クアラルンプール名物でここだけ?長さ1mパン「ロティ・ティシュ」

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

クアラルンプール

今回のにじいろジーン世界ピカイチ☆ツアーでは、人気都市のマレーシアの首都クアラルンプールです。温暖な気候や物価などからもリタイア後に住みたい街として注目を集めています。

今回はそんなクアラルンプールの観光スポットとグルメを紹介します。勢いのある街はどちらも迫力満点でした。またマレーシア第3の都市で美食の街としても名高い「イポー」にも足を伸ばします!

スポンサーリンク

スリル満点の新名所「スカイ・ボックス」とは?

東南アジア屈指の近代都市として知られるマレーシアの首都クアラルンプールは「KL」という呼び名で親しまれています。

そんな街のシンボルには「ペトロナス・ツインタワー」や「KLタワー」などの高層ビルが建っていて、今回は、パイナップルをイメージした展望ドームを持つ「KLタワー」へ。

421mの高さを誇るこのタワーの展望台からは、様々な高層ビルが立ち並ぶクアラルンプールの絶景を一望できますが、イチオシは昨年オープンしたばかりのユニークな展望スペース「スカイ・ボックス」。このガラス張りのボックスは空中にせり出した展望スペースで、床が透明になっています!

まるで宙に浮いているかのような体験は、世界ふしぎ発見で紹介された中国の「広州タワー」のゴンドラと一緒でスリル満点。地上からおよそ300mの高さから絶景を見るには、勇気が必要ですね。

中国のパワースポット「広州」と「昆明」はグルメや観光も一味違う!
TBSで放送される今回の「世界ふしぎ発見!」は「ダイナミック・チャイナ!14億...

長さ1mのパン「ロティ・ティシュ」

小腹の空いたジーンちゃんは、ユニークな軽食があるインド系のローカルレストラン「カユ・ナシ・カンダー(Kayu Nasi Kandar)」に。そこで見たものは「ロティ・ティシュ」というおよそ1mの大きなパンです。なんとこれで270円なんです!

一晩寝かせた小麦の生地を紙の薄さぐらいに伸ばし、砂糖と練乳をかけて油で焼くシンプルなもの。存在感ばっちりの大きなパンで、オーナーが他ではマネできないために作りたかったのだとか。

その他に「ファット ベイビィ アイスクリーム(fatbaby icecream)」では、圧倒されるようなアイスクリームタワーも登場。アイスクリーム10個で土台を作り、合間合間にワッフルを挟んだこのタワーは約2,000円です。友達とワイワイしながら食べるのにはぴったりですね

安くてお値打ちなクアラルンプールの屋台グルメ

次に向かったのは、約200mに渡り屋台が並ぶクアラルンプールで大人気の「アロー通り」です。訪れた屋台は鉄板の上で薄く伸ばした卵の上に、甘辛く中華風に炒めた小ぶりの牡蠣をたくさん載せた「牡蠣のオムレツ(320円)」は暑い時期に最適のビールによく合う絶品料理。

甘辛いタレをかけて炭火で焼く「サテー」もクアラルンプールの屋台グルメを代表する一品です。サテーは1本70円〜150円位とお値打ち。色々たべたくなってしまいますね!

スポンサーリンク

マレーシア第3の都市「美食の街イポー(Ipoh)」で味わう豆腐スイーツ

クアラルンプールから車で約2時間にあるマレーシア第3の都市イポーを訪れます。美食の街として知られるイポーを散策していると、早速見つけたのは豆腐です。イポーは周辺の石灰岩が水をろ過するため、良質なきれいな水が豊富なんだとか。

訪れたコンキュベイン・レイン・タウフゥファ(Concubine Lane Tau Fu Fa)で「ツバメの巣入り豆腐花」というイポーの水を使ったふわふわの豆腐を、ツバメの巣と甘いシロップをかけて頂きます。

マレーシアの豆腐スイーツ試してみたいですね。

イポー名物のモヤシとチキンライスの絶品コラボメシ!

豆腐以外にもう1つイポー名物があると聞いてやってきたのは地元の人気レストラン「ロウ・ウォン(Lou Wong)」です。ここはイポーの地下水で育った名物「もやし」を使った料理が有名な店。

通常より太く短く、甘みが強いイポーのもやしは日持ちしない為、わざわざ遠路から食べにくるお客さんも多いのだとか。熱気のこもる厨房では、サッと茹でられたもやしが、醤油ベースのタレと香味油のシンプルな味付で皿に盛りつけられる茹でもやし(200円)ともう一つの看板メニューのチキンライス(720円)と合わせて。

しゃきしゃきの歯ごたえのもやしは絶品!

天然温泉付き隠れ家リゾート「ザ・バンジャラン・ホットスプリングス・リトリート」

今夜の宿は、イポーの岩山に囲まれひっそりと佇む「ザ・バンジャラン・ホットスプリングス・リトリート(The Banjaran Hotsprings Retreat)」です。

周囲を木々と岩山に囲まれた隠れ家的なこのリゾートには、天然温泉が湧く池があり、とても神秘的な雰囲気。自然と調和のとれたロビーを抜けると、そこは日常を忘れさせてくれる特別な空間が広がります。

全室ヴィラタイプの部屋は、オープンエアのリビングや個室の温泉、プールがついた豪華なつくりです。このぜいたくなお部屋が1泊で約41,000円。

スポンサーリンク

にじいろジーン「マレーシア・クアラルンプール」

今回のマレーシア・クアラルンプールの旅で訪れたスポットを紹介しています。

観光の時の参考に!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!