旅するフランス語:パリのアパルトマンは1週間賃貸もできて旅行に使えちゃう!

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アパルトメン

パリといえば、オシャレなファッション、おいしくて豊かな料理、そして歴史ある美術館など、街の魅力がいっぱいありますが、改めてこの街の魅力ってなんだろう?

そう考えるとパリは街そのものが素敵です。実は1800年代の都市計画が今も脈々と受け継がれた結果、パリの建築には統一感があって街としての気品をつくりあげています。今回はそんなパリの建築に注目する常盤貴子さんのパリ散歩です。

スポンサーリンク

旅するフランス語「第18章 パリの建築探訪」

今日はパリの街並みを見ていく建築探訪です。
常盤貴子さんはビル・アケム橋(Bir Hakeim)から散歩を開始です。この橋のあるはエッフェル塔を見るには絶好のビューポイントなんです。

そして、ここを抜ければオシャレな住宅街のパリ16区にたどり着きます。

パリの建築はなぜ美しいのか?

このエリアで常盤貴子さんが気になったのが、アパルトマンの外観に統一感があるところ。
実は、パリの外観は法律で厳しく規制されていて建物の幅や高さなどには厳密な決まりがあってそれを守らないといけません。

こうした建築様式はオスマニアンと言われますが、それは今のパリを築いたジョルジュ=ウジェーヌ・オスマン(Georges-Eugène Haussmann)にちなんで名付けられたのです。
政治家だった彼はナポレオン3世の時代にパリの大掛かりな都市整備を行い、凱旋門から放射状にひろがる今のパリの原型ができたのです。

それが今も受け継がれてパリは均整のとれた美しい街並みをたもっています。

パリのアール・ヌーヴォー建築を探索

しかし、パリには均整のとれたデザイン以外にもパリらしいデザインの建物があります。
その特徴的な建物の特徴をもつカフェ「Café Antoine」へ。

こちらは1911年にエクトール・ギマール(Hector Guimard)が手がけた建築です。
彼はアール・ヌーヴォー建築の第一任者とも言える人物で、有名な作品はパリのメトロ看板です。
パリに行った方なら絶対に目にしていますよね?

まさに植物のモチーフをベースとして有機的なデザインはアール・ヌーヴォーっぽいですね!

このカフェで待ち合わせた16区の住人アドリエンヌさんといっしょにアール・ヌーヴォーをさがすパリ建築探訪へ。街並みをよくよく見ると草木をモチーフにしたアール・ヌーヴォー様式の建物が結構ありますね。

そしてたどり着いたのが、1900年代に作られたもパリで最初のアールヌーボー建築といわれるギマールの出世作であるカステル・ベランジェ(Castel Beranger)です。

アール・ヌーヴォーの特徴的なスタイルである曲線をふんだんに使った入り口など、非常にユニークです。そして素敵なところが、この歴史的な建築物に今でも普通に人が暮らしているところです。この建物は36戸の賃貸物件があるようで、週貸し物件が出ることもあるようですよ。

アール・ヌーヴォー建築の第1人者エクトール・ギマールの建築を巡る

ここからギマール建築をめぐっていきますよ。
まずは、ギマールが住んでいたホテルギマール(Hotel Guimard)

外見はシンプルなのですが、扉はいかにもアール・ヌーヴォーの香りがします。
この建物は、ギマールから奥さんへの結婚の贈り物なんですって。
甲斐性あるなぁ。

アール・ヌーヴォー建築をデザインしまくったギマールさんは、

Hotel Jassede

 

Aya Iwataさん(@ayaiwata0610)が投稿した写真

Hotel Mezzara

 

@isartnouveauが投稿した写真

などを他にも手がけています。自然のモチーフにこだわったギマール建築は個性的ですが、街とうまく調和がとれていますね。

パリのアパルトマンの中を覗いてみよう

建築を外から見てきた常盤貴子さんはパリのアパルトマンの中を見学します。
アパルトマンの中は、オスマニアンな外観とは打って変わってモダンな内装です。ここは仮住まい用物件なので旅行者でも実際に使えますよ。
最低1週間から借りられるのでプチ海外旅行でアパルトマンに住んでみるというのいいですね!

物件を見学した常盤貴子さんはアドリエンヌさんおすすめのパン屋さん「Huré」へ一緒に向かいます。このパン屋さんはパリのバゲットコンクールで上位入賞したこともある有名店だそう。

確かに美味しそうなバゲットがいっぱい並んでいますが、今回はパスです。
この御店には、かわいらしくておしゃれな一口菓子がいっぱいあって、常盤さんはこちらを注文!

甘いもの食べると元気が出てきますね。

Huré
【住所】150 Avenue Victor Hugo, 75016 Paris, France
【営業時間】6:00~20:00
【定休日】月曜日

「旅するフランス語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。フランスの観光にオススメ!

「旅するフランス語」の記事一覧へ

NHKの新たな語学番組「旅するフランス語」は常盤貴子がこだわりのパリ探索
この秋、ドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語のヨーロッパの語学番組が生...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!