マツコの知らない世界:ぽん酢の世界でこれまでのイメージが変わる!醤油、塩、味噌、ぽん酢の絶品アレンジ料理

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

ポン酢

今回のマツコの知らない世界「ポン酢」です。
ポン酢といえば、今や家庭の冷蔵庫に常備されている調味料のスタメンですね。そんなポン酢に注目して、今回は案内人の藤島琴弥さんがその魅力を紹介します。

「こんな料理にも使えるんだ!」

驚きのポン酢料理の登場で、これまでのポン酢のイメージが覆されること間違い無しです。

今回はそんなポン酢の世界を知るべく、ポン酢命名の由来や、最強のパートナーで大根おろしとの組み合わせについて調べてみました。

番組内容は『マツコの知らない「ポン酢」の世界の放送内容』で紹介します。

スポンサーリンク

Contents

マツコの知らない「ポン酢」の世界を事前に調べてみた

ポン酢は、今は万能調味料として家庭に欠かせない調味料。鍋のつけだれに、茹でた肉や野菜にかけたり、醤油の代わりに使うのも美味しいです。

でも、改めて考えるとコイツを説明するのって結構難しい…

今回はマツコの知らない世界では、10年間 毎日ポン酢に追われる?藤島琴弥さんがその魅力を紹介してくれます。

「ポン酢」の名前の由来は?

ポン酢って改めて聞くと、結構クセのあるネーミングですが、なぜ「ポン酢」と呼ばれるのかご存じですか?

実はオランダ語で「かんきつ類の果汁」という意味の「ポンス(pons)」が語源なのだそうです。この「ポンス」の「ス」に日本語の「酢」を当てて名付けられたのが「ポン酢」なのですね。

なんて素晴らしいネーミングセンス! 名付け親は天才としか言いようがありません。オランダ由来とはこれまた意外でした。

スポンサーリンク

ポン酢以外にかなりある、海外由来の日本語たち

日本語だとばかり思っていた食べ物の名前が、実は外国語から来ていた…というケースは他にも数多くあります。

同じオランダ由来だとカステラなんかは有名です。それ以外だとコロッケはフランス語の「クロケット(croquette)」が語源ですよ。

意外なところは金平糖ですね。海外由来です。ポルトガル語で「球状の菓子」を意味する「コンフェイト(confeito)」が語源なのだとか!

あと、これはイメージ覆されますが、天ぷらも実は日本じゃないのです。諸説ありますが、ポルトガル語やスペイン語、はては中国語まで。

こういうのって気になって調べると面白い世界。

みんな知ってるあのポン酢!それにはこんな誕生秘話が…

誰もが知る国民的ポン酢といえば、ミツカンの味ぽんなのではないでしょうか。

人によっては「ポン酢」のことを「味ぽん」とい呼ぶ人もいるのでは?
これは、”ホッチキス”と”ステープラー”みたく商品名のが一般化してしまったケースと近い。

そんな「味ぽん」とミツカンのポン酢は1967年の発売以来、食卓で親しまれています。

この味ぽん、元々当時の社長・7代目中埜又左工門が博多で博多風水炊きを食した際、この店のポン酢に感動し、家庭でもこの味を楽しんでほしいという思いから生まれたものだったそうです。

ちなみに「味ぽん」という商品名は、ポン酢に醤油を加えた「味つけポン酢」を略して名付けられたものです。

現在ではパッケージに、味ぽんと合わせるとオススメな料理が記載されていますよ。
「ぎょうざ・冷奴・サラダ・目玉焼き・焼魚・冷しゃぶ」と書いてあるように、庶民的な料理との組み合わせを提案。

また最近は量の調節がしやすい「ちょいかけボトル」の味ぽんも発売されています。

こちらは通常の味ぽんと違って「押すと出てくる」タイプの味ぽんです。
味ぽんは、ゆず果汁を使ったゆずぽんや、ごまがたっぷり入っているごまぽんなどの種類も発売されていますよ。

ポン酢最強の相棒!大根おろしの効果を探る

ポン酢に合う薬味といえば、皆さんは何を思い浮かべますか?

いろんな薬味がありますがやっぱり「大根おろし」ではないでしょうか。
大根の旬は冬ですが、夏もピリッとした風味を感じて、ポン酢と絶妙の組み合わせ。

この大根おろしって、体にとってもいい薬味なのです。

大根にはジアスターゼやアミラーゼといった、消化を助けてくれる酵素が含まれています。
ただし、ジアスターゼは熱に弱い特徴があります。こいつを摂取するのに最も向いている調理法が生のままでおろすこと。

大根おろしをポン酢に入れたり、料理に添えたりするのはとても理にかなっているのです。

また大根おろしといえば、真っ赤な「もみじおろし」です。
こちらの作り方は、こちら

  • 大根に箸などで穴を開ける
  • 開けた穴に唐辛子を差し込む
  • その大根をおろす

そんな作り方をしてたんだね。気づかなかったよ!

