アナザースカイ:KAT-TUNの中丸雄一がハワイのイラストを披露

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

ハワイ

今回のアナザースカイのゲストはKAT-TUNのメンバーでタレントの中丸雄一さんです。
KAT-TUNは、デビュー当時は6人居たメンバーも今は半分になって3人になり、今年の5月から充電期間に入リました。
そんな、中丸さん、いや中丸くんのアナザースカイは「ハワイ」です。
なぜこの地を選んだのか?それは、彼のKAT-TUNとしての活動とも結びつきが深い想い出の地だからです。そんな想い出の地を彼が選択した理由や気持ちが番組内で語られます。

スポンサーリンク

KAT-TUNや中丸雄一自身を振り返るための原点の「ハワイ」へ

中丸雄一さんといえば、個人活動で『シューイチ』やっていたりと、音楽活動以外にバラエティでの活躍もあるので、KAT-TUNを知らなくても彼を知っている人は多いのではないでしょうか?
事実、年配の人からも声をかけられることも多いんだとか。本人曰く完全に孫扱いしてもらってるような可愛がられかただそうです。
そんな中丸くんのアナザースカイは「ハワイ」です。では、アナザースカイのはじまりです。

中丸雄一がハワイの懐かしスポットを巡る

ハワイの地に降り立ち、中丸くんは、初めて訪れた時のハワイの思い出を振り返ります。
17年前に初めて訪れたときは、何もかもが刺激的だったこんなキレイな景色で楽しい場所があるのかと思ったそう。

その以来、何度か訪れているようで、4~5年前には、テゴマスの増田貴久さん(まっすー)といったようです。しかも、バスツアーに参加して一般の人と一緒だったということでびっくり!
ちなみにそのツアー参加者は他に10組ぐらいたらしいですが、全部新婚さんという状況。

まず最初に訪れたのは、アラモアナセンター内にあるゲームセンター「JUNGLE FUN」です。

ここのゲームセンターはシステムがユニークで、メダルを使ってチケットをゲットして、
そのチケットと景品を交換できる仕組みです。チケットじゃなくてメダルで交換したらいいんではないかと思いつつも、メダルだけ買って交換するということをできないようにしてるんですね

ちなみ中丸くんは今回のゲームプレイでミラクルを起こします。なかなか当たらないはずの大金チケットをゲット。持ってますね!
トータル2617チケットを獲得して、ビリヤードゲームと交換です。

お次は懐かしの味のハンバーガー屋「TEDDY’S Bigger Burgers」さんへ。
撮影で使わせてもらったお店らしいですね。当時の記事があって若いです。
本人も懐かっています。そして、久しぶりのハンバーガーを頬張る中丸くん。

「変わらない美味しさ」と言いつつ、「懐かしすぎて味は覚えてない」と素直に言っちゃう感じが、また好感もてますね。

中丸雄一の芸能界入りの意外なキッカケと結婚相手の条件は?

ここでスタジオトークに戻ります。
中丸くんの芸能界デビューのキッカケは中学校の同級生の3人組女子がジャニーズ事務所に応募したのがキッカケだったとか。しかも、それまで会話したことない女のコだったというのがすごい。その女子達のおかげと本人も言っているくらいターニングポイントだったと本人も話しております。ちなみに、その3人はライブに来たことあるようですね。

ちなみ中丸くんも33歳になって、結婚願望はあるみたい。
どんな人が好みがあるのか?
本人は、尊敬できる部分がある人が好みで、協調性が強い人が良いみたいです。
例えば、バスタオルのたたみ方やドライヤーのコードの状態について細い喧嘩をしたくないと言ってました。すかさず独身貴族の今田さんが「女の人寄ってこない」とコメントしていました、たしかに、突っ込んだ本人が潔癖キャラですから、気持ちがわかるのかも。

中丸雄一がジャニー流ステーキでスタッフをもてなす

さて、番組はロケに戻リます。場所は何やらスーパーマーケットの模様。
「ステーキを再現したい」と言っていますが、どういう意味なのか?

