旅サラダ:広瀬未花のカナダ(バンクーバー&カナディアンロッキー)この大自然に心揺さぶられる

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

バンクーバー

今回の旅サラダカナダの「バンクーバー&カナディアン ロッキー」です。

旅サラダガールの広瀬未花さんが旅したバンクーバー(Vancouver)カナディアンロッキー(Canadian Rockies)のスポットを巡ると、雄大な自然の美しさに心揺さぶられました。

コレを見るとカナダの魅力の懐の深さを知ることができますよ!
でも寒さが厳しいので、夏のがいいかも?

スポンサーリンク

旅サラダ:海外の旅「カナダ:バンクーバー&カナディアン ロッキー」

今回の旅サラダカナダの「バンクーバー&カナディアン ロッキー」です。旅するのは旅サラダガールズの3年目になった広瀬未花(ひろせ みか)さん。

カナダ南西部の海に面した大都市バンクーバー(Vancouver)と、カナダが誇る雄大な大自然が魅力のカナディアンロッキー(Canadian Rockies)周辺を巡ります。

バンクーバーは、浅田真央さんが銀メダルを獲得した「バンクーバーオリンピック」があった街という印象ですが、ここにどんな魅力的なスポットがあるでしょうか?

レトロな雰囲気がおしゃれなバンクーバーのイエールタウン(Yaletown)

海に面するバンクーバーは、海風が吹くとても気持ちの良い都市です。
街の中心に高層ビルがそびえたつ一方、レンガ造りの建物などが並び、古き良き時代を感じさせてくれます。

“バンクーバーに一度は来てみたかった”という広瀬未花さん。
特に古い街並みを残すエリア、イエールタウンを散策します。

昔は倉庫として使われていたレンガ造りの倉庫を改装し、今は、おしゃれなカフェやブティックなどが立ち並ぶ、人気のショッピングエリアになっています。

イエールタウンシンボルの醸造所直営でカナダの地ビールを味わう

広瀬未花さんが立ち寄ったのは、イエールタウンのビール醸造所(Yaletown Brewing Company)

イエールタウンのシンボルとも言えるこの醸造所では、今バンクーバーで人気の地ビールを楽しむことができます。

広瀬さんは7種類のビールが味わえるビールテイスティングをオーダー。バナナ風味の白ビールなど、ホップの種類や発酵の度合いによる様々なビールを楽しむことができます。

広瀬さんのお気に入りはインディアンペールエール。
独特のフルーティーさと、舌の奥で感じる苦味が絶妙!

初めてのカナダの旅に乾杯です。

スポンサーリンク

バンクーバーの海上移動はアクアバス(Aqua Bus)が便利

イエールタウン桟橋で待っていると、かわいい小型の屋根付きボートが停まってくれました。

これは、地元の人がタクシー代わりに使っているというこのアクアバス(Aqua Bus)です。

路線や停車場はなく、好きなところで降ろしてもらえて便利。
インフラが海の上まで整っているバンクーバーはとても住みやすそう。

環境保全にも貢献!名物シーフードを味わう

バンクーバーがここから広がっていったという、メインストリート(Main Street)に着いた広瀬さん。

フィッシュ&チップスをカウンターで食べることができる、フィッシュカウンター(The Fish Counter)というレストランを見つけました。

ショーケースには新鮮な魚がずらりと並びます。
広瀬さんが選んだのは日本ではキンムツとよばれるリングコッド。
バンクーバー近海にたくさんいる白身魚です。

このレストランは「オーシャンワイズ(Ocean Wise)」というプログラムの下、数少ない魚は使わずに近海で採れる魚を契約漁師から買うという環境に配慮した活動に参加しています。

出てきたのは、カラリと揚がった大きなフライドフィッシュ。
衣は薄く、中にはギュッと引き締まった白身魚で脂がほどよくのり、新鮮さがわかります。

美味しい魚を食べて、環境にもいいなんて、一石二鳥

“カナディアンロッキーの宝石”バンフを巡る

バンクーバーを後にし、カナディアンロッキーの山々に囲まれたバンフ(Banff)を訪れた広瀬さん。

山から見下ろすバンフの街は、降り積もる雪が神秘的な雰囲気で包み、まさに“ロッキーの宝石”みたい。
まるでファンタジーの世界のような光景です。

でも街は氷点下の寒さ!

