マツコの知らない世界:10万台から可能な豪華客船での日本一周クルーズ、でもお手軽ならランチクルーズで決まり!

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

クルーズ

マツコの知らない世界のテーマは、豪華客船です。

3度目の登場となるクルーズライターの上田寿美子さんが、豪華客船の世界を紹介します。

「クルーズ=高い」というイメージがあるのに、さらに豪華客船とつくと庶民にはてが届きそうにありませんが、今回上田さんは、豪華だけど安い客船を紹介してくれるのだそう。

そして日本列島クルーズを恒例の上田さん体当たりリポートで紹介します。

ということで、気になる豪華客船の旅について調べてみました。豪華客船には、なかなか手が届かないけれど、首都圏内のランチクルーズは結構手軽に楽しめますよ!

スポンサーリンク

Contents

「マツコの知らない豪華客船の世界」を調べてみた

今回のマツコの知らない世界のテーマは豪華客船です。セレブな旅の代名詞と言ってもいい豪華客船でのクルーズ旅行。

なかなか庶民には敷居が高いものですが、人生で一度は行ってみたいとお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな今回の番組内容に合わせて、豪華客船や船旅にまつわるトリビアを調べてみました。

大きさはホテル並み!世界最大の豪華客船

現在運航されている豪華客船の中で世界最大のものは、カリブ海をクルーズするハーモニー・オブ・ザ・シーズです。

圧巻の大きさ!

客室数2747室を誇るこの客船はまさに海の上のホテルです。

船内には20種以上のレストランと40店舗もの飲食店があり、なんとロボットがバーテンダーを務めるバーもあるのだとか!

また船上には、海上46mの地点から2本のスライダーが時速15kmで滑り降りるウォータースライダーやロッククライングも楽しむことができ、船に乗っていることを忘れてしまいそうな設備が充実しています。

詳細はこちら

スポンサーリンク

ミッキーやミニーに会える!海の上のディズニーランド

皆さんはディズニーの豪華客船があるのをご存知ですか?

ディズニー・クルーズラインの客船は、船内でディズニーの人気キャラクターに会えたり、ディズニー映画をテーマにしたレストランがあったりと、まさにディズニーづくし。

「ファインディング・ニモ」をテーマにしたレストラン「アニメーターズ・パレット」では、東京ディズニーシーのアトラクション「タートル・トーク」と同じように、壁面のモニターからウミガメのクラッシュが話しかけてくれます。

豪華客船でディズニーワールドへ!家族で楽しめる船の旅

ディズニー・クルーズラインのクルーズ旅行には、家族で楽しむことができる素敵なポイントがあります。

それはスケジュールに、ディズニーワールドでの自由行動が含まれていること!

ディズニーづくしの船で本場のディズニーワールドに行けるなんて、最高の思い出ができること間違いなしですね。

クルーズ情報の詳細はこちら

港といえばヨコハマ!シンボル&重要文化財の氷川丸

横浜の山下公園に常時係留されている氷川丸は、かつてシアトル航路の客船として、太平洋を254回横断した豪華客船でした。

Mayurinさん(@mayurin309)がシェアした投稿

国内外の著名人が利用したことでも知られ、特に知られているのは「喜劇王」チャールズ・チャップリンです。

彼は天ぷらが好物で、1932年の来日時、帰国の際に氷川丸を選んだのは、船内で腕の良い板前による、揚げたての天ぷらを食べることができたためだと言われています。

退役から60年近くが経つ現在でも、横浜の象徴として親しまれている氷川丸。2016年8月には重要文化財に指定され、「日本郵船氷川丸」として一般公開やイベントが行われています。

詳細はこちら

横浜でのランチ&ディナーが楽しめるクルーズ

氷川丸の近くには、ランチやディナークルーズができるクルーズをご紹介します。

せっかく船を見るなら食事もクルーズで楽しんでみませんか?

ベイブリッジを下から通り抜けたり、水面から京浜工場の夜景を楽しめるのはクルーズならではですよ。

スポンサーリンク

ロイヤルウィング

大桟橋から出ている「ロイヤルウィング」です。

中華系のランチバイキングがあって、乗船料を含めて5500円から!

ホテルバイキングから少し背伸びした値段でクルーズできてしまうとはオトク!

