世界ふしぎ発見:箱根そっくりなタウポの温泉!日本とニュージーランドの驚きのつながりが明らかに!

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

TBSで放送の「世界ふしぎ発見!」の今回のミステリーは「ジャパン・箱根×ニュージーランド・タウポ 世界は温泉を愛してる!」です。

今回のテーマは温泉ということで、日本でもっとも有名な温泉地の1つといえる箱根へ。
でも、日本人だけでなく外国人観光客にも人気急上昇なんだとか。外国人は、箱根のどんなところに惹かれているのでしょうか?

ミステリーハンターの比嘉バービィさんが、外国人にも人気な箱根の魅力の秘密と、その知られざる歴史をさぐります。

そしてもう1つの舞台であるニュージーランドには、箱根にそっくりな姉妹都市があるんだとか。こちらは初海外のミステリーハンターの副島淳さんがレポートです。

今回は日本ニュージーランドの2つの温泉を楽しみますよ。

放送内容ついては『世界ふしぎ発見「ジャパン・箱根×ニュージーランド・タウポ 世界は温泉を愛してる!」の中身は?』以降で紹介です!

スポンサーリンク

世界ふしぎ発見「ジャパン・箱根×ニュージーランド・タウポ 世界は温泉を愛してる!」

今回は温泉を共通点に、日本の箱根ニュージーランドのタウポを巡っていきます。
箱根といえば日本屈指の温泉地ですので、このブログでも箱根の強羅温泉なども紹介しています。

厳選いい宿:秋の行楽にピッタリの栃木・信州・湯河原・箱根の温泉宿
2016年11月12日に放送された「厳選いい宿」の60分特番で「秋の行楽にオス...

ニュージランドのタウポ箱根の姉妹都市で、豊かな自然と温泉があるところもそっくりなようで興味深いですね。

そんな箱根そっくりなタウポが、ミステリーハンターの副島淳さんがにとっての初海外。
取材前に一枚の写真の景色とそっくりな場所を探すと言われただけで、行き先がニュージーランドと知ったのは成田空港だとか。
ひょっとしたら、副島さんは海外に行くつもりじゃなかったのかもしれませんね。

今回はそんな共通点の多い箱根タウポ、2つの温泉地を巡っていきます。

そして、今回の世界ふしぎ発見の登場人物は、おなじみの草野 仁さん、出水 麻衣さん、黒柳 徹子さん、野々村 真さん。そして、キムラ緑子さん、はるな愛さん、鈴木奈々さん、宮沢氷魚さんです。

ミステリーハンターの比嘉バービィと副島淳はどんな人?

今回のミステリーハンターは比嘉 バービィさんと副島 淳さんです。
一体どんな人達なんでしょうか?

公式サイトによれば、

比嘉 バービィ(ひが ばーびぃ)

ペルーで生まれ、5歳より日本で暮らす。モデルとして数々のファッション誌や広告、CMなどで活躍し、現在は英語とスペイン語を活かしてレポーターやMCアシスタント、またバラエティ番組などで幅広く活動している。特技は、ダンス、ピアノ、バレーボール。公式ブログは「Dulce Barby」。
ミステリーハンターは今回で13回目(スペシャルの回は含まず)。

副島 淳(そえじま じゅん)

東京都出身。俳優として数々のドラマや映画に出演。趣味は、バスケットボール、映画・舞台鑑賞、スポーツ観戦、温泉。大好物はラーメン。ミステリーハンターは今回で3回目。

副島さんは3回目で、初海外なんですね。しかも軽くどっきり気味な感じでの。

改めて考えると、箱根の魅力ってなんだろう?

箱根は日本人なら馴染みの温泉地です。また年始には箱根駅伝もあって、箱根というエリア自体がブランドを持っていますね。しかし、その魅力を改めて考えると何でしょうか?

都内からのアクセスのよさは1つありますね。小田急のCMでも週末のプチ旅行で箱根というイメージはありますからね。

でも、外国人の方にとっての箱根は「富士山」です。おお、世界遺産を見るポイントとしては絶好の場所ですね。芦ノ湖と赤い鳥居、富士山がそろった「逆さ富士」を拝めれば感動間違いナシ!