どうやら、ジャニーさんがスタッフの労をねぎらうために分厚いステーキを振る舞ったことがあるようで、同じことをしたいみたいです。
材料を調達したらいざ調理へ。ステーキの味付けはシンプルに塩コショウだけで、焼き加減も良い感じです。

スタッフ5人分を中丸くん1人で作ってもてなし大好評です。
中丸くんが、自分で料理を作るようになって気付いたことは、料理を喜んで食べてもらえることの嬉しさ。KAT-TUNでは亀梨さんが料理をよく作るみたいで、みんなが喜んでたべているときにするそんな表情の気持ちがわかりだしたようです。
みんなが美味しく食べてくれれば、料理を振る舞うのが楽しくなりますね。

中丸雄一の海外初感動のハワイのビーチへ

中丸くんは17年前に、初めてハワイを訪れた時のビーチ「ワイマナロビーチ(Waimanalo Beach)」へ。
ここは、2015年の全米べストビーチの第1位にも選ばれた絶景のビーチでございます。

昔と変わらず海が綺麗で、人生で初めて海外で感動した場所とのこと

ここから、アナザースカイの地でハワイを選んだ理由を語ります。
中丸くんは、ジャニーズに入り3年でKAT-TUNのメンバーに抜擢され、何度も単独ライブを敢行してデビュー前にも関わらず会場をのチケットを売り切っていました。いわゆる、モンスターグループで、今後が期待されていた状態です。

しかし、そんな状況にも関わらず、なかなかCDデビューできなかったようです。
業を煮やしてジャニーさんに亀梨さんと一緒に直訴したというようです。想いがあったから凄い行動力ありますね。そこで、ジャニーさん焦らずに頑張ればいいと言われ、結成から5年でついにCDデビュー!

デビューCDがいきなりミリオンセールスを突破し、その後26作連続でオリコン1位という記録を残し、その活動は華々しいものでした。
しかし、メンバーが相次いで脱退するなどKAT-TUNのグループ内情については、悩みが尽きない状況でもあったようです。中丸くん本人も、”理想とする1年はなかった”と語っています。そして、デビュー10周年で思わぬ節目の形として「充電期間」を迎えました。

中丸くんは、グループ内の色んな事情があったにせよ充電期間に入ったのは、応援してくれてるファンに対してのけじめをつけたいという気持ちがあったようです。
そんな苦渋の決断をした今年に、原点であるハワイに引き寄せられたと語ります。

中丸くんにとってハワイは「考える場所」なんだそうですが、自身の原点を振り返りたいときや悩んでいる時に訪れたい場所なんだと思います今は原点に戻って自分やKAT-TUNを見つめ直すそういったタイミングなと考えているのかもしれないですね。

充電期間は、自分を磨くためにイラストやビートボックスに加えて、新しく経験することを再開後のKAT-TUNで活かしていきたい強い思いを持っていました。
ここが彼のアナザースカイ「ハワイ」でした

どうしても訪れたかったあの場所へ

中丸くんが最後に訪れたのは、日米の歴史が詰まった「戦艦ミズーリ記念館」。
1945年にこの船の甲板で日本の降伏文書調印式が行われた歴史的に重要なモノです。

現在は記念館として一般公開されていますが、なぜこの場所へ?
中丸くんは物心ついたときから戦争や平和といったテーマに興味があったようで、今を大切に生きるために歴史をちゃんと学びたいそんな気持ちがあるようです。
歴史に学ぶことは、書面だけになりがちですが、可能ならところは実際の現地に行くと感じるものが多いのというのは納得です。

そして今回の旅の思い出をイラストとして残します。
写真をベースにイラストを作るんですが、パソコンを駆使して作っていきます。
制作期間は3日間。気になる完成品はスタジオで披露されました。

披露された作品はイラストとは思えないほど緻密でまるで写真みたい。
パソコンでの制作過程を見ていると。ここまでのクオリティに仕上げるのに3日しかかけてないのは凄い!と感じました。
また、パソコン自体のできることの可能性もすごくあるんですよね。
う〜、Macが欲しくなってきた

ただ、このイラストには中丸くんの気に入らないポイントがあるようで、撮った写真の天気が悪かったため、完成のイラストがハワイでなく国内っぽくなってしまったこと。
今田さんが「日本海、ここで坂本龍馬が歩いていてもおかしくない」と突っ込んでましたね。
言われてみれば確かに!

中丸雄一さんが訪問したスポット

テレビで紹介された中丸雄一さん訪問のスポットをまとめています。ハワイ観光にオススメ

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!