そして効能は、唐辛子に含まれるカプサイシンに、食欲増進や脂肪燃焼の効果があります。
もみじおろしは食欲を増進し、消化を助けてくれるというダブルの良さがありますよ。

大根おろしがめんどい人向けのオススメポン酢

ただ大根おろしって結構面倒くさいですよね。そんな手間を解消してくれるアイテムがちゃんと売られていますよ。

ヤマサ醤油のヤマサおろしぽん酢は、しゃっきりとふんわりの2種類の大根おろしが入っています。

これさえあればお鍋は勿論、おろしハンバーグも手軽に楽しむことができますよ!

スポンサーリンク

ちゃんと大根をおろしたいという方には、道具にはこだわるべし

一方で「絶対自分でおろす!」という人には、道具にこだわってみてはいかが?

おろし金一つでフワフワからシャキシャキまで味がかわりますので、好みの食感を目指して道具を選ぶのも楽しいですよ。

フワフワの大根おろしなら「銅おろし金」で

フワフワなら料理人が愛用する「銅おろし金」がオススメです。
片面が大根おろし用、もう片面が薬味おろし用になっているのですが、薬味用で下ろすとフワフワなおろしができますよ!

シャキシャキの大根おろしなら「鬼おろし」で

昔からあるおろし器の「鬼おろし」を使うと大根の風味がちゃんとあってシャキシャキ感は抜群!

関西鍋のスタメン!マロニーちゃん

ポン酢があう料理といったらやっぱり「鍋」ですよね!

ポン酢誕生秘話でも紹介したミツカンの元社長をも感動させた博多風水炊きで、キッカケはやっぱり鍋です。そんな鍋でオススメの具材とは?

もちろん野菜やお肉なんかは当然ですが、関西では定番の具材がありますよ。
それが「マロニー」です。

中村玉緒さんが「マ~ロ~ニーちゃん♪」と歌うCMでもおなじみの商品ですね。

博多の水炊きを食べて、その濃厚さに驚き「我が家の水炊きと違うな」と思った方いませんか?

その場合は、昆布だしで具材を煮込む関西風の水炊きですね。そして、この関西風水炊きの具材としてにマロニーが定番になっています。

マロニーとは、じゃがいものでんぷんで作ったはるさめです。こいつもポン酢との相性抜群ですね。

このマロニーの凄いところはいくら煮ても溶けないところ!

具材を入れながらゆっくり食べる鍋にはもってこいの具材ですね。しかもマロニーは、糖質の吸収が緩やかな低GI食品ですのでダイエットにぴったりです。

GIはグリセミック・インデックスという、食後血糖値の上昇度を示しますよ。ダイエット向きでも、くれぐれも食べ過ぎにはご注意を。

マツコの知らない「ポン酢」の世界の放送内容

今回のマツコの知らない世界は、10年間365日ポン酢を食べているという藤島琴弥さんがオススメのポン酢を紹介

藤島さん曰く、ポン酢はスピードが命とのこと。

柑橘の果汁が使われているので、開封すると時間が経つごとに酸化して酸味が強くなってしまうのだそうです。

今回はこれまでに1000種類以上のポン酢を食べた藤島さん。

厳選の絶品ポン酢と、それを使った超簡単な絶品ポン酢料理を紹介します。

料理のバリエーション100種類以上!藤島琴弥のポン酢生活

自宅の冷蔵庫や棚にポン酢を常備している藤島さん。
普段の料理作りにもポン酢を愛用しています。

スポンサーリンク

朝飯:卵かけご飯にはセゾンファクトリーの極・ぽん酢

まず朝食に使うのは、セゾンファクトリーの極・ぽん酢。

コクのある出汁と爽やかな柑橘のバランスに優れたこのポン酢を、藤島さんは卵かけご飯にかけます。
醤油をポン酢に変えれば、柑橘風味でスッキリした味わいに変わるのだとか。

昼飯:「贅沢なぽん酢」で作る炒飯

昼食に使うのは、ミエマン醤油西村商店の塩ぽん酢と、茅乃舎の柑橘つぶぽん酢(季節・数量限定商品)です。
カブを薄くスライスして塩ぽん酢で5分浸し、カブの塩ぽん酢漬けを作ってから、そのぽん酢を同じ薄くスライスしたトマトにかけて、ドレッシングとして再利用。

わかめスープにはマルカン酢の「贅沢なぽん酢」を(大さじ2)を加え、ゴマを加えます。

チャーハンも塩こしょうを使わず、梅谷醸造元のぽん酢しょうゆと、先程も登場した茅乃舎の柑橘つぶぽん酢で味付けして、ぽん酢づくしのランチが出来上がり。

ぽん酢で健康になった?

