プライベートブランド(PB)商品の製造元の比較!これ知らないと絶対に損する

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

supermerket-pb-research1

スーパーに行くと目にするプライベートブランドの商品、略してPB商品。これらはメーカー商品に比べ安いものが多く、品揃えも豊富なので一度が購入したことがあるのでは?

でも価格が“安い”と、反射的に“質が悪い”というイメージがつきものですが、実はそうとも言えない!

スーパーのPB商品は、メーカー商品と引けを取らないものも多いんです。なぜなら、PBの製造元が大手メーカーということが結構あるから。

調べてみるとおもしろいPB商品の製造元比較。愛用の商品がオトクに手に入れられるかもしれません!

スポンサーリンク

PB(プライベートブランド)商品を出している大手スーパー

タモリ倶楽部での阿佐ヶ谷姉妹の「SEIYUとイトーヨーカドー バトル」でプライベートブランドについてご紹介しましたが、今回は他のプライベートブランドも加えて、どのスーパーがどのようなプライベートブランドを展開しているのかまとめてみました。

タモリ倶楽部:阿佐ヶ谷姉妹がSEIYU派 VS イトーヨーカドー派で大激論!2つのスーパーどっちが良いか?
今回のタモリ倶楽部で阿佐ヶ谷姉妹がごひいきのスーパー「SEIYU」と「イトーヨ...

それぞれ、ブランドの強みが生かされたラインナップになっているので、用途に合わせて使い分けてみるのがオススメ。同じ商品に見えても中身が結構違うのでおもしろいですよ。

イトーヨーカドー:セブンプレミアム

イトーヨーカドーのプライベートブランド「セブンプレミアム」は、商品部門により3つのグループに分かれています。

  • セブンプレミアム フレッシュ…生鮮食品
  • セブンプレミアム ゴールド…食品
  • セブンプレミアム ライフスタイル…衣料品

特に、「セブンプレミアム ゴールド」はプライベートブランドとしては割高ですが、そのクオリティの高さで人気のある商品が多いです。

イトーヨーカドーの他、セブンイレブンでも購入できますよ。

「セブンプレミアム」商品一覧

イオン:トップバリュ

イオンのプライベートブランド「トップバリュ」は、価格・品質などで4つのブランドに分かれています。

  • トップバリュ…品質が良く、値段も手ごろな日々よく消費する食品がメイン。
  • トップバリュ セレクト…高品質で製法や産地にこだわった食品。
  • トップバリュ ベストプライス…サプライチェーンでのコスト減により、低価格を実現。
  • トップバリュ グリーンアイ…オーガニックや添加物・原材料に配慮した食品メイン。

一時期イオンはトップバリュを全面押ししたCMを流していて、PB推しに熱心でした。

「トップバリュ」商品一覧

SEIYU:きほんのき・みなさまのお墨付き

SEIYUのプライベートブランドは「きほんのき」と「みなさまのお墨付き」の2種類。

  • きほんのき…低価格を重視したラインで赤いパッケージが目印
  • みなさまのお墨付き…消費者テストをクリアしたものだけを商品化

ユニークなのがみなさまのお墨付きですね。“消費者”というのは、全国の主婦の方々。味・容量・価格を評価し、70%の支持がなければクリアできません。発売後も1~2年後に再テストが実施されるので、常に商品の向上が求められています。

「みなさまのお墨付き」商品一覧

ユニー、イズミヤ、フジ:スタイルワン

プライベートブランドには、3社共同開発の形態もあります。こちらのスタイルワンは、食品・日用品を中心に約2,000点を取り扱います。

3社共同なので、生産量を増加させその分、低価格を実現できました。

「スタイルワン」商品一覧

スポンサーリンク

PB商品の製造元を調査したら面白い結果になった

プライベートブランドは一体どこが作っているのか?