やばい、急に行きたくなってきた

箱根そっくりはニュージーランド タウポで愛される温泉の秘密

うって変わって今度はニュージーランド。年始の観光スポットレビューでも書きましたが、昨年末に放送された世界ふしぎ発見での輝くものを色々取り上げていくニュージーランドの旅で登場した星空洞窟は死ぬまでに一度は行きたいです。

そんな個人的も株価急上昇中のニュージーランドで、今度は日本人馴染みの温泉ですから気になりますね。

ニュージランドにある星空の洞窟の絶景は死ぬまでに一度は見ておきたい!
TBSで放送された今回の世界ふしぎ発見は「地下洞窟の星空 輝く!ニュージーラン...
2017年に行ってみたい!2016年にテレビで紹介されたスポット5選
このブログも3ヶ月運営してきて、記事もある程度溜まってきました。 数はまだまだ&取...

ニュージランドの温泉も、街中で湯気がでていて日本とよく似ているようです。

ただ、海外では温泉に水着で入る違いはありますが、裸でないからこそ、開放的な温泉を楽しめるメリットがあります。意外なのは、日本と違って無色透明であまり匂いがない模様。
基本的には、普段湯船につかる習慣のないニュージランドの人達はお湯に浸かりたい時に温泉を利用します。

でもマオリの方は、戦いの傷を癒やすために温泉に入っていたようで、日本でも戦の疲れを癒したという話と合致します。今の温泉の楽しみ方は少し違えど、古くからの温泉との付き合い方は世界変わらず共通なんですね。

スポンサーリンク

世界ふしぎ発見「ジャパン・箱根×ニュージーランド・タウポ 世界は温泉を愛してる!」の中身は?

今回の世界ふしぎ発見は温泉がメインのテーマ。日本屈指の温泉エリアの箱根は、海外からの人からもすごく人気のスポットです。

今回はその箱根の魅力と、箱根と付き合いの深いニュージーランドの姉妹都市を訪れ、ニュージーランドで箱根を探す旅へ!

温泉以外にもグルメや文化などでも共通点が多い2つのスポット。今回は箱根ならではといえる芦ノ湖から見える富士山の美しい風景をニュージーランドで発見する旅です!

箱根が外国人に大人気の理由とは

ロマンスカーで新宿から一気に箱根へ。東京からアクセスの良さが外国人観光者から人気のひとつになってます。

箱根といえば最近まで入場規制がされて観光業には大きな痛手でしたが、そのときに海外の観光客が右肩の増加でその苦境を支えられ、大涌谷も今では多くの観光客で賑わっております。

箱根といえばやっぱり海外の観光客も温泉を楽しみに訪れる人が多い模様です。
比嘉バービィさんが訪れたのは、大涌谷を源泉とした多くの文筆家に愛された「福住楼」の大丸風呂です。ここの温泉は、アルカリ性単純温泉で疲労回復、健康増進などに効果があります。

そして老舗旅館以外にも素泊まり5000円の「富士箱根ゲストハウス」は海外の方から人気で、日本美術と茶のレクチャーなど日本文化に触れることができます。ここの温泉は、酸性カルシウム硫酸塩温泉で切り傷、火傷、皮膚病などに効果があります。

また外国人も目当てとする富士山の絶景を楽しむには、仙石原にある「ホテルグリーンプラザ箱根」から眺める露天風呂からの本物の富士山です。ここの温泉はナトリウム炭酸水素塩泉で神経痛、筋肉痛、関節痛、などに効果ありです。

箱根のお座敷文化を体験しよう!

外国旅行客が旅先に箱根を選ぶ決め手となっているのがやはり富士山ですが、それ以外にもここで味わえる日本文化が理由です。

箱根には160の芸者が活躍するエリアでお座敷文化を体験することができ、実際に体験するために「塔ノ沢一の湯 本館」へ。

この宿では、宿泊料金に5000円を追加すると業者さんとお座敷遊びができる体験プランがあります。翻訳付きで芸者さんと実際に遊べるため海外の人から大人気です。

宿泊客の海外の人も、お座敷文化をテレビで見た事はあるようでしたが、実際に体験することができて大満足の様子でした。

箱根の姉妹都市がニュージーランドに!