試食した藤島さんのご主人は、料理の味付けにポン酢が使われていることで、摂取する塩や醤油の分量が減少。
その結果、高血糖だったのが平均値まで回復したそうです!

ポン酢は体調管理にも使えるヘルシー調味料だったのですね。

これはアリ?ポン酢トースト

更に藤島さんがスタジオで紹介したのがポン酢トースト!
トーストにマーガリンを塗り、その上に旭食品のゆずづくりジュレをのせるだけです。

トーストにもぽん酢。未体験ゾーンに突入した感じ。

マツコが選んだ卵かけご飯のぽん酢は「はつかりぽん酢しょうゆ」

ここでマツコさんがポン酢卵かけご飯を試食。
藤島さんが選んだのは、松本醤油商店の「はつかりぽん酢しょうゆ」です。
2年間発酵熟成させた醤油に、出汁・柑橘を合わせた酸味控えめのまろやかポン酢です。

通販で買える!全国ご当地ポン酢&超簡単アレンジ料理

藤島さんが「この子達とは一生離れたくない」と思っているほど、愛してやまないご当地ポン酢。
ここからはそんな千差万別の絶品ポン酢と超簡単なアレンジ料理を紹介します。

石川県:カネイシのいしりぽん酢

イカを蔵で1年半熟成し、出汁に魚醤の持つコクと柑橘(柚子・すだち・リンゴ酢)の爽快さが融合したポン酢。
藤島さんはこのポン酢を使って炊き込みご飯を作ります。
レシピはポン酢100cc・水260cc・米2合を炊飯器に入れて、具材と一緒に炊くだけ!
試食したマツコさんは「魚のアラで出汁とったみたい。美味しい」とコメント。

島根県:浜田の海で生活する会の「浜守の塩ぽん」

島根県浜田市の現役ライフセーバー達が全て手作業で生産している塩ポン酢です。
日本海の海水をくみ上げて塩を採取し、藻塩の持つまろやかさとほどよい酸味が持ち味。

かつお節・昆布・乾椎茸の出汁が使われているこのポン酢をマツコさんは「ドレッシングみたい」と形容します。
そのためか、藤島さんが作った、マヨネーズ・ポン酢を混ぜるだけの塩ぽん酢ポテトサラダも高評価。
マツコさんは瓶を手にして「これは持って帰ります」とお気に召した様子。

福島県:塩に続いて味噌がベースの「会津天宝みそポン酢」

今度は味噌を使ったポン酢。米みそ・ゆず果汁・玉ねぎ・唐辛子などの原材料で作っています。
藤島さんはこのポン酢と水を1対1の割合で、約25分煮込むだけのみそポン酢の手羽煮を披露。
ここまで来るとぽん酢の可能性は無限大になってきますね。

京都府:七味屋本舗の黒豆をつかった「黒豆ぽん酢ゆず仕込み」

続いては京都でここから醤油ベースの正統派に。
高級食材として知られる丹波の黒豆を使用し、極上のまろやかな口当たりが特徴。
釜玉うどんにかけて食べたマツコさんも「全然ツンとしない」とコメントします。

和歌山県:醤油発祥の湯浅町にある金山寺味噌醤油醸造の「特撰すだちポン酢」

藤島さんが「私の人生を変えた1本」と第1位に選出したぽん酢。
このポン酢はすだち果汁の程よい爽やかさと、出汁の旨味が凝縮されているのが特徴。

藤島さんはインスタント麺のアレンジに使います。
付属スープを半分だけ使って、ポン酢を25cc加えてラー油とブラックペッパーで仕上げた「すだちポン酢ラーメン」。
試食したマツコさんは「酸辣湯麺だね。本格的な味する」と評価。美味しそうに麺をすすります。

ふるさと納税で手に入れることができるので、是非トライしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

今回のポン酢の世界ですが、スタジオにはたくさんのポン酢が大集合して、マツコさんがポン酢を使った様々な料理を食べまくり。

さすがはポン酢に追われている藤島さん、うどん・サラダ・炊き込みご飯・煮物など、意外な料理ばかりでした。

ポン酢の新たな可能性を感じます。
醤油ベースだけではなく、塩や味噌をベースにしたポン酢もいろいろ出回っている今、好みのものを見つけてポン酢をフル活用してみませんか?

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!