世界ふしぎ発見:鉢嶺杏奈がマダガスカルで見た!1ドルの折り紙顕微鏡で未来を変える取り組み

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

マダガスカル

世界ふしぎ発見!」の”30周年スペシャル”でミステリーハンターの鉢嶺杏奈さんが訪れたのはインド洋に浮かぶマダガスカル共和国。ここで生物物理学者のマヌ・プラカシュさんが子供達の創造性を広げる活動をこの地でフィールドワークをする活動に密着です。

そしてこのフィールドワークに欠かせないのが、マヌさんが発明した顕微鏡。
この顕微鏡は、折り紙をヒントに紙で作られ、1ドルのコストで作れてしまいます。

顕微鏡という科学的な思考を育むツールを身近な世界で使えるようにすることで、世界中の子供たちの好奇心を広げていく活動をマダガスカルの地で体験しました。
顕微鏡で子どもたちのスイッチが入っていくのは見ていてグッと来ますね。

スポンサーリンク

世界ふしぎ発見「折り紙顕微鏡で未来を変えろ!マダガスカルの小さな科学者たち」

マダガスカルといえば、独自の自然や文化が発達した地域ですが、ここでしか体験できないものが高さが20メートルのバオバブの並木道です。

ミステリーハンターの鉢嶺杏奈さんもこのスケールにビックリです!

今回はマダガスカルのラヌマファナ(Ranomafana)でマヌさんがフィールドワークを実施します。

1ドル顕微鏡で未来を変えろ!

アメリカスタンフォード大学の生物物理学者のマヌ・プラカシュさんは、折り紙をヒントに5年間の歳月をかけて制作費1ドルの顕微鏡を作りました。

この顕微鏡を作ったことにより彼は、ナショナルジオグラフィック(National Geographic)のエマージング・エクスプローラーに選ばれます。

1ドルで世界が変わるキッカケを作ってしまったのは驚きですね。
マヌさんは、TEDでもこの取り組みについて語っています。

現在マヌさんは、世界120カ国を回ってこの折り紙顕微鏡を使ったフィールドワークを繰り広げています.

マダガスカルでのフィールドワークの反響は?

今回マヌさんの研究チームは折り紙顕微鏡を紹介するのはケリー・ラリナ高校の生徒90人です。折り紙顕微鏡用に作られた150倍と500倍のレンズのどちらかを、折り紙顕微鏡本体にセットすれば完成です。
この顕微鏡は、身近な生物を見るのに本当に最適ですね。しかも驚くほど簡単。

この折り紙研究では対象物を透明なテープで貼って止めるだけなので、
小さい生物だと生きている姿を見ることができるんですね。

そしてこの折り紙顕微鏡とスマホと組み合わせると、顕微鏡の映像も簡単に記録できます。

さて、ここでスタジオでもサンプルが届きました。
ゲストの皆さんが見ていたものは、

  • 黒柳徹子さんと阿部サダヲさんが見ていたのは”竹”
  • 八嶋智人さんと野々村真さんが見ていたのは”カメレオンが脱皮した皮”
  • 岡田圭右さんと清水富美加さんが見ていたのは、昨年Instagramでも公開して話題になった黒柳さんのつけまつげです。

それがこのつけまつげです。

なぜ折り紙顕微鏡を配るのか?

なぜマヌさんは、この顕微鏡をいろんな場所で配る活動をしているのか?
それは子供の好奇心を刺激することで、物事に対する本当の理解を深めるから。

マヌさんのその思いが折り紙顕微鏡のキットに現れています。
それは、折り紙顕微鏡を使った1人がもう1人に教えるためにが2つセットになっていること。マヌさんは、この仕掛で子どもたちの好奇心の環を広げていきたいと考えています。

折り紙顕微鏡の体験で子どもたちは変わるのか?

マヌさんの輪を広げる思いに応えるため、鉢嶺杏奈さんは折り紙顕微鏡の体験講座を開催します。訪れたのはマダガスカル西部のムルンダバ(Morondava)。

ここにある、ベテスダ小学校の生徒を対象に鉢嶺杏奈さんが授業を実施。
生徒のみんなは初めてのことに興味津々。身の回りのサンプルを次々と覗き、今までと全く違って見える喜びに子供たちは大興奮です。お昼休みになると、下級生の子供達にも広がり学校中でみんなで見て楽しみます。

“子供はクリエイティブ!”

マヌさんが言ったこの言葉は、実際の定業で好奇心が増していく様子から見て取れました。
小学校に満足に行けていない子供がいる環境にこそ、この活動は広がっていってほしいと感じますね。

スポンサーリンク

今回訪れたところ

今回の世界ふしぎ発見で訪れたスポットを紹介します。

世界ふしぎ発見!30周年スペシャルの放送内容

世界ふしぎ発見!「30周年スペシャル 巨大クジラが自撮り! 驚異の折り紙顕微鏡!古代人の暗号解読!? 未来を変える冒険者たち」

世界ふしぎ発見:福間文香がノルウエーのフィヨルドへ。バイオロギングでクジラの生態に迫る!
「世界ふしぎ発見!」の”30周年スペシャル”で、ミステリーハンターの福間文香さんが向かったのはノルウエー。ここでは、ナショナルジオグラフィック(National Geographic)が選定した日本人初のエマージング・エクスプローラーである

フィヨルドの衝撃映像!バイオロギングで迫るザトウクジラの謎

世界ふしぎ発見:福間文香がノルウエーのフィヨルドへ。バイオロギングでクジラの生態に迫る!
「世界ふしぎ発見!」の”30周年スペシャル”で、ミステリーハンターの福間文香さ...

人類史を覆す 太古の暗号に秘められたミステリー

世界ふしぎ発見:坂本三佳が今までの常識をくつがえす大発見があるヨーロッパの洞窟
「世界ふしぎ発見!」の”30周年スペシャル”でミステリーハンターの坂本三佳さん...
スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!