寒さにたまらず広瀬さんがはいったのがブロック キッチン&バー(Block Kitchen & Bar)です。

日本でのシェフ経験も持つオーナーが務めるレストランで、ここでは珍しいバッファローの肉を使ったピザなど味わえますよ。

美味しい食事で体も温まってきましたね!

Welcome
Welcome to the Block, A vibrant and eclectic Banff Local Favorite, we fuse world cuisines into an amazing Tapas restaurant experience.

オーガニックな食材をつくった手作り石鹸のロッキーマウンテンソープ

次に広瀬未花さんが訪れたのが、ロッキーマウンテンソープ(Rocky Mountain Soap)です。

店内はオレンジやニンジンなど自然素材を使ったソープのいい香りで包まれています。

ソープの他にも、フットバターなどバリエーション豊かなラインナップ。色合いも可愛くお土産にぴったりです。

隣町にロッキーマウンテンソープの工房があって、手作りソープの工房見学ができます。ほとんどの製品は食べられる地元のオーガニック食材を使用した、こだわりの製品が作られています。

Rocky Mountain Soap Company - 100% Natural Skin Care
A genuinely all natural skin care company offering a variety of handmade natural soap, moisturizing body butter, and aromatherapy products for the bath and body
スポンサーリンク

心温まるカナディアンロッジ「ペイント ボックス ロッジ」に宿泊

バンフの隣町にある人気の観光エリアのキャンモア(Canmore)にやってきた広瀬さん。

今日はペイント ボックス ロッジ(Paint Box Lodge)に宿泊です。

オーナーは元アルペンスキーのオリンピックメダリストであるサラさんが一番お気に入りの部屋が今夜の宿泊場所。

アンティークの家具や木製のスキー板などが飾られ、古き良きカナディアンロッジを演出します。
木のぬくもりと温かみのある色合いのインテリアで、リラックスした時間を過ごせますね。

料金は、1泊ルームチャージで約17,400円から。

ペイント ボックス ロッジ(Paint Box Lodge)を調べる

プロ写真家と行く、カナディアンロッキーの大自然撮影ツアー

「ペイント ボックス ロッジ」のロビーに飾られた、美しいカナディアンロッキーの風景の数々。

これらの写真を撮影した写真家ノエル・ロジャースさんが撮ったもの。そして、彼がガイドする撮影ツアー「ボウ バレイ フォトグラフィ(Bow Valley Photography)」で雄大なカナディアンロッキーの絶景スポットを巡りながら撮影もしてもらえます。

最初に訪れたのはノエルさんのお気に入りの古い鉄橋。
ここからは世界中から登山客が訪れるスリーシスターズを見れます。

雪が覆い被り、雲間から見えるそびえ立つ山々は荘厳の一言です。

続いて、カナディアンロッキー麓のカナナスキス(Kananaskis)エリアではスノーシューを履いて雪の中をハイキングできます。

広瀬さんはこんな感じの靴を履いてハードなハイキングでした。

しんしんと降り積もる雪の中、出会ったのはなんと野生のエルク
凛とした表情はまるで森の主です。

最後に案内してもらったのは、ノエルさんのとっておきの秘密の場所のミネワンカ湖(Lake Minnewanka)です。冬には水面が凍り、まるで天然のスケートリンク。

氷上の雪をかき分けると、湖の底から湧き上がる泡が凍って作り出す水玉模様が出てきました。

地元出身のプロのカメラマンのガイドだからこそ知る、とっておきのカナディアンロッキーを巡る旅でした。

旅サラダ:海外の旅「カナダ:バンクーバー&カナディアン ロッキー」のまとめ

カナダの「バンクーバー&カナディアン ロッキー」スポット巡る旅はいかがだったでしょうか?

バンクーバーの近現代が入り交じった美しい街並みと、雄大な大自然が美しいカナディアンロッキーの対比がすごくおもしろくて、
カナダの魅力の懐の深さを知ることが出来ました。

特に、自然の圧倒的なスケールには驚かされますね。

スポンサーリンク

旅サラダ:海外の旅「カナダ:バンクーバー&カナディアン ロッキー」で訪れたところ

今回の旅サラダ「海外の旅」で訪れたスポットを紹介しています。
観光の時の参考に!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!