パリの隠れたオシャレなスポット?アトリエや職人のお店が立ち並ぶ芸術高架橋に行くべし!

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

高架橋

2016年12月7日にNHKでテレビ放送された「旅するフランス語」のテーマは「第10章 パリ散歩 12区 職人街を歩く」です。

第10章まできたパリの探索はとどまることを知らず。他の旅するシリーズはいろんな都市に足を伸ばし始めてますが「旅するフランス語」はまだまだパリでのネタが尽きない。

今回はパリ12区を探索です。バスティーユ広場を散歩します。ここは若者に人気の庶民的なエリアで、市場や蚤の市などの買い物が楽しくなるスポットが満載です。材料が近くにあったことなどを理由に家具店が多くて、いわゆる職人街になっています。

職人が集まるショップやアトリエが並ぶ素敵なスポットが、過去の生活インフラだった”高架橋“を再利用して作られた芸術高架橋に集まっています。そこがまた素敵なんですね。散歩するだけで楽しいエリアですよ。

スポンサーリンク

パリのフランス革命発端の地から職人街を歩く

常盤貴子さんのパリ探索のスタートは綺麗な天使の像がそびえ立つ塔が目印のバスティーユ広場から。フランス革命の発端となった場所としても有名で、若者が集まる人気のエリアになっています。

広場のすぐそばのカフェの上にパネルがありますがこれはどんな意味を表しているの?

このパネルは、バスティーユがかつて要塞であったことを示しています。パリ東部を守るために、14世紀末に高さ24mと8つの鉄塔と防壁で作られた要塞が、17世紀には、悪名高き牢獄となり1789年に民衆によるバスティーユ襲撃を引き起こされました。

建物はフランス革命後に解体し、後に流通の要となっていた場所です。そういった意味では民衆の空気を色濃く残すエリアです。

パリジャンご贔屓の市場と蚤の市で買い物

近くにそんな昔のパリの雰囲気をよく表すスポットがアリーグル市場がありますパリで最も大きな市場の一つ。

ここは活気があって商品がお手頃なので、パリジャンがご贔屓にしている市場。賑やかで庶民的なのがバスティーユの雰囲気にぴったりあってます。

以前に訪れた市場とはまた少し雰囲気が違っています。こっちのが庶民的な感じがしますね。

パリジャン&パリジェンヌはどう楽しんでる?「カモのコンフィ」の自宅で楽しむ秘訣
2016年11月2日に放送された「旅するフランス語」のテーマは「第5章 パリで...

市場をしばらく歩くと、蚤の市がありますね。掘り出し物が見つけられるチャンス!

蚤の市は値札があるわけではないので値段交渉が肝心です。常盤さんが大きなカップを見つけ、値段を聞くときに使った言葉が今回のキーフレーズです。

今週のキーフレーズ

C’est combien ?/C’est 20 euros.
これはいくらですか。/20ユーロだよ。

常盤さんは市場を出て、散歩を続けると素敵な小路に入り込んでしまいました。どっかの建物の中庭でしょうか?

どうやらたどり着いたのは家具屋さん。ここは家具職人が集まっているスポットで昔に家具の材料が集まる場所だったことが理由なのだそう。

スポンサーリンク

パリ職人のアトリエが集まる「芸術高架橋」を散歩

常盤貴子さんは職人たちが集まると言われるエリアに出かけます。ここには日本語ができるガイドのソレーヌさんと一緒に向います。2人が向かったのは「芸術高架橋(ル・ヴィアデュック・デ・ザール)」。昔の線路跡を活用してお店が建ち並びます。

さまざまな芸術家のアトリエやショップがあるので眺めながら歩くだけでも楽しいところ。
運が良ければ職人が作業している様子を見れます。番組ではちょうどガラス細工の加工している場面に出くわしましたよ。

ショップだけじゃない、橋の上の空中庭園が素晴らしい

芸術高架橋に来たらぜひ行きたいのが橋の上です。そこは緑が広がっていて「緑の散歩道(Coulée Verte René Dumont)」になっています。

まさに空中散歩が楽しめる素敵な散歩道です。

こんな形で橋を再利用するなんてパリに行ったら訊ねたくなるスポット

こんな警察署あっていいの?

さてさて、散歩を楽しんでるいると、変わった建物が見えて来ました。ミケランジェロの有名な彫刻である「瀕死の奴隷」が何体も並んでいます。

なんとここは警察署です。


こんな警察があっていいのか!

公共の建物なのにユーモアに溢れていますね。デザインをしたのはスペインの建築家らしいですが、さらにびっくりするのが警察署の上が住居になっていること。

ここに住んでる人は、セキュリティ面ではすごく安心ですよね。でも、これだけガッチリだと逆に居心地わるいかも。

革職人が使うローラーの威力

常磐さんとソレーヌさんは革職人の店「Maison Fey」へ。

ここにはユニークな家具がいっぱいあります。面白いのは本の形をした収納ケース。まるで並べると本がたくさん並んで知的演出ができますね。革職人のジュリアンさんが作業を見せてくれました。アタッシュケースを今は作っているみたいです。

工房見学させてもらうと何やら変わった道具が並んでいます。ピザカッターみたいなような形をしてますが一体何なんだろうか?

よく見るとカッター部分に厚みがあって模様が入ってます。職人さんに聞いてみると金箔などのを貼り付けるための道具なのだそう。金箔を敷いて、そこにローラーを回しながら模様を付けていきます。

作業中のところを見せてもらいましたがすごく模様が綺麗に貼れていきます。なるほど、こんな形で模様がはいるんだ。

Maison Feyさん(@maisonfey)が投稿した写真

ここのお店は100年以上続く老舗なんですが、新しい取り組みにもチャレンジしています。伝統を守りながら新しいものを作る姿勢をもつことが、お店を長く続けていく秘訣になっていると感じました。

Maison FEY

「旅するフランス語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。パリ観光にオススメ!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!