデルを務めて、東京以外にも、アメリカやヨーロッパなどの海外ファッションショーでも活動していました。

今は、モデルから俳優に転身をしており、当時大ブレイクした「半沢直樹」やNHKの大河ドラマ「真田丸」にも出演しています。

そんな、前川さんのアナザースカイはイタリアのミラノへ。
ファッションモデルで活躍した地を訪れます。なんとアルマーニと奇跡の再会もあるらしいですよ。ファッションショーの舞台裏も覗けるかもしれませんね。

スポンサーリンク

モデル時代の想い出巡りでアルマーニと再会!
前川泰之のアナザースカイ「ミラノ」

前川泰之さんはどんな人物なのか?
前回の小室哲哉さんのアナザースカイの次回予告を見ると、ファッションモデルの仕事をしていたというのはわかります。

アナザースカイ:ロンドンが小室哲哉の音楽プロデューサーとしての原点、KEIKOとのツーショットも!
今回のアナザースカイのゲストは小室哲哉さんです。 小室哲哉さんといえば、TKですね...

前川泰之の妻はフジテレビアナウンサーの政井マヤ

前川泰之さんのプロフィールについてWikiで調べると、

生年月日 1973年11月26日(43歳)
出生地 東京都
身長 186cm
職業 俳優
配偶者 政井マヤ(2007年 – )
事務所 オスカープロモーション

現在は、ファッションモデルでなく俳優として活躍されています。
有名な作品では、半沢直樹の第2部で田宮基紀役で登場していました。
田宮基紀ではピンとこないかもしれませんが、「タミヤ電気の社長」といえばわかる方も多いのでは?
滝藤賢一さんが演じた半沢の動機である近藤直弼が出向していたところですよね。

最近の作品だとNHKの真田丸にて春日信達役を演じています。
真田丸と言えば、このブログで紹介している「旅するスペイン語」の平岳大さんも武田勝頼役を演じていましたね。

NHKで放送!平岳大が出演する「旅するスペイン語」はグルメ三昧
この秋、NHKで放送されているドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語のヨ...

そんな、前川泰之さんは結婚しているのか?
実は妻は元フジテレビアナウンサーの政井マヤさんです。前川泰之さんと政井マヤさんの2人が結婚したの2007年。その当時は、政井さんがフジテレビアナウンサーだったので彼女の方が知名度あったと思います。
現在は、政井さんもオスカープロモーション所属、夫婦ともに同じ事務所ですね。

逃げ恥の大谷亮平とすごく似てると最近評判

そんな前川泰之さんですが、最近はある人物にそっくりだと言われています。
今や「恋ダンス」で大人気、通称「逃げ恥」といわれる「逃げるは恥だが役に立つ」に出演する大谷亮平さんです。

大谷亮平さんのプロフィールもWikiによれば、

生年月日 1980年10月1日(36歳)
出生地 大阪府
身長 180 cm
職業 俳優、モデル
事務所 アミューズ

2人共モデルという共通点がありますね。背も高いし年齢も近いので見比べるとたしかに似てます。あ、竹野内豊さんもこの2人と似てる。

ここで、大谷亮平さんの活動を調べていると、実は日本ではなく韓国で活動していたようです。韓国で放送されていたダンキンドーナツのCMの評価が高くて、韓国でのドラマや映画への出演が多数です。知名度でいえば、去年までは韓国で圧倒的にありましたが、2016年から日本での活動を初めて、逃げ恥がテレビドラマの初レギュラー出演とのこと。

今、まさに注目の俳優ですね。

前川泰之のアナザースカイ「ミラノ」でどこに行くのか?

ミラノはイタリアの中でも首都ローマに次ぎ第2位の規模を誇ります。
ミラノコレクションがあって、ファッションのイメージが強い街ですが、ドゥオーモと呼ばれる大聖堂や、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」が見られるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会などの観光スポットもいっぱいあります。

前川泰之さんのアナザースカイは、アルマーニとの再会とあるので、ファッションモデル時代に関連したスポットを巡りそうですが、街並みを見るだけでも楽しめそう。

放送回が楽しみです!

前川泰之さんのアナザースカイの放送内容について紹介です。

スポンサーリンク

前川泰之の”アナザースカイ”はどんな内容?

