世界ふしぎ発見!:野々すみ花が“幸せの国”ブータン王国に出会う

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

ブータン

今回の「世界ふしぎ発見!」の舞台はヒマラヤの秘境、ブータン王国です。

最近も眞子様が訪問されたことも記憶に新しい。

先進国とは違うあり方の幸せを求めるブータン。

“世界一幸せな国”というフレーズは知っていても、どんな暮らしや国なのかはあまり知らない方も多いのでは?

そんな知られざるブータンについて、ミステリーハンターの野々すみ花さんがその謎に迫ります!

スポンサーリンク

世界ふしぎ発見!「ブータンからの贈り物 未来を幸せにする方法」

今回の「世界ふしぎ発見!」の舞台はヒマラヤの秘境、ブータン王国。
秋篠宮家の長女・眞子様が訪問されたことも記憶に新しいですよね。

国民のほとんどが“幸せ”と感じ、独自の政策を進めているブータンは世界から注目を集めています。

そんなブータンを旅するミステリーハンターは女優の野々すみ花(のの すみか)さんです。

ミステリーハンター・野々 すみ花ってどんな人?

元タカラジェンヌの野々さん。
京都出身ということもあり、ザ・ジャパニーズビューティーの魅力溢れる女優。

公式サイトによると…。

名前:野々すみ花
出身地:京都府
生年月日:1987年2月27日(30歳)
身長:161cm
血液型:O型
趣味:映画・舞台鑑賞
特技:日本舞踊(花柳流 花柳萩和香)・バレエ

芸名の由来は、強く優しい野に咲く花のようにという思いが込められているそう。
番組でも野々さんはブータンの美しい花々を見つけていましたね。

世界ふしぎ発見公式のInstagramでもが野々すみ花さんとブータンの僧侶のショットが

野々すみ花さんは「ニューヨーク五番街の奇跡 日本を愛したティファニー物語」も担当。

世界ふしぎ発見:これ見るとティファニーのネックレスが買いたくなる!
2016年12月10日にTBSで放送された「世界ふしぎ発見」は「ニューヨーク5番街...
スポンサーリンク

野々 すみ花が訪れた「ブータン」ってどんな国?

最後の秘境と言われるブータン
観光地としてまだ日本人に馴染みが薄く、一体どのような国なのか、

外務省の基本データを見てみると…。

国名:ブータン王国(Kingdom of Bhutan)
面積:約38,394㎢(九州とほぼ同じ)
人口:約76.5万人(2014年:世銀資料)
首都:ティンプー(Thimphu)
民族:チベット系,東ブータン先住民,ネパール系等
言語:ゾンカ語(公用語)等
宗教:チベット系仏教,ヒンドゥー教等

言語は“ブータン語”でなく、「ゾンカ語」という言葉です。
日本語と同じく敬語が発達している国。

ヒマラヤ山脈に囲まれた平地が少ないブータン。

唯一の空港パロ空港(Paro Airport)はその立地から世界一着陸が難しい空港として知られています。

野々さんもハラハラの着陸を経験したのだとか。

ブータンを訪れる全ての外国人はガイドと行動をしなければいけません。
公定料金は、1人240ドル~290ドル(食事代・宿泊費・移動費・ガイド費を含む)。

これは観光収入を得ると同時に、ブータンの文化を守るという役割も持っています。

華やかな伝統の息づくブータンは山岳リゾートとしても人気

野々さんが最初に訪れたのは首都ティンプー。
街の至る所にブータン王国 第5代 ワンチュク国王とペマ王妃の写真が飾られています。

華やかな民族衣装(男性:「ゴ」、女性:「キラ」)を着た人々が行き交い、どこか懐かしい風景が広がります。
信号機が1つもないのは驚き。

番組で紹介されたブータン最大の祭り「パロチェチュ」
ブータンに仏教を伝えたというグル・リンポチェを記念するもの。

仮面を付けた僧侶が踊り、「トンドル」という巨大曼陀羅の御開帳がハイライトになります。

このような文化を守りつつも、山岳リゾートとして外国資本の5つ星ホテルも増えているというブータン。

中でも、ハーブをたくさん浮かべた「ドッツオ」という伝統的石風呂を味わえるホテル「コモウマパロ」は人気。



このスポットのクチコミ情報はこちら

スポンサーリンク

“国交31周年”のブータンと日本の絆

ブータンと日本は今年で国交31周年。
番組では、昭和天皇の句「ブータンのならはし あれに似る話 浩宮より たのしく聞けり」が紹介。
1987年に浩宮殿下がブータンを訪問して以来、親密な関係を保ってきています。

王立植物園ルードンメモリアルガーデンには、2013年に福島県三春町から送られた滝桜が。
2011年11月に被災地を慰問されたブータン国王夫妻への御礼として贈られたもの。