実は普段買っているメーカーです。なぜなら、スーパーには工場などの設備があるわけでないので、自分たちで作り始めたらコストがかかって大変。だから、プライベートブランドは、一括でその商品をメーカーから買う代わりに自分たちの看板で売るわけですね。

そのため、各スーパーのサイトから、商品の製造元を調べることができます。メーカーとの提携でオリジナル商品として開発されているものもありますが、実は大手メーカーで製造されている商品も多い。

今回は、PBとなっている日用食品について比較してみました。商品の質のこだわりや好みの違いはあるので、値段はご参考レベルで。

トップバリュだけは製造所固有記号検索システムを使わないと分かりません。

製造所固有記号検索システム

「しょうゆ」のPB製造元は有名メーカーが多し!

しょうゆも幾つかの種類がありますが、今回は濃口しょうゆで揃えています。

ブランド 製造元 値段(税込) リンク
セブンプレミアム ヒゲタ醤油 1000ml 149円 詳細
トップバリュ ワダカン 1000ml 98円 詳細
みなさまのお墨付き イチビキ 1000ml 127円 詳細
スタイルワン イチビキ 800ml 108円 詳細

比べるとトップバリュがお値打価格ですね。ただし製造元はあまり聞き慣れないところです。だから同じように見えて価格差がでてきますね。おもしろい結果が出ました。

一方で製造元で多かったのがイチビキです。イチビキの類似のオリジナル商品と比べると、分量が違いますがやっぱりPB商品の方がお値打ちでした。

「ケチャップ」のPB製造元は、意外なキッコーマンが多い

ケチャップはトマトケチャップで揃えて調べています。

ブランド 製造元 値段(税込) リンク
セブンプレミアム キッコーマン 500g 149円 詳細
トップバリュ ハグルマ 500g 105円 詳細
みなさまのお墨付き カゴメ 500g 149円 詳細
スタイルワン キッコーマン 500g 149円 詳細

先程の醤油と全く同じ構造でおもしろい結果になっています。トップバリュは安いけどあまり聞き慣れないメーカーが作っています。

一方でセブンプレミアムとスタイルワンは量も値段も一緒の結果に。ということは「パッケージが違うだけで、中身は同じ商品?」と勘ぐってしまいます。

また、製造元で多かったのがキッコーマンです。しかしキッコーマンがケチャップって意外と思われるかもしれませんが、デルモンテ社との技術提携でケチャップを製造販売しているのです。なるほど、デルモンテなら納得!

こちらもデルモンテのケチャップでAmazonで比較すると200円を超えていて、PBがかなり安いですね。単価が安い商品はネットだと値段が高くなることもあるので実際にはお店で比較が必要ですね。

西友はカゴメとPBの両方がありますが、調べた時点で比較するとカゴメが158円、みなさまのお墨付きが138円と20円の差がありますね。

カゴメ トマトケチャップ

「マヨネーズ」のPB製造元は、王道のキユーピーが強い!

マヨネーズは、カロリーハーフなどいくつかのバリエーションがありますが、普通のマヨネーズで揃えています。

ブランド 製造元 値段(税込) リンク
セブンプレミアム 味の素 500g 183円 詳細
トップバリュ キユーピー 500g 170円 詳細
みなさまのお墨付き エスエスケイフーズ 400g 170円 詳細
スタイルワン キユーピー 400g 159円 詳細

今までトップバリュが価格メリットを訴求してきましたが、今回はスタイルワンがお値打です。しかも製造元はキユーピーなので、普段から買っている人も多いメーカーの商品ですごくオトクではないですか!

