旅するスペイン語:ブラタモリならぬブラマルタ?サン・セバスティアンをサイクリング

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

サン・セバスティアン

2017年1月25日にNHKでテレビ放送された「旅するスペイン語(再放送は1月31日)」は「#16 ブラマルタ!自転車で町めぐり」です。

今回はいつもとは違う趣で、平岳大さん、ジンさん、マルタさんの3人でのトークからスタートです。スペイン語に関する話題は、いつしかスペインと日本のジェスチャーの違いに移り、スペイン版の”考え中”のジェスチャーの話で大盛り上がり!
平さんが、かなりの変顔になってしまわれております。

そして今回のメインコーナー担当は、平さんジンさんコンビでなくマルタさんです。
題して「ブラマルタ!自転車で町めぐり」です。
え、これブラタモリ

スポンサーリンク

旅するスペイン語
「#16 ブラマルタ!自転車で町めぐり」

今回は珍しく平岳大さん、ジンさん、マルタさんのトークで始まりました。
平さんのスペイン語上達の素晴らしさから始まり、いつしかジェスチャーについての話題に。
なかでも”考え中”ジェスチャーにおけるスペインと日本の違いがギャップありすぎて。

スペイン版考え中は、日本のそれと比べてオーバーリアクションになりすぎて、もはや変顔にしか見えません。コミュニケーション的観点で言えば、表現力豊かということになりますが、テレビで見る限りは”それ、ホントにやるの?”って感じでした。

##ブラタモリじゃなくてブラマルタ(しかも自転車)
そして今回の旅の主役はマルタさんで、サン・セバスティアンの街を自転車でまわります。
つまりはブラマルタ。同じNHKの番組だからこそ可能となったブラタモリまんまの流れで、きっちり井上陽水さんの主題歌も使って番組ロゴもいい感じに流用です。

平さんとジンさんも自転車を借りたお店で、マルタさんも自転車をレンタルして旅がスタート。今回は前と違ってちゃんと1人乗り自転車です。

知れば納得のサン・セバスティアンのホテル事情、なぜサン・セバスティアンのホテルは映画関連が多い?
2016年10月26日に放送された「旅するスペイン語」は「#4 ここにWi-F...

サン・セバスティアンは自転車用道路が整備されていて、車と同じ道路を通る必要がなくて安全ですね。日本でもしまなみ海道には自転車用道路がありますが、ヨーロッパの方が幅が広い気がする。車と自転車と歩行者がきっちり別れるのはいいですね。

サイクリングで巡った観光スポット達

マルタさんが走るサイクリングコースは観光スポットがたくさん!
まずはクルサール国際会議場。ここは第2話で登場しましたね。でも、建物じゃなくピンチョスでしたけど。

サン・セバスティアンへ旅したら行くべき!フォトジェニックなピンチョスとサッカースタジアム
NHKで放送の「旅するスペイン語」の放送テーマは「#2 くいだおれは続くよ ど...

続いては、ホルヘ・オテイサ作の「空虚な構造(Construcción Vacía)」というインパクトのあるパブリックアートを通り、

サン・セバスティアンの水族館(Aquarium Donostia – San Sebastián)へ。


この水族館はスペインで初めて作られた水族館で、ヨーロッパでも2番目だとか。

そして素晴らしいのは1週間に1回水族館に泊まるイベントがあること。
これは、新江ノ島水族館の”お泊りナイトツアー”とまさに一緒です。

お泊りナイトツアー | 新江ノ島水族館
閉館後(夜)の水槽内やプールにいる生きものたちの様子をじっくり観察しながら楽しく学べるプログラムです。開催は、開催月の前月1日よりご案内いたします。

いい思い出になるので、一度泊まってみたいものですね。

ここの水族館の目玉展示はサメの卵です。
卵の状態だとサメも本当小さくて可愛いですが、これが1メートル以上のサメになるんだ…

ブラマルタはまだまだ続きます。昔カジノだったというビックリな市役所と隣接するアルデルディ・エデル公園(Jardines Alderdi Eder)を通って、

Jose Mendiolaさん(@jose)が投稿した写真

ゴールのミラマール宮殿(Palacio Miramar)へ。

JKM Levyさん(@ladiesbylevy)が投稿した写真

ここはサン・セバスティアンラ・コンチャ湾を一望できる絶景スポットです。

今回海岸沿いを走っただけで、こんなに観光スポットにぶち当たるなんて!
本当にサン・セバスティアンはスペインでの観光に最適な街ですね。

サン・セバスティアン観光に便利な観光列車チュチュ(Txu-Txu)

ブラマルタのようなサイクリング観光はちょっとしんどいと言う方は、便利な観光列車チュチュ(Txu-Txu)があります。

これで音声ガイドを聴きながらサン・セバスティアンの街を楽しみながら移動することができますよ。コースもマルタさんが回ったのとほぼ一緒なので、町の全体像を把握するにはすごく便利な乗り物です。

スペイン語で味わうは百人一首

今回の「スペイン語で味わう日本文学」もいつも通りの福嶌教授とアントニオさんコンビです。取り上げる作品はなんと百人一首です。確かにこれも立派な日本の文学作品です。

今回の見どころは、翻訳者の苦労や訳の妙味を福嶌教授の解説から知ることができます。
百人一首の歌に出てくる”白妙の衣“をスペイン語訳にすると「Blancas ropas de seda」になるのですが、絹(シルク)を意味するsedaをあてたのは、スペイン人にとっては絹が日本っぽいイメージを彷彿させる素材だから。うーん、文化背景含めた翻訳なので、こいつはなかなかに厄介ですね。先生の解説のお陰で、翻訳者の努力が分かっておもしろい!

「旅するスペイン語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。スペインの観光にオススメ!

「旅するスペイン語」の記事一覧へ

NHK「旅するスペイン語」2ndシーズン!狂言師の茂山逸平がフラメンコなどスペイン文化に体あたり?
2016年の秋にNHKで放送された旅するスペイン語が2017年になって2ndシ...
スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!