旅サラダ:空中自転車でチョコレートヒルズを一望!フィリピン・ボホール島の旅

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

チョコレートヒル

今回の旅サラダの海外の旅「フィリピン・ボホール島」です。

旅サラダガールの西山真似(にしやま まい)さんが、フィリピンの人気リゾート・アイランドを旅するシリーズもついに最終回です。

これまで、ボラカイ島セブ島などを巡ってきましたが、ボホール島もここ独自の観光スポットや名所がたくさんある魅力的なスポットでした。
特に空中サイクリングができる「バイク・ジップ」は一度は体験してみたい!

フィリピンはビーチリゾートが主体と思っていましたが、そうではない魅力がたくさんあるスポットです。これを見たらフィリピンに行きたくなりました。

スポンサーリンク

旅サラダ:海外の旅「フィリピン・ボホール島」

今回の旅サラダ「フィリピン・ボホール島」です。
緑と海の楽園を旅サラダガールの西山真似(にしやま まい)さんが旅します。

ボホール島(Bohol Island)は、フィリピンのなかでも大人気のリゾート地であるセブ島から船でわずか2時間ほど。人口は約114万人で面積は東京都の約2倍もある大きな島です。

これまで旅しきてきたフィリピンの海外の旅では、ボラカイ島のパラセーリングやセブ島の歴史的名所めぐりをしてきました。

旅サラダ:フィリピンのボラカイ島でアイランド・ホッピング、絶景の無人島「クリスタル・コーブ」へ
今回の旅サラダの海外の旅はフィリピン・ボラカイ島です。 旅サラダガールは...
旅サラダ:フィリピンの楽園を求めてセブ島とカオハガン島へ
今回の旅サラダの海外の旅は「フィリピン・セブ島」です。 旅サラダガールの...

しかし、このボホール島は上の島とは違う魅力に溢れたスポットです。

熱帯雨林のジャングルで覆われ、周辺は美しいサンゴ礁が広がる自然豊かなこの島では、
様々なアクティビティも楽しむことができます。

ボホール島でしか見ることができないチョコレート・ヒル

オーシャンジェット(Ocean Jet)でセブ島からボホール島へ着いた西山さん。
早速、ここでしか見ることができないという絶景を見に行きます。

到着したのは、360度周囲が見渡せる展望台。
広大なジャングルの中に、高さ30mほどの小さな山をたくさん見ることができます。

これはチョコレート・ヒル(Chocolate Hills)といって、サンゴでできた地盤が何万年もの歳月かけて隆起したもの。

1268個もある丘は、どれもかわいらしい円錐形ですが、なぜこのような形なのかは理由はわかっていません。
石灰質でできているため、大きな木は育たず、草などが生い茂ります。

4月から6月の乾季には草が枯れるため、茶色のチョコレートの山のように見えるそう。
季節によって表情を変えるなんて、隠れた絶景ですね。

スポンサーリンク

新感覚アクティビティ、空中自転車「バイク・ジップ」を体験

次に西山さんが向かうのは、チョコレート・ヒルズ・アドベンチャーパーク(Chocolate Hills Adventure Park)

ここでは、今話題のアクティビティ、ジップラインの進化系であるバイク・ジップを楽しむことができます。バイク・ジップは自転車のタイヤに溝があり、谷の向こうに渡されたロープの上を走るというもの。

Ishigoさん(@s_ishigo)がシェアした投稿

頭上にもガイドのロープがあり、自分で自転車を漕ぎます。
空中サイクリングでチョコレート・ヒルの絶景を眺めることができて気持ちいい!

眼下に広がるジャングルにおもわず「高すぎる〜」と西山さんでしたが、途中から慣れてきて、チョコレート・ヒルの絶景を楽しめる余裕が出てきましたね。

往復約4分の空中サイクリングはとてもスリリングな体験です。

ヨーダのモデルになったフィリピンのメガネザル

大興奮のアクティビティの後は、癒しの人気動物に会いに行きます。
着いたのはフィリピン・ターシャ・サンクチュアリー(Philippine Tarsier Sanctuary)
ここは世界最少級の霊長類、フィリピンメガネザル(Philippine Tarsier)の研究・保護施設です。

「ターシャ」の愛称で親しまれているこのメガネザルはボホール島に約1,000匹生息していると言われており、スターウォーズのあのヨーダのモデルともいわれています。

確かに似ている!

夜行性で繊細な生き物のため、触ることができませんが、ガイドに案内してもらい、その姿を見ることができます。

体長約12cmの小さな体に、真ん丸のつぶらな瞳がとてもかわいい。大人しくゆっくりとした動きは癒し系そのものです。

スポンサーリンク

至福のプライベートビーチを堪能できる「ボホール・ビーチ・クラブ・リゾート」へ

今回、西山さんが滞在するのはボホール島で人気のリゾートであるボホール・ビーチ・クラブ・リゾート(Bohol beach club resort)です。

目の前には白い砂浜と青いサンゴ礁のプライベート・ビーチが広がります。
人気のコテージタイプの客室は熱帯植物の葉が葺かれ、南国リゾートの趣に気分も高まります。

遠浅が続くビーチを散策すれば、日常から解放されリラックスした時間を過ごすことができます。

夜はホテルの潮風感じるオープンテラスで、ディナーを頂きます。
イカやエビなど魚介の盛り合わせはどの素材も新鮮。このディナーには伝統ダンスパフォーマンスも含まれていて、西山さんもバンブーダンスに参加。
リズムをとるのが難しいダンスですが、南国のリズムに身も心も癒されます。

ウォーター・アクティビティに挑戦!ボホール島の豊かな海

ボホール島の2日目は、ボラカイ島と同じくアイランドホッピングへ。
ホテルの島周辺の美しい海でウォーター・アクティビティを体験します。

西山さんはボホール・ビーチ・クラブ・リゾート(Bohol beach club resort)から出発するツアーに参加、まずは船に乗って野生のイルカを探すドルフィン・ウォッチングです。

見渡す限りの透き通るエメラルドグリーンの海を進んでいくと、なんと突如100頭以上のイルカから成る大きな群れに遭遇。

こんな感じでイルカたちが海上に出てきて飛び跳ねていました。

船の周りを泳ぎまわるイルカの姿に大感動です。

このツアーはボリューム満点のバーベキューランチがついています。
船の上でバーベキューはとっても贅沢!

スタミナ満点のバーベキューランチの後は、スキューバダイビングに挑戦です。
一度潜ると、そこはサンゴ礁とカラフルな魚たちの世界。
たくさんの生き物が豊かな海に包まれて生きています。
運が良ければ、ジンベイザメやウミガメと遭遇することもあるのだとか。

熱帯雨林のジャングルに、どこまでも続くサンゴ礁の海、美しいボホール島の自然を満喫した旅でした。

旅サラダ:海外の旅「フィリピン・ボホール」まとめ

今回のフィリピン・ボホール島の旅は、ここでしか味わえないアクティビティが盛り沢山でした。フィリピンというと、数多くの島々で構成された国ですのでビーチリゾートや海のアクティビティが大半と思いきや、そうではないスポットやアクティビティが盛り沢山でした。

特に、バイク・ジップはフィリピンの絶景を活かしたアクティビティで「体験したい!」と思わせる内容で、フィリピンという国に対する興味がました旅でした。

スポンサーリンク

旅サラダ:海外の旅「フィリピン・ボホール」で訪れたところ

今回の旅サラダ「海外の旅」で訪れたスポットを紹介しています。
観光の時の参考に!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!