旅するフランス語:常盤貴子がパリで見つけた穴場のおすすめカフェ

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

2016/10/05に放送された「旅するフランス語」。第1回目の放送では「パリのカフェを極める1」です。

今回は、カフェでカフェ・オ・レを頼む方がキーフレーズになっていて、
フランス語も学びつつカフェを訪ねながらその歴史にも注目していきます。

パリと言えば、やはりカフェ。
街中にあるオープンカフェがすでに絵になっています。
旅行で訪れたホテルの朝食で、
クロワッサンとコーヒーを頂くとその日の活力が湧いてきます。

そんなパリで今回訪れたカフェとはどこでしょうか?

スポンサーリンク

パリのカフェを散策

1軒目に紹介されたカフェです。パリ6区のサン・ジェルマン・デ・プレのサン・シュルピス教会のすぐそば。メトロ4号線サン・シュルピス駅の出口横にあるパリらしいカフェ。

ここで常盤貴子さんが共演する日本在住経験もあるドミニク・シャニョンさんと出会います。常盤さんはエスプレッソ、ドミニクさんはカフェ・オ・レを注文しています。

今週のフランス語キーフレーズである
Je voudrais un café crème.(カフェ・オ・レをいただきたいのですが)
はここで紹介されています。
カフェ・デュ・メトロ (Cafe du Metro)
【住所】67 rue de Rennes – 75006 Paris
【アクセス】サン・シュルピス駅(Saint-Sulpice) メトロ4番線
【営業時間】(月~金曜日)7:00~2:00、(土曜日)9:00~2:00
【定休日】日曜日
【TEL】+33 1 45 48 58 56

美術館にある穴場のミュージアムカフェへ

続いては、パリ8区のプティ・パレへ。
セーヌ川の北岸に面しており、凱旋門、シャンゼリゼ大通り、コンコルド広場世界的に有名なスポットが多数あります。
ここのパリ市立プティ・パレ美術館ミュージアムカフェが2軒目のカフェです。

Irina Tolkieさん(@itolkie)が投稿した写真

番組内では、カフェの歴史やパリの人々にとってカフェはどんな存在なのかということにも触れており、その他のパリにあるカフェにも興味が出てきます。
パリ市立プティ・パレ美術館 (Musee des Beaux-Arts de la Ville de Paris)
【住所】Avenue Winston Churchill – 75008 Paris
【アクセス】シャン・ゼリゼ・クレモンソー駅(Champs-E’lysees -Clemenceau) メトロ 1,13番線、アンヴァリッド駅(Invalides) メトロ 8,13番線、RER C線
【開館時間】10:00~18:00
【閉館日】月曜日
【TEL】+33 1 53 43 40 00

「旅するフランス語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。フランスの観光にオススメ!

「旅するフランス語」の記事一覧へ

NHKの新たな語学番組「旅するフランス語」は常盤貴子がこだわりのパリ探索
この秋、ドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語のヨーロッパの語学番組が生...
スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!