公式サイトからでも予約可能ですが、一休を利用しているならポイントが貯まるので一休のレストラン予約がオトクですよ。

一休.comレストランの詳細はこちら

マリーンルージュ

シーバスを運行しているポートサービスの「マリーンルージュ」です。

こちらは氷川丸すぐそばの山下公園からも出港します。その他には、赤レンガ倉庫、みなとみらいからも出発します。ランチは同じく5500円からです。ただしこちらはフレンチ。

公式サイトの詳細はこちら

一休.comレストランの詳細はこちら

マリーンシャトル

「マリーンルージュ」のポートサービスが運行する「マリーンシャトル」です。

こちらは「マリーンルージュ」よりもお手頃なプランでクルーズで、たった3000円でランチクルーズが楽しめます。出発港は、山下公園、赤レンガ倉庫、みなとみらいです。

また、夏限定の浴衣まつりと題した船上ビアガーデンも開催。こちらだと乗船料含めて3500円から!ただし4日間しかないため、予約必須ですね。

一休.comレストランにはプランがないので公式サイトからの予約になります。

公式サイトの詳細はこちら

リザーブドクルーズ

こちらはクルーズをまるごとチャータする形のサービスを提供している「リザーブドクルーズ」です。パーティやウェディングなど特別な時を祝うときにいいですね。

ランチ&ディナーはチャーターするしかないですが、アトラクションクルーズとして横浜の絶景スポットを回るクルーズサービスも提供しています。

こちらも公式サイトからになります。

一休を使っているならアトラクションクルーズは一休.comレストランから予約可能です。

セレブな旅にぴったりのハイブランド!ルイ・ヴィトンの秘密

さてクルーズといえば関連性の高いのがルイ・ヴィトンなのです。

モノグラム・ラインで有名なルイ・ヴィトンは長年にわたり上質なトランクを作り続けています。

そしてこのトランクに、船旅に関する有名なエピソード「ヴィトンのカバンは水に浮く」を生み出したのです

ルイ・ヴィトンが旅行用トランクを作り始めたきっかけ

実は創業者のルイ・ヴィトンは、元々荷造り用トランクの職人でした。

彼は自ら旅をする中て、機能的なトランクのアイデアを思い描き、当時主流だった丸い蓋ではなく、積み上げやすい平らな蓋のトランクを作り上げます。

年々進化を重ねたそのトランクは、あのタイタニック号の沈没事故で「海から引き揚げたヴィトンのトランクの中には、水が全く入っていなかった」という伝説を生むに至ります。

真偽の程は定かではありませんが、かつてルイ・ヴィトンのトランクは水に浮いたそうです。
今はわかりませんが、せっかくのヴィトンにそんなチャレンジはおいそれとはできません…

でも、ヴィトンがいかに旅行向きの商品を世に送り出してきたかが分かるエピソードですね。

これぞ逸品!ルイ・ヴィトンが生み出した究極のトランク

これまで数々の名作を作り上げてきたルイ・ヴィトン。その中で特筆すべき商品がワードローブトランクです。

トランクと呼ぶにはあまりにも大きいこの商品は、まさに持ち運べるクローゼット。
向かって右側には6段の引き出し、左側のカーテンの後ろには18本のハンガーが備え付けられています。

長期の船旅を想定して作られたそうですが、世界中のどんな場所でもおしゃれにこだわる方には、とても心強い旅のお供となることでしょう。

スポンサーリンク

クルーズ旅行に行ったつもりになれるテレビ番組!

なかなか縁がないクルーズの旅。でもテレビでそんなクルーズ気分を味わうことは可能です。

BS-TBSで放送されている「極上のクルーズ紀行」は、国内外の豪華客船でのクルーズ旅行を紹介する、庶民にありがたい番組。「マツコの知らない世界」と同じ系列ではないですか!

BS-TBS 「極上のクルーズ紀行」
BS-TBS 「極上のクルーズ紀行」の公式サイトです。ディズニー・クルーズをはじめ、世界各国の極上のクルーズ旅行を、高橋克典がご案内。

また毎週のように放送している番組だと「世界の船旅」ですね。

BS朝日 - 世界の船旅
BS朝日の紀行/ドキュメンタリーのジャンルの世界の船旅のページです。番組内容についてご紹介します。

船旅を最初から最後まで、船内の設備やグルメ、そして客船からの景色や寄港地の様子などを交えて、クルーズ旅行の楽しさを丁寧に伝えています。
また、高橋克典さんの落ち着いたナレーションも映像の素晴らしさに華を添えています。

スポンサーリンク

「マツコの知らない豪華客船の世界」

調べれば調べるほど行きたくなる豪華客船の旅。今回のテーマは『日本列島クルーズ!』
豪華客船の日本一周に、3度め登場の上田寿美子さんが体当たりレポートです。

また、日本の豪華客船「にっぽん丸」「ぱしふぃっくびいなす」「飛鳥II」に乗船している、上田さん推薦のイケメン船員さんが続々登場。

そのイケメンぶりにはマツコさんもメロメロらしい!

