パリに行ったら食べたい!パリのグルメストリート「マルティル通り」のフォトジェニックなマドレーヌ

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

マドレーヌ

2016年10月19日に放送「旅するフランス語」は「第3章 パリ散歩 ~ Flâner dans la ville ~ グルメ通りを歩く」です。常盤貴子さんは今回は地図を広げて、パリのどこを散策する算段中の模様。

今回は歴史ある通りが新たに「グルメストリート」として生まれ変わったマルティル通りを常盤貴子さん1人で攻略です。

スポンサーリンク

“グルメストリート”として人気の「マルティル通り」

常盤貴子さんは「モンマルトルの丘」のふもとにある「マルティル通り」へ。18区から9区へ1kmほど続く道です。さすがグルメ通りだけあって、食べ物屋さんが多い。フランスならではと感じたのがパテ屋さんがあるところでしょうか?

マルティル通り自体は昔からある通りですが、近年はグルメ通りとして注目されて美味しいものに溢れています。通りを見ながら、美味しそうなものを見たら、こう言いましょう!

ça a l’air bon(サァリャボン)

通りを散策していて常盤さんが入ったのは、かわいいお菓子が並んでいるお店です。番組内では店名に全く触れらてないので調べてみました!

どうやらマドレーヌ専門店の「Mesdemoiselles Madeleines(メドモアゼル・マドレーヌ)」です。昔から親しまれている「マドレーヌ」を現代風にアレンジしており、見た目に楽しく珍しいマドレーヌがいっぱいです。

まさにフォトジェニック

珍しいのはムースがのっているマドレーヌです。そしてマドレーヌの中にはチョコレートが!このマドレーヌはスイーツ好きや女子は絶対好きですね。パリに行ったら、是非とも立ち寄りたいお店です。

しかし改めて考えてみると、マドレーヌってスタンダードなものしか食したことがないので、マドレーヌ専門店は日本でもウケそうです。

パリに行かなくても食べれるようにしてほしい!

Mesdemoiselles Madeleines | Paris 9

「マルティル通り」の知られざる歴史を探索

マルティル通りは「殉教者の道」としてある人物との縁がある通りでもあります。それはパリの聖人であり初代司教の「サン・ドニ(Saint Denis)」です。

そのサン・ドニがモンマルトルの丘に向かって歩いたとされる通りなんですね。サン・ドニはパリの人々から愛されており、街の守り神として、門や通り、メトロにもその名を冠しています。

また、もう1人この通りにいた超有名人がいます。それは「ウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュク」です。みなさん、ご存知ですか?

19世紀に活躍したフランスの建築家で、ノートルダム大聖堂マドレーヌ寺院の復興にたずさわったフランスでは超有名人なお方です。

旅先で見た素晴らしい建築は、このお方がいたからこそだったというのを番組を見て知りました。こういった歴史背景がわかると通りの散歩も楽しくなりますね。

スポンサーリンク

パリジャンの美しき隠れ家へ

ここで常盤さんはドミニクさんと合流。今回はマルティル通りの買い物達人であるシルヴァンさんも伴っています。

3人は、シルヴァンさん行きつけのお店を巡ります。美味しそうな野菜が並ぶ八百屋や、パン屋さん、50年以上前から営業しているチーズ屋さんなどへ立ち寄ります。

店名をちゃんと調べてみると、それぞれのお店です。近所に隣接しています。

  • 八百屋:Aux Quatre Saisons Sarl
  • パン屋:Mr et Mme LEVIN
  • チーズ屋:Chataigner Yves

とくにチーズ屋はさすがフランスだけあって、種類が豊富。また量り売りの伝統製法で作ったバターの姿がデカくて圧巻でした。

買い物をすませた一行は、シルヴァンさんのお家であるパリのアパルトマンへ。ここで、シルヴァンさんが全員地下へと誘います。

しかし、この地下への入り口狭いすぎなんじゃ・・・、パリでは一般的なのでしょうか?

狭い階段を抜けると、洞窟のような地下室が広がります。まるで秘密基地みたいです。一般的なパリのアパルトマンは地下室があるようで、普通は物置として使われることが多いようですが、シルヴァンさんは自分の趣味向けの部屋にリフォームしています。

確かに、物置感は全くなくてワインセラーのカーブという感じの雰囲気のあるおしゃれな空間が広がっています。

ここで目を引くのは自家製の様々なジャム、ラベルも綺麗に貼ってあって商品見たい。そういえば、八百屋で今回のフレーズが出ていましたよ。

今週のキーフレーズ

Trois kilos de cerises, s’il vous plaît.
さくらんぼを3キロください。

常盤さんは、シルヴァンさん自家製ジャムの「ルバーブとイチゴのジャム」に挑戦します。愛情をかけて作ったジャムを食べると自然とみんな笑顔こぼれます。

美味しいものを分かち合うっていいですね!

Aux Quatre Saisons Sarl
【住所】17 Rue Hippolyte Lebas, 75009 Paris
【営業時間】火曜~土曜日 午前8:00~午後8:00、日曜日 午前8:00~午後13:00
【定休日】月曜日
【TEL】+33 1 40 23 02 55
Mr et Mme LEVIN
【住所】37 rue des Martyrs 75009 Paris
【営業時間】水曜~月曜日 午前6:45~午後7:30
【定休日】火曜日
【TEL】+33 1 48 78 20 17
Chataigner Yves
【住所】3 Rue Martyrs, 75009 Paris
【TEL】+33 1 48 78 23 60

「旅するフランス語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。フランスの観光にオススメ!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!