NHKの旅するスペイン語:平岳大がバスクの民族楽器でセッション!

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

バスク

2017年1月18日にNHKでテレビ放送された「旅するスペイン語(再放送は1月24日)」は「#15 バスクの民族楽器に挑戦!」です。

今回は、平岳大さんがバスクの民族楽器に挑戦です。
サン・セバスティアンの海岸で見かけたチャラパルタと呼ばれる木の板や石を並べて手作りした楽器は、2人で木の棒を叩きながら、即興音楽を作り上げていきます。
今回は、このチャラパルタを使って即興のセッションを実行!
不思議で心地よいハーモニーを奏でます。

スポンサーリンク

旅するスペイン語「#15 バスクの民族楽器に挑戦!」

サン・セバスティアンに戻ってきて海岸沿いを歩く平岳大さんとジンさん。
すると何やら賑やかの音が聞こえてきますよ。聞えてくるのは打楽器の音。

音の方へ行ってみると、2人で木の棒で叩いているだけ。
それなのにも関わらず、リズムが複雑ですごくエキサイティングな演奏です!

この楽器はチャラパルタというバスク地方の伝統的な楽器のようです。
演奏はこんな感じです。

演奏しているフェリペさんにと会話していく中で、チャラパルタを教わることになりました。

ウルニエタ村の民族楽器スタジオへ

早速楽器を習いにサン・セバスティアンから10kmほど離れたウルニエタ村まできた平さんとジンさんがフェリペさんの元へ訪ねると、早速チャラパルタの音が聞こえてきます。

この楽器ははリンゴ酒を作る作業の中から生まれた意外なルーツを持っています。ここで、説明をしていたフェリペさんから出てきた言葉が今回のキーフレーズです。

¿Sabes tocar la batería?
君はドラムをたたける?

平さんは残念ながらドラムを叩けませんが、フラメンコを習っているんですって。
話に関係ないね!でも、さすがスペイン好き!

バスクの音楽文化を学ぼう

ここでジンさんはフェリペさんの師匠でありバスク音楽研究の第1人者であるファンマリさんのもとへ。

バスクの民族楽器などが展示された「ソイヌエア民族音楽センター(Soinuenea,Centro de la música popular)」を運営していて、冒頭で紹介した動画でチャラパルタを演奏している方でもあります。
このセンターでは、チャラパルタの他にもバスク民族楽器が見れますよ。

例えばこんなの

  • チャンベラ(ピレネー山脈で使われてきオーボエ)
  • シルラ(バスク地方でよく使われるフルート)

音を聞いているとなんとなく無印良品の店内で流れてそうな音楽の印象です。
民俗学といえば旅するイタリア語の頭にできたときにいろいろ見ましたね。

これが楽器?ネロ皇帝も演奏した「ザンポーニャ」に東儀秀樹が挑戦!ローマで日伊の民族楽器セッション
2016年11月15日にNHKでテレビ放送された「旅するイタリア語」のテーマは...
イタリア世界遺産の街「タルクィニアの遺跡」に行けばタイムスリップできちゃう!
2016年12月6日にNHKでテレビ放送された「旅するイタリア語」の放送は「#...

平岳大のチャラパルタ体験

話はウルニエタ村に戻って、フェリペさんといっしょにセッション体験です。

さっそく基本を習っていきますが、重要なのはチャラパルタのスティックを離してはいけないこと。シンプルなリズムが複雑に絡み合って何とも音楽的な響きを出してきます。

この打楽器は2人で演るから面白い!
民族楽器の響きはのどかだけど、演奏自体は即興の緊張感がいい意味で真剣さを誘発します。
そしてここから調和が生まれるとすごく”気持ちいい!”

ちなみに、フェリペさんのチャラパルタの練習場は、友達のウルツィさんが営むチーズ工場「Queseria Harrobialde」でした。
そこで、ウルツィさんが作っている羊のチーズ「アロビアルデ(Harrobialde)」を試食させてもらうことに。

おそらくこの工場のオリジナルですね!
牛乳みたいな味で、どんな料理や飲み物にも合いそうなマイルドな味のようですよ。

チャラパルタでレッツセッション

ここで、チャラパルタ以外の楽器でフェリペさんが紹介してくれたのは牛の角笛です。
吹くのに多少コツがいるらしく、ジンさんが吹いてみるものの、全く音が・・・
フェリペさんに苦笑いされてしまい楽器をチェンジです。

音出ししながら最終的にフェリペさんが、手で叩くスチール製のハンドパン、平さんが角笛、ジンさんがチャラパルタというなし崩し的なセッション?に発展。
もう少しちゃんとやったら良いグルーブが生まれたんじゃないかな?

マルタが行くサン・セバスティアンの「田舎の家」

ここでまたまたマルタさんの単独行動です。
今回はいまスペインで流行っている豊かな自然に囲まれて過ごすことができる宿泊施設「カサ・ルラル(Casa rural)」へ。

向かったのはサン・セバスティアンのイゲルド山の上にある「田舎の家」です。
実はカサ・ルラルとは田舎の家という意味なんですね。
マルタさんが訪ねたイゲルドの田舎の家「Casa Rural Mar y Mar Agroturismo」は、洗練されたモダンな部屋でホテルみたいです。

値段は手頃で2人で100ユーロから泊まれますよ。(ただ自炊しないといけない)
サン・セバスティアンの風景を眺めながらのんびりとくつろぐにはいいですね!

「旅するスペイン語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。スペインの観光にオススメ!

「旅するスペイン語」の記事一覧へ

NHK「旅するスペイン語」2ndシーズン!狂言師の茂山逸平がフラメンコなどスペイン文化に体あたり?
2016年の秋にNHKで放送された旅するスペイン語が2017年になって2ndシ...
スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!