国王夫妻が御成婚されたのは訪問1ヶ月前の10月。
一般家庭出身のペマ王妃は7歳の時に、当時17歳だったワンチュク国王にプロポーズ。
「大きくなっても覚えていたら」と答えたの約束が果たされたのでした。

まるでドラマのような素敵な話です。

ブータンでは日本がブーム

このブータン、実は日本がブームになっているらしく人気が上がっています。
ブータン初となるラーメン店「颯」がオープンして、ブータン人にも大人気。
また日本語学校も設立され、日本への留学を夢見る300人もの学生が学んでいます。

野々さんがやって来たのは、ティンプーの台所サブジバザール。

アスパラやトマトなど日本でも見慣れた野菜が並びます。

ブータンにこのような野菜を伝えたのは実は日本人。
西岡京治(にしおかけいじ)さんは海外技術協力事業団として、ブータンの農業技術向上に貢献。

1980年にブータン最高位のダショーを授かり、西岡チョルテン(記念碑)が建てられました。

古都プナカで人気のファームステイを体験

野々さんが次に向かったのは古都プナカ。
標高1,350mにあり温暖のため、かつては冬の首都でした。

行政の中心と僧院を兼ねた城塞「ゾン」が町のシンボルです。

川に囲まれたプナカで唯一村とゾンを繋ぐ、約350mのつり橋。
ルンタという色鮮やかな祈りの旗が風に舞う風景はブータンそのもの。

農家の一般家庭に滞在できるファームステイは、ブータンで人気の観光。

農家にとっても貴重な収入になるので、政府も推奨しています。
野々さんが滞在するのは4世代一家。

家の中は美しいペイントが施され、まるで寺のような立派な仏間が特徴です。

大きな仏間なほど、ステイタスになるのだそう。
9割が農家だというブータンでは自給自足が基本です。

実家が農家だという野々さんも手際よく収穫を手伝います。
夕飯はブータンの国民食「エマダツィ」という唐辛子とチーズの煮込み。

世界で最も辛い料理と言われるブータン料理は野々さんには刺激が強すぎたようでした。

スポンサーリンク

先進国も注目!「幸せの国」ブータンの知恵

2008年に新国王が即位したのと同時に立憲君主に代わったブータン。
政府はGNH(国民総幸福量)という独自の指針を掲げ、数々の政策を行っています。

教育費と医療費が無料の他、特に力を入れているのが、環境保全です。
タバコの販売禁止、山を傷つけるトンネルの禁止などが例に挙げられています。

そして、2020年までに100%の有機農業を目指しています。

2010年から新たに取り組まれているのが、瞑想の授業。
精神を穏やかにすることも、国民の健康を保つ秘訣と言います。

このような取り組みにより、2015年の調査で国民の92%が幸せと答えたブータン。
物で溢れていることが豊かとは限らない、と先進諸国に一石を投じているかのようです。

ブータンの雪男伝説と謎の珍獣

ブータンの人々の間で噂される雪男伝説。
この真意を突き止めるため、野々さんが向かったのは農林省です。

そこには1993年にタシガン県で発見されたという石膏で固められた足跡が!
「ミゲ」という全身毛むくじゃらの生物は、夜に家を揺さぶるなど数々の伝説が。

次に訪れたのは、モティタン・ターキン保護区。
ここではブータンの国獣「ターキン」を見ることができます。

かつてはアジア各地に生息していましたが、森林伐採により絶滅危惧種となってしまいました。

ブータンでは「生物回廊」という各自然保護区を繋ぐ計画が行われてきました。
亜熱帯から氷河地帯まで多種多様な環境の中で、生き物が自然に行き来できるそう。

国土のほとんどが自然保護区というブータンでは、未だ人が訪れたことがない地域が多く残ります。
きっとそこには、まだ発見されていない生物がいるかもしれませんね。

生まれ変わっても、美しい自然が残っているように…。
そんなブータンの宗教観は人にも自然にも優しいものでした。

ブータンでグランピング?!充実の一泊トレッキング

野々さんはブータン観光の目玉でもあるトレッキングコースに挑戦。
美しい高山植物を始め、600種類以上生息するという鳥などを見ることができます。

その6割が固有種であり、世界中から注目されています。
8時間かけ到着したキャンプ地で待っていたものは、絨毯にベッドなど充実のテント。
驚きが5つ星ホテルのシェフが作るフルコースです。標高3,800mで頂く味は格別でしょうね。

ブータントレッキング(イメージ)

まとめ

インドと中国に挟まれている小さな国ブータン

軍事力と経済力に劣るブータンが、国民の幸せを基準にした政策を行い、先進諸国から注目される国となりました。

人々の幸せを考えるからこそ、自然を大切にする。

同じ仏教を信仰する日本人も学ぶべきことがたくさんありますね。

スポンサーリンク

世界ふしぎ発見!「ブータンからの贈り物 未来を幸せにする方法」で訪ねたスポット

今回の世界ふしぎ発見で訪れたスポットをまとめています。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!