旅するフランス語:常盤貴子の大人のたしなみ、テーブルコーディネートを学ぼう

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

テーブルコーディネート

2017年2月1日にNHKで放送された「旅するフランス語(再放送は2月6日)」は「第17章 大人のたしなみ2」です。

今回は常盤貴子さんがフランスの食文化を学んで楽しむ旅です。グルメ関連は鴨のコンフィなどすでにいくつか取り上げていますが、今回は食べ物を美味しいく頂くためのテーブルコーディネートについて色々と発見をする旅です。

料理は味は勿論のこと見た目も重要ですので、今回は目で楽しむグルメを中心にご紹介です!

スポンサーリンク

旅するフランス語「第17章 大人のたしなみ2」

フランスは芸術以外にも食文化が豊かな国です。食べ物のおいしさや美しさはもちろん、それを彩る環境に感動することもしばしば。その時にはテーブルマナーやコーディネートなど食事以外の部分についても知っておくことが大人のたしなみです。

ワインや料理の成熟と合わせて、会話など独特の文化を発達させてきたフランス料理。
更なる楽しみの次元へいくために今回はテーブルコーディネートの極意を学びます。

テーブルコーディネートの世界を覗いてみよう!

常盤貴子さんとドミニクさんが訪れたのはパリ7区にあるテーブルウェアの店「Brigitte et Alice Vermelin」を訪れます。
親子で経営しているショップのようですか、どんな食器があるでしょうか?

一流ホテルやレストランでのテーブルセッティングを行うオーナーがセレクトしたこだわりの食器がいっぱいです。

ハンドメイドの一点モノや、復刻版の食器が数多くあってここでしか手に入らないものもたくさんあります。この店には、ショパンの恋人であるジョルジュ・サンドが使っていたという食器もありました!

19世紀にレストラン文化の発展に伴って大皿料理から1人1皿提供するスタイルに変わっていたので、食器の役目もそこから大きく地位が向上したようです。

フランス人とって、家族と食卓を囲む時間は非常に大事なもので、その空間をより楽しくするテーブルコーディネート術は非常に重要視されていますよ。

Brigitte et Alice Vermelin
【住所】48 rue de Verneuil, 75007 Paris, France
【営業時間】10:00~19:00(月〜金)、14:00 – 19:00(土)
【定休日】日曜日
【URL】http://www.decoalaparisienne.com/

常盤貴子がテーブルコーディネートを習う

この店のテーブルコーディネートの特徴は、フランス定番と現代のスタイルをうまくミックスしている所です。

常盤貴子さんもここでテーブルコーディネート講座を体験です。テーブルのテーマカラーを決めておくと後々の調整が楽なんだそう。コーディネートを学んでいくときのやり取りが今回のキーフレーズです。

Mettez le couteau à droite./Comme ça ?
ナイフを右に置いてください。/こんなふうに?

今回の講座で使ったお皿が、ナポレオン三世の皇妃であるウジェニー・ド・モンティジョのために作られたお皿ですが、こういったモノにまつわるストーリーを仕込んでおくと、食事の時間がより盛り上がります。こういった演出もテーブルコーディネートでは重要なんですって。

ちなみにここでトリビア的発見が。テーブルセッティングにはイギリス式とフランス式があって、その違いではフォークを下に置くか上に置くかでわかるのです。フォークを下向きに置くのはフランス式ですよ。
言われてみれば確かに、フォークって上と下のどっちもありますね。

そしてテーブルを彩るオブジェなども入れ込んでテーマに沿ったコーディネートが完成。
確かにおしゃれで雰囲気がいい!
この空間で食べると料理がより美味しくなりそうです。

お屋敷レストランで美しい料理を”目”でも楽しもう

テーブルコーディネートを一通り学んだ常盤貴子さん。
続いて、ドミニクさんが予約してくれたレストランの「Le 1728」へ。

PANさん(@panda_ike)が投稿した写真

ちょっとおめかしをして出かけました。
ここはレストランというよりお屋敷で、この贅沢な空間がレストランとは思えない!

食事をするのはこのレストランの「音楽の間」。
ここには様々な美術品が溢れていて、オーナーの拘りが随所に感じられます。
ここは職と技術が融合した贅沢なレストランですね。

出てくる料理の全てが芸術的な見た目で食べるのがもったいないぐらい!
ただ、フランス産の食材を使っていてちょっと慣れないものしばしば。
例えばドミニクさんがチョイスした、カエルやハトは日本では親しみがないのでちょっとドキドキです。料理は美しいそうですが、食べてみたいようなそうでないような感じ・・・

Le 1728
【住所】8 Rue d’Anjou, 75008 Paris, France
【営業時間】12:00~15:00、19:00〜24:00(月〜金)、14:30 – 24:00(土)
【定休日】日曜日
【URL】http://www.restaurant-1728.com/
スポンサーリンク

「旅するフランス語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。フランスの観光にオススメ!

「旅するフランス語」の記事一覧へ

NHKの新たな語学番組「旅するフランス語」は常盤貴子がこだわりのパリ探索
この秋、ドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語のヨーロッパの語学番組が生...
スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!