前川泰之さんはさすが元ファッションモデルだけあってダンディです。
中条ちなみさんと並ぶと、彼女が170センチで前川さんが186センチなので2人だけをみると釣り合ってますが、傍から見たら背が高い!
中条さんが19歳で、前川さんが43歳なので親子でも通じるけど親子には見えない。

今回のアナザースカイは、そんな元モデルの前川泰之さんが苦労と経験を積んだ「ミラノ」へ向かいます。
前川さんはトータル10回以上は行っていたそうです。番組ではミラノで挑戦してきた理由や、当時の懐かしい人の出会いや思わぬ幸運などもありました。

前川泰之が味わったイタリアグルメ

まずは、前川さんが”ミラノに来た!”と思わせてくれる場所へ。
それはブレラ地区にある大きなファッションポスターがある看板のエリアで、いかにもファッションの街ミラノらしい。そしてここにオレンジのトラムが走ってくると前川さんとしては”戦いに来た”と感じるようです。

また、懐かしいところだけでなく新しくなったところも13年ぶりだと、やっぱり色々変わっているみたいで、早速腹ごしらえで市場と飲食店が融合したような複合施設「EATALY」を訪れます。


さすがイタリアです。チーズやハムの種類が豊富!
前川さんは「パルミジャーノ・レッジャーノ」を砕いてポリポリ食べるのが好きだそうです。
パルミジャーノ・レッジャーノはイタリアを代表するチーズのひとつで、ハードチーズなので硬いです。普通はすりおろしてパスタなんかにかけたりしますが、この塊自体はすごく高価なため、業者のつくるパルミジャーノ・レッジャーノは銀行で担保になるようですよ。
凄い!担保になるところがなんともイタリアっぽい!

ここで、前川さんはスプマンテと生ハムをチョイス。これは美味しそう!
13年ぶりの本場の生ハムは旨いしか出てこない、いや旨いしか言えねー状態です。

前川泰之のモデル時代想い出の合宿場所へ

前川泰之さんがファッションモデルであった当時は、そんなゆったりした時間もなく質素な暮らしで倹約生活をして2週間を滞在していたようです。

飛行機代と宿泊費を東京のモデルの仕事で貯めて、それを元手にミラノに行ってオーディションを受ける日々。そこでミラノでいくつか仕事をして日本に帰るというハードな生活。
移動でタクシーに乗るなんでありえなくてトラムを使って移動していたとのこと。

トラムは1.5ユーロで安い!

そして当時滞在していたレジデンス「GIUSTI 6」へ。
毎回ミラノ訪問は最初から最後までここを根城にしていたようで、前川さんは13年ぶりの訪問でテンション上がってます!
鍵を開けるときに鍵で”カチャ”を2回鳴らして押して開けるという細かい動作が完璧です。
1R26平米の部屋をモデル仲間たちとシェアして2週間で使っていたようで、1日あたり5000〜6000円の料金のようです。ベッドの感触は当時と変わらないとこのこと。

また2週間近くも狭い宿にいると筋力が落ちるということで、この場所で筋トレをしていたようですまさに合宿生活。また、懐かしさのあまり前川さんは嬉しそうにバスルームを紹介してます。シャワーとすごく小さなバスタブがあります。足を丸めても腰も浸かれない・・・
ここで、当時は必死に挑戦していたんだな。凄いです。

前川泰之の懐かしいピザ屋へ

ここで前川泰之さんが当時良く通っていた「Pizza OK」へ。
看板はほのぼのした感じですが味は絶品とのこと。なんと100種類のピザから選べます。

前川さんチョイスはトマト、モッツァレラ、生ハム、ルッコラ、半熟卵の組み合わせピザです。前川さんはイタリアに来てからルッコラが好きになったようで、本場のルッコラは相当美味しかった模様。確かに番組で見たピザのビジュアルだけで間違いなく美味しそう!

