NHKの旅するスペイン語:平岳大がバスク文化を学ぶために体当たり!

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

バスク

2017年1月11日にNHKでテレビ放送された「旅するスペイン語(再放送は1月17日)」は「#14 体で覚えるバスク文化!」です。

バスクは、スペインとフランスにまたがる地方で独特の文化が発展したところです。
平岳大さんはサン・セバスティアンに戻ってバスク文化のスポットをめぐりますが、最初に訪れたこの街は、よくよく見るとバスク文化の名残が実はあちこちに存在していました。

スポット巡りの他にバスク地方由来のスポーツ「ペロタ」にも挑戦。
文字通り体当たりでその文化を堪能していく旅です。

スポンサーリンク

平岳大の 旅するスペイン語「体で覚えるバスク文化」

サン・セバスティアンに戻ってきた平岳大さんとジンさんは、違うテーマでこの街を再び巡ることに。

そのテーマとなるのが「バスク語」です。
実は、サン・セバスティアンの旧市街にはバスク語が溢れていて、よく見るとレストランの看板もスペイン語とバスク語が併記されています。
しかし、日本人の立場からすれば両方ともわかんないですが・・・

これがバスクのシンボル「ラウブル」

スペイン語とバスク語の併記は、似ている言葉もあれば全く言葉もあって、バスクが独特の文化であることがよくわかります。そんな街中の探索で、このシンボルをよく見かけました。

Moiさん(@fundu27)がシェアした投稿

立ち寄った工芸品店「Alboka Artesanía」にて話を伺ったところ、これはバスクのシンボルでラウブル(Lauburu)と判明。
ラウとは”4”のことでブルは”頭”という意味をもち、古代ギリシアからの四元素である”土・空気・火・水”の思想を表しているといわれるシンボルです。

ここでジンさんが、バスク語を学んでいると話すと、親切な店員さんが、スペイン語とバスク語の辞書をくれましたよ。店から出るときも日本語で「ありがとう」といっていました。優しい!

Alboka Artesanía
住所:Constitución Plaza, 8, 20003 Donostia, Gipuzkoa, Spain
営業:10時30分~13時30分, 16時00分~20時00分
休日:日曜日
URL:http://www.albokaartesania.com/es/

 バスク文化に触れるのに重要なサンテルモ美術館へ

ここでバスク文化を知るためのスポット「サンテルモ美術館」へ。
サン・セバスティアン生まれの日本語ペラペラなクララさんと合流。この美術館でバスクに縁が深いところを案内してくれます。

そんな心強いクララさんに、美術館内でのおすすめスポットを伺う時に出てきたのが今回のフレーズです。

¿Qué me recomiendas ver en este museo?
この美術館では何を見るのがおすすめ?

おすすめは内庭回廊と礼拝堂のようです。
内庭回廊といえばアラゴンのサン・ファン・デ・ラ・ペーニャ修道院(Monasterio San Juan de la Peña)で見た内庭回廊が素晴らしかったですね。

旅するスペイン語:スペインのパワースポット「アラゴン」へ
2016年11月23日にNHKでテレビ放送された「旅するスペイン語(再放送は11月...

礼拝堂は、サン・セバスティアンで開かれる映画祭のパーティー会場にもなっています。
そうそう、ここは映画祭が開かれているので芸能人もおとずれるところで、サン・セバスティアンのホテル事情も紹介しました。

旅するスペイン語:気になるサン・セバスティアンのホテル事情 〜オーシャンビューや有名俳優・女優の部屋まで〜
2016年10月26日に放送された「旅するスペイン語」の第4回目放送は「#4 ここ...

早速美術館の内庭回廊と礼拝堂へ。ここは、もともと16世紀に建てられた修道院が美術館になったところだから、礼拝堂と内庭回廊あるんです。こちらも素敵でした。

以前のサン・セバスティアンを紹介する回はグルメ関係が主体だったので、こんなに文化的なスポットがあるとは。この町は色々と奥が深いです!

街中でバスク伝統のスポーツができるペロタコートへ

続いて美術館の展示を見ていくと、スポーツ関係の展示エリアへ。
展示されているはバスク地方で大人気のペロタです。

スポーツの様子を見ると、壁に向かってボールを打ち合うスカッシュに似てる感じ。

最後は、バスク文化に文字通り体当りするということで、サン・セバスティアンの子供たちとペロタにトライ。

あ、この展開はあの時とデジャブです

旅するスペイン語:美食の街でくいだおれてサッカーをする
NHKで放送の「旅するスペイン語」の第2回目は「#2 くいだおれは続くよ どこ...

ペロタのボールって硬いらしくて、打ちどころを間違えるとすごく痛いみたい。
平さんは早々にギブアップしてしましたが、サン・セバスティアンの人たちは全然平気。
さすがは屈強なバスク人たち!

まさに体を張ってバスク文化を体験した二人たちです。
それにしても、ジンさんは運動神経があんまり・・・でした。

サン・セバスティアン創業60年の伝統的なケーキ屋さんへ

最後はサン・セバスティアンで人気の老舗お菓子屋「Pasteleria Garikano」へ。

この店はお母さんと娘さん夫婦の3人で切り盛りしていて、マルタさんがレポートします。

ここのケーキの特徴はクリームをたっぷり使うところで、娘さんが作った太鼓をモチーフにしたケーキをマルタさんが試食。メレンゲを1週間オーブンに入れて作る「ルソ」という隠し味の食材が美味しさを引き立てているようですね。

Pasteleria Garikano
住所:Errondo Pasealekua, 3, 20010 Donostia, Gipuzkoa, Spain
営業:8時00分~14時00分, 17時00分~20時00分
休日:月曜日
URL:https://www.facebook.com/pilar.garikano

「旅するスペイン語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。スペインの観光にオススメ!

「旅するスペイン語」の記事一覧へ

NHKで放送!平岳大が出演する「旅するスペイン語」はグルメ三昧
この秋、NHKで放送されているドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語のヨ...
スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!