ここから、もう1人のミステリーハンターの副島淳さんにバトンタッチで、ニュージーランド屈指の温泉スポットロトルア(Rotorua)へ。

クイラウ・パーク(Kuirai Park)は温泉を見学できる広い公園で、まさに温泉地の湯気の中につつまれるような場所です。

ただ、ロトルアは姉妹都市が別府!箱根の姉妹都市はタウポ(Taupo)でした。

目的地と少しズレていたので移動ですが、周囲が自転車で移動してるのを見て副島さんもレンタサイクルで近隣のタウポを目指します。ただ80キロ以上も離れていることを知らずに自転車で移動したので途中心折れそうに…

ここで、親切なレンタサイクルのカールさんでお勧めスポットで疲れを癒やします。
案内してくれたのは、険しい山道を抜けたさきにある滝壺の天然温泉のケロシン・クリーク(Kerosene Creek)です。

これは気持ち良さそう!

ついにニュージーランドで「箱根の絶景」を発見!

温泉で疲れをいやした副島淳さん。ついにタウポへ到着!
タウポのインフォメーションセンターの案内板に箱根との姉妹都市と表示されています。

そして、当初のお題にあったタウポの富士山と芦ノ湖の眺めを発見!

琵琶湖ほどの大きさのタウポ湖と、その先にはニュージーランドの先住民マオリの聖なるトンガリロ山ナウルホエ山が見えるシチュエーションが、芦ノ湖と富士山とそっくりです!

箱根そっくりなタウポの同じところとちがうところ

そして、当然タウポには温泉があります。訪れたのはワイラケイ・テラス(Wairakei Terraces)です。

^yEiAh^さん(@rhea_tecson)が投稿した写真

1886年に火山の噴火で埋もれてしまった温泉を再現していて、泉質は中性塩化物温泉の皮膚病、リウマチに効く温泉です。ここは古くからマオリの人の湯治場です。マオリの人々もまさに温泉共に暮らしてきたと言えます!

そしてこの地で日本人観光客が伝えた料理もあります。それが温泉卵です。
元々温泉を使って料理する文化はあったようですが、玉子は日本人観光客が頻繁に聞かれることで作るようになったとか。

そして箱根といえば芦ノ湖の九頭龍大神がいるようにタウポもタウポ湖に守り神がいます。
それがマオリの伝説に登場する探検家を彫ったナトロイランギの彫刻(Maori Rock Carvings)です。

本当に箱根と共通点が多いですね。

ただ違う点もあります。それがタウポで温泉以外に有名なのが、バンジージャンプ。
ニュージーランドといえば、商業バンジーの発祥の地。

タウポのバンジースポットは爽快感が格別に良いと評判で、バンジーが苦手な副島さんも腹を決めてバンジー!です。

外国人に愛されてきた箱根の歴史

多くの観光客が訪れる箱根ですが、外国人観光客により楽しんでもらえるようと頑張っています。

例えば、箱根の寄木細工では、箱根駅伝の記念トロフィーも作っている金指ウッドクラフト

ここでは、寄木細工のことをより知ってもらうための英語で翻訳された寄木細工のパンフレットがありました。また、1919年に開業した箱根登山鉄道電車でも手作りの翻訳ポスターがあったりと海外の人向けのおもてなしに色々と力を割いています。

ただ、箱根は昔から外国人に長く愛されている場所でした。その資料が日本屈指のクラシックホテルである富士屋ホテルにあります。ここに保管されている1906年の宿帳を見ると、アルファベットばかりで多様な国から訪れていることがわかります。

そのため料理も当時から、海外客向けが主流でステーキのメニューは1903年から提供しているとか。また建物も和と洋が渾然一体となった何とも言えない雰囲気がありますね。

今回の旅のまとめ

温泉というと、日本にいると日本文化というイメージが強いですが、実は世界各地に数多くの温泉があってそれぞれの魅力があることがわかります。ヨーロッパでも温泉はポピュラーでこのブログでも紹介しています。

旅するドイツ語:ベートベンの第九が生まれたオーストリアの温泉リゾート
2016年12月5日にNHKで放送された「旅するドイツ語(再放送は12月10日...

そんな中で、日本の温泉として箱根に魅力があるのは、富士山と芦ノ湖というここでしか得られない自然美とお座敷遊びなどの日本固有文化の体験を、都心から簡単にアクセスできることに価値が有るのがよくわかりました。

それにしても、ニュージーランドの滝壺の天然温泉は一度行ってみたい!

スポンサーリンク

世界ふしぎ発見!「ジャパン・箱根×ニュージーランド・タウポ 世界は温泉を愛してる!」で訪れたところ

今回の世界ふしぎ発見で比嘉バービィさんと副島淳さんが訪れたスポットを紹介します。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!