前川泰之がミラノに挑戦しようと思った理由

前川泰之さんはなぜミラノでの挑戦を選んだのか?
そこには有名デザイナーの「ジョルジオ・アルマーニ」が大きく関わります。

彼が1997年にファッションショーを東京で開いたとき、東京モデルの中で前川さんが選ばれました。その時にアルマーニさん本人から次のコレクションに出ないかと誘われたのがキッカケとのこと。

そして、当時のアルマーニさんの会社があった場所に今も同じようにありました。
前川さんがその場でアルマーニさんとののエピソードを語ります。
普段はモデルたちにすごく優しいが、現場にはいい緊張感をみなぎらせることができるオーラや空気感持っている人なんだそうです。
そして前川さんがアルマーニのショー出演3回目の時に忘れられない出来事が起こりました。

2001年秋冬コレクションのトップバッターに前川さんが指名されたのです。
トップバッターはそのシーズンを代表する服をモデルが着るということで、前川さんがメインを務めたことになります。これはすごい経験だったと彼は語ります。
これをキッカケにLANVIN、FENDI、Dolce&Gabbanaなどの名だたる世界的なファッションブランドのモデルを務めていきます。

今回の訪問で、お世話になった御礼を伝えようとアルマーニさんとのアポイントを取ろうとしたところそれは叶いませんでしたが、ここでありえない幸運が!

ロケ中にアルマーニさんと遭遇!

本人もミラクルとびっくりしてますが、アルマーニさんは今ほとんどメディアに出ていないので本当にラッキーだったようです。
そしてびっくりすることに、アルマーニさんからミラノ滞在中に手紙が届いたとのこと。
中身はすごく暖かいメッセージで、人間の器の大きさを感じますし、その気配りが心憎い!

前川泰之のモデルとしてのビックチャンスを何故断ったのか?

ここで前川泰之さんのミラノでのモデル生活を支えてくれた、マネージャーであるマリステッラさんを訊ねて13年ぶりに再会。
当時の思い出話として、前川さんはイタリアが得意でなかったのでマリステラさんとの電話もうまくしゃべれず、毎回事務所に呼び出されていたようです。
その時に、彼は大きな仕事を断って怒られたという話を語っていましたがその理由とはいかに?

断った仕事というのは、Campari (カンパリ)社のコマーシャル。
あのイタリアの大手企業であるカンパリの仕事を?
それをマリステラさんに未だに覚えいてなんだか怖いです。
大谷亮平さんの企業CMのキッカケの話となんだかエピソードは似ていますが選択は違いますね。引き受けていたら、Campari社のインスタグラムにこんな感じで登場していたかも。

Campariさん(@campariofficial)が投稿した写真

しかし何故仕事を断ったのか?
それは前川さんが、30歳で次のステップに行こうという気持ちをもともと持っていたから。
新たな道を挑戦するために、モデルからもともとやりたかった俳優へと転身。
そこに強い決意があったようです。

前川泰之のアナザースカイ「13年ぶりのミラノ」再訪の理由

ただし役者の道は甘くはなくてなかなか芽が出なかった、というか自身でも語っていますが”舐めていた”ようです。役者としてはモデルっぽさが抜けないと言われ続けていたようです。

しかし、モデルの仕事も7~8年経ってやっと自分に向いていることわかった経験から、俳優も同じ期間は最低はやらないといけないという気持ちで役者を続けたようです。
そして39歳の時に演じた「半沢直樹」タミヤ電機社長の役で好評を得てから、前川さん自身もそれまで”役者をやっている”という言葉に引け目を感じていたところ、40代になって堂々とそれがいえるようになった

新しい道で自分の成長に自信が持てたため、初めて前の仕事で戦ってきた場所に戻ってこれた。自分の原点を振り返ることで、挑戦し続けることの大切さと立ち向かう勇気を確認するためのミラノ訪問が前川泰之さんのアナザースカイでした。

今回は、グルメのみでファッションスポットがありませんでした。
穴場のビューポイントやグルメスポットを知れたら良かったな・・・

スポンサーリンク

前川泰之が訪問したスポット

気になる次回のゲストは「篠原涼子」

公式サイトによると、次回のゲストは篠原涼子さんです。
篠原さんのアナザースカイは「台湾」でアイドル時代の想い出の地で原点を振り返るようです。
今では女優のイメージがつよいですが、デビュー当時は東京パフォーマンスドール(TPD)というアイドルグループのメンバーでしたよね。
また、前回のアナザースカイに出演した小室哲哉さんのプロデュースにより「恋しさと せつなさと 心強さと」がダブルミリオンになりました。

アナザースカイ:ロンドンが小室哲哉の音楽プロデューサーとしての原点、KEIKOとのツーショットも!
今回のアナザースカイのゲストは小室哲哉さんです。 小室哲哉さんといえば、TKですね...

正直小室ファミリーからの活躍からのイメージがつよいので原点のアイドルのときはエピソードは気になりますね。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!