イケメン船員さんオススメの「この時期から乗れる極上クルーズ」や、上田さんオススメの「極上リバークルーズ」も紹介です!

スポンサーリンク

驚きの10万円台!海外の豪華客船で行く日本一周クルーズ

2020年の東京五輪に向けて、世界の豪華客船が続々日本列島クルーズに参入!
上田さんが今回紹介するのは、アメリカのセレブリティクルーズの客船である、セレブリティ・ミレニアムで行く春の日本一周クルーズです。

横浜

長崎

釜山(韓国)

新潟

青森

仙台

横浜

このような日程で、今回も上田さんが実際に乗船してリポートします。

詳細はこちら

追記

魅力的なクルーズについて興味を持ったので調べてみると10万以下のプランを発見!

日本一周クルーズが10万以下で行ける?2017年内に間に合うオトクなプラン!
今や海外旅行に行くのは当たり前となりましたが、旅の目的地へどうやって向かいます...

豪華な船内で乗り込んだ瞬間からセレブ気分を満喫!

乗船するとすぐにいただけるのがウェルカム・シャンパン。
大階段が印象的なエントランスホール「グランド・フォイヤー」に流れる歓迎の曲は、なんと生演奏です。

上田さんお気に入り!バカンスにぴったりの船内設備

上田さんが案内するお気に入りの場所はルーフトップテラス。太陽の下でゆったりと映画を楽しむことができます。
また、屋内プールのソラリウムは海水を使っており、泳いだ後はジャグジーで一休み。まさに至れり尽くせりですね!

リーズナブルなお部屋も!乗船料金はいかほど?

豪華客船といえば、乗船料金が高いというイメージがありますが、このセレブリティ・ミレニアムの場合は、最も人気の海側バルコニー付きのお部屋が8泊9日で15万円です。。

1泊あたり1万8750円とは、標準的なホテルとほとんど変わりません!

しかもこの客船は、食事代も乗船料金に含まれています。
最もハイグレードなお部屋は133平米のペントハウススイートだと乗船料金は約100万円です。

宿泊プランを調べてみる

船内での料理は食べ放題!

前述のとおり、食事代も乗船料金に含まれているセレブリティ・ミレニアム。
メインダイニングのお料理は全て3つ星シェフが監修。主菜も副菜も好きなものをいくつでも食べられます!

ビュッフェレストランの品揃えも豊富。その場で作ってくれるお料理もあります。
船内には人気のカクテル・マティーニ専門のバーも。

カウンターが凍っているという珍しい趣向で、凄腕のバーテンダーがかっこいいパフォーマンスを見せてくれます。

決して飽きさせない!盛りだくさんの船内イベント

豪華客船の旅はずっと海の上で退屈…そんなイメージはありませんか?

セレブリティ・ミレニアムではいろんな船内イベントが開催されています。

南米生まれのエクササイズ・ズンバのレッスンを受ければ、ご馳走ばかりの毎日でもカロリーの心配はいらないかも。
プロのステージを観たくなったら、1000人収容の劇場「セレブリティ・シアター」へ。
連日ショーが開催されています。

豪華客船の旅で一番不安?ドレスコードもノープロブレム!

海外旅行でもそうですが、豪華客船の旅でも気になるのがドレスコード。
セレブリティ・ミレニアムはそこも安心!

フォーマルを廃止して、カジュアルななイブニングシック制を導入しています。
セレブリティクルーズの公式サイトによると、イブニングシックの目安はこちら。

  • 女性:カクテルドレスや、スカート・パンツ・デザイナーズジーンズなどにエレガントなトップス。
  • 男性:パンツ・デザイナーズジーンズなどに、ドレスシャツ・ボタンダウンシャツ・セーターなど。

さらにブレザーや、スポーツコートなカジュアルな上着を合わせるのもおすすめとのこと。
これなら安心して旅を楽しめますね!