  • スタイルワンが赤字覚悟で目玉にしてる
  • 営業地域でマヨネーズの消費量が多い

なんて、色々と想像できるのがおもしろいです。

みなさまのお墨付きは、あまり聞き慣れないエスエスケイフーズというメーカー。同じ条件でエスエスケイフーズブランドの商品も売っていますが比べると、やっぱりプライベートブランドが安いですね。

「イチゴジャム」のPB製造元は、あまり知らないメーカーだった

ジャムは定番のイチゴジャムで揃えています。

ブランド 製造元 値段 リンク
セブンプレミアム ソントン 190g 321円 詳細
トップバリュ スドージャム 135g 102円 詳細
みなさまのお墨付き スドージャム 135g 105円 詳細
スタイルワン スドージャム 255g 213円 詳細

ジャムは材料のいちごによってかなり左右されるので、結構値段がバラバラ。

調べてみると、製造元が聞き慣れないところが多い。3社に製造しているスドージャムは、創業が大正12年と間もなく創業100年を迎える老舗です。

なにげに買っていたジャムは、実はスドージャムだったのかもしれません。PBと容量が違うので比較しづらいですが、こちらもやっぱりPB商品がお得ですね。

またPB同士で比べても、同じ容量でも値段差がありますが、調達量の違いから来るのかもしれません。安さだとSEIYUのイメージだったのが意外にもイオンの方が安い結果に。

海外スーパーのプライベートブランドはあるの?

日本のスーパーではおなじみのプライベートブランドですが、海外のスーパーにもあるのでしょうか調べてみました。

スポンサーリンク

コストコ(Costco)

日本でもおなじみのアメリカ発の大型倉庫型店。食品はもちろん、医薬品や家電など幅広い取扱いが特徴です。

コストコが展開している、プライベートブランドは「KIRK LAND SIGNATURE(カークランド シグネチャー)」といい、設立当時に本社があったワシントン州カークランド市にちなみます。

日本にもコストコが出店しており、KIRK LAND SIGNATUREの商品は店内にあるベーカリーやデリカテッセンでも展開され、アメリカンな味を楽しめると好評です。

詳細はこちら

ウォルマート(Walmart)

こちらもアメリカ発の大型店。世界最大級のスーパーチェーンであり、食品だけでなく生活に関わるほとんどのものを販売。

プライベートブランドは、部門ごとに名前があり食品だと価格帯で3段階に分けています

  • Sam’s Choice(サムズ チョイス)
  • Great Value(グレート バリュー)
  • Price First(プライス ファースト)

中間の「Great Value」の一部商品は、SEIYUでも取扱いがあります。

グレートバリュー 商品一覧 – SEIYUドットコム 【ネットスーパー】

カルフール(Carrefour)

フランス発の大手スーパーチェーン。日本からはすでに撤退してしまいましたが、フランスでは他の大型スーパーチェーンに見られないプライベートブランドを展開。

フランス産の安心・安産な原材料を使ったものや、オーガニック、グルテンフリーなど健康志向のニーズに答えるラインナップを用意しています。

スポンサーリンク

スーパー以外のプライベートブランドはどんなのがあるの?

大手スーパーのプライベートブランドは、食品だけでなく衣料品や雑貨も幅広く取り扱っています。ここでは薬局や雑貨店など食品を扱うスーパー以外の店のプライベートブランドを見てみたいと思います。

企業名 プライベートブランド名 内容
Amazon Amazonベーシック 家電を中心に展開。
ドン・キホーテ 情熱価格 食品から家電まで幅広い取扱い。
大手企業と共同制作したものも。
マツモトキヨシ MK CUSTOMER 医薬品、化粧品、日用品、食品を展開。
東急ハンズ hands+・hands+トラベル トラベル用品、手帳、
ファブリックなどを展開。

Amazonのニッケル電池、通称アマループは、生産国が日本。どうやらエネループの製造元と一緒の模様ですが、アマゾンの流通に乗ると約25%オフにも価格が安くなる。

また、アパレルオンラインショップのZOZOTOWNでもプライベートブランドの展開が噂されていますが、今のところ販売はされていないようです。

プライベートブランドは調べるとおもしろい!

基本的には、有名メーカーより“お得”にできているプライベートブランド商品。
必ずしも有名メーカーのものだけでなく、プライベートブランドのものを買って比べてみるのも、楽しいかもしれないですね!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!