日本船のイケメン船員が紹介!今年のオススメツアー

世界に誇る日本の豪華客船といえば、飛鳥Ⅱにっぽん丸ぱしふぃっくびいなすです。今回は各船代表のイケメン船員さんが、今後実施されるオススメのクルーズを紹介します。

スポンサーリンク

にっぽん丸で北海道へ!絶景と絶品料理でおもてなし

にっぽん丸のゼネラルマネージャーである川野さんがオススメするのは、知床・利尻・礼文などの雄大な景色を楽しめる飛んでクルーズ北海道です。

小樽

利尻島

羅臼

小樽

もしくは

小樽

礼文島

羅臼

小樽

という日程。

このクルーズでは、海からしか見られない知床の絶景や、利尻島・礼文島の豊かな自然を楽しむことができ、船内では北海道の食材を使った絶品料理も味わえます。

このプランの詳細はこちら

ぱしふぃっくびいなすで屋久島と福江みなとまつりを堪能!

ぱしふぃっくびいなすの二等航海士・関谷さんがオススメするのは、世界遺産&島のお祭りを巡る 福江みなとまつりと屋久島・佐世保クルーズです。

横浜

屋久島

福江(五島)

佐世保

横浜

という日程です。世界遺産の屋久島を海から見ることができるこのクルーズでは、五島最大のお祭り・福江みなとまつりも堪能。

花火大会は船から鑑賞するので、とても迫力があります。

詳細はこちら

初日の出は「飛鳥Ⅱ」で!南のリゾートで贅沢な新年を

飛鳥Ⅱのショップマネージャー・澤井さんがオススメするのは、海の上から初日の出を拝めるニューイヤーサイパン・グアムクルーズ

横浜

サイパン

グアム

横浜

年末年始を船の上で過ごします。なんといってもサイパン・グアムの美しい海を楽しめる!

船上でのカウントダウンパーティーもにぎやかで、豪華なおせち料理も味わえる、楽しいクルーズです。

詳細はこちら

雪のヨーロッパを行く!絶景!ドナウ川クルーズ

再び上田さんが実際に乗船してリポートするのは、クリスタル・モーツァルトで行くドナウ川クリスマスマーケットクルーズ

今人気のリバークルーズは、海を行くクルーズと違って、船が揺れないので酔うことがなく、レストランやカフェも落ちついた雰囲気なのが特徴。このクルーズではタキシードも不要です。

クリスタル・リバークルーズについて

スポンサーリンク

全室がスイートルーム!優雅なクルーズの乗船料金は?

77部屋の客室のうち、最もハイグレードなお部屋は30.6平米のペントハウス。10泊11日の乗船料金は約62万円! 1泊あたり約6万2000円です。ただしこの客船は全室がスイートルーム。

乗船料金には酒代も含まれています。各部屋にあるiPadでテレビの操作やルームサービスを注文することができ、日本人には嬉しいウォシュレットも完備。これなら快適な旅が楽しめますね!

メインは最大9つのクリスマスマーケット巡り!

この旅の日程はこちら

ウイーン

メルツ

リンツ

パッサウ

フィルスホーフェンアン・デア・ドナウ

ブラチスラバ

ウイーン

オーストリア・ドイツ・スロバキアを巡るこのクルーズ。

メインイベントは、各地で開催されているクリスマスマーケット巡りです。
クリスマス用の飾りを販売しているところですが、会場ではソーセージやホットワインなどのグルメも楽しむことができます。

無料の寄港地ツアーも多く、寄港地ではバスが待機しているのも魅力の一つです。

最後の訪問地ウイーンで感動のクライマックス!

ドナウ川河畔の各地に寄港した後、最後に訪れたウイーンでは特別な体験が待っています。
それはベルヴェデーレ宮殿での貸し切りコンサート!

さすが船名にモーツァルトの名が入っているだけのことはあります。さらに上田さんはミシュラン1つ星レストランのル・シエルへ。

実はこのクルーズでは、期間中1回ミシュランの星付きレストランで食事を楽しむことができるのです。

スポンサーリンク

まとめ

庶民には縁遠い存在とおもわれていた豪華客船が10万円台から楽しめるとは驚きです。

いつかは行ってみたい旅が、実は身近ですぐにでも体験できるのでクルーズで忘れられない素敵な思い出を作ってみませんか?

それには、まずはクルーズ情報を集めることが大事です。

ちょうど隔月刊「CRUISE」で「まだ間に合う今年の日本発着クルーズ」として3つの船によるクルーズが特集されています。

どれも見ていたら素晴らしい旅が楽しめそうでクルーズに行きたくなります。クルーズの旅は今までの旅とは全然違う思い出や体験ができるのは間違いない!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!