満島ひかりが神対応ぶりがスゴイ!旅猿「高知・四万十川の旅」で天然うなぎを獲って食べる

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

四万十川

今回の旅猿は高知の四万十川へ。

久しぶりの2人旅で始まった旅猿11、ここに来て意外なのゲストが登場です。なんと女優の満島ひかりさんが旅猿に初登場!

「なんで出てくれたんですか?」

とこの出演に不思議がる東野幸治さんと岡村隆史さん。

実際に対面するまで「ドッキリ?」と疑心暗鬼でしたが、本人登場で高知の四万十川への旅が始まりました。目的は天然うなぎを獲って食べること。

旅の道中で満島ひかりさん、かなりの神対応ぶりでした。

スポンサーリンク

Contents

旅猿「満島ひかりと行く高知・四万十川の旅」

旅猿10から旅猿11になった初っ端にニュージーランドの旅と豪華に海外へ。
そこから旅先は落ち着いて、国内スポット中心でしたが、今回は想定外のゲストが。

バラエティ登場の印象がほとんどない満島ひかりさんが何故か旅猿に出演し、高知県の四万十川を旅します。

豪華ゲスト登場でも、旅猿なのでゲストでなく東野幸治さんがやりたいことです。

今回の旅の目的は「四万十川で天然うなぎを獲ってたべる」こと

土用の丑の日があるこの季節には、ピッタリのテーマですね。今回はどんなスポットへ訪れるのでしょうか?

天然うなぎが穫れる四万十川といえば、やっぱりこれ!

四万十川は、高知県の西部を流れる一級河川です。有名なのは、四万十市の「岩間沈下橋」ですね。

「この感じ見たことある!」な人ばかりではないでしょうか。

四万十川は三大清流の1つである

そんな清流や古き良き里山風景のイメージの強い四万十川です。そのイメージ通り、日本3大清流に選ばれております。

その三大清流はこちら

  • 四万十川(高知県)
  • 長良川(岐阜県)
  • 柿田川(静岡県)

長良川はこんな感じ

柿田川はこんな感じ

どれも素敵な清流の名が合う川ですね。

スポンサーリンク

実はあいまい?三大清流の選定基準

この三大清流をすべて思い浮かべられた方はいたでしょうか?

「長良川は聞いたことあるけど、柿田川はあんまり・・・」

有名な川で言えば、関東の利根川、信濃川、などありますが、なぜこれらの川が3大清流になっているのか?

それは清流の基準にあります。

つまり清流とは「水質汚染の少ない、または無い川」のことを指します。

「三大清流は水質がすごく良いのか!」

とイメージしますが、肝心の水質は、国交省が「全国一級河川の水質現況」に纏めてくれています。

http://www.mlit.go.jp/river/toukei_chousa/kankyo/kankyou/suisitu/

でもこの基準で見ると、

四万十川は、最も水質がキレイじゃない!

じゃあ、なぜ三大清流なのかというと、このような基準を満たしているからだそうな。

  • 生態系が豊かであること
  • ダムがない
  • 里山文化的な情景のイメージとして定着している

などなどからきまっているようです。

なんともややこしい・・・

でも

生態系が豊か

これこそが、今回求める天然うなぎが四万十川に存在しそうな理由ですね。

天然うなぎは四万十川で穫れる?

「天然うなぎ」

養殖でほとんどのうなぎ市場においてインパクトのあるフレーズ。

「やっぱり、養殖よりも天然!」

と思ってしまいますが、肝心の天然うなぎは四万十川で穫れるのでしょうか?

実は天然うなぎって市場に出回らないですが、北海道と沖縄以外では穫れるようです。

最近の水揚げについて農林水産省の「平成28年漁業・養殖業生産統計」の天然うなぎの水揚げ量順に見ていくと

  • 茨城県:14t
  • 岡山県:9t
  • 愛媛県:9t
  • 岡山県:9t
  • 大分県:6t
  • 島根県:5t
  • 福岡県:5t
  • 高知県:3t
  • 宮崎県:3t

引用:平成28年漁業・養殖業生産統計 – 農林水産省

ということで高知県での水揚げもあるので、四万十川でも獲れそう。

天然うなぎと養殖うなぎはなにが違うのか?

今や市場でほとんど出回っているのが養殖うなぎです。

だから「天然うなぎ=むちゃくちゃ美味しい!」とイメージしがち。

でも話はそんな単純ではありません。では、天然うなぎ養殖うなぎの違いはどこにあるのでしょうか?

両者を比較していくと、

うなぎの見た目
天然:おなかが黄色く体が細い
養殖:おなか白く体が大きい

うなぎの値段
ネットで売っている値段を比べるとだいたい同じ量で
天然が2倍の値段になっています。

うなぎの味
天然うなぎ:60%のパフォーマンスから120%のパフォーマンスが混じっている
養殖うなぎ:80%のパフォーマンスで安定している

天然うなぎは個体差があるから味にバラつきがあります。
脂がのった旬の天然うなぎは絶品ですが、養殖うなぎとくらべてイマイチの場合もある。

食べるだけなら、養殖うなぎで全然アリって感じです。

むしろ、養殖うなぎでOK!

天然うなぎは、獲るところから取り組むことに醍醐味に思えてきました。

まさに今回の旅猿のようだ。

ということで、これ以降は旅猿本編について紹介していきます!

スポンサーリンク

旅猿「満島ひかりと行く高知・四万十川の旅」第1話

今回の旅猿11もいつもどおりのバジリコからスタート。
でも今回はバジリコから、直接ロケ地に出発ではありません。

事前に今回のゲストが発表されるという変わった流れ。
今日はゲストが登場しないみたい。

そんなもったいぶった感じの旅猿ゲストは想定外の満島ひかりさんです。

東野さんのインスタに楽しそうに映る四万十川にいた3人の姿。

でも、バラエティには非常にめずらしい!

「バラエティ担当?」と思うくらい、満島真之介さんは見かけますが。
このゆるい旅猿なら出ても良かったのか?

意外にも、満島ひかりさん本人から割とあっさりOKがとれたようです。

四万十川で天然うなぎを獲って食べたい

今回の旅猿の目的は「四万十川で天然うなぎを獲って食べたい」です。
そこはゲストが誰であろうが、東野幸治さんのやりたいことを徹底するというスタンス。

だからこそ、旅猿です。

そしてロケ当日は、高知駅に東野幸治さんと岡村隆史さんの2人が登場。

「ミラクルひかるがモノマネして登場するんじゃ・・・」

みたいなまさかのドッキリも想定しつつ、予想を裏切って本人が登場!

そして、高知駅から四万十川を目指して須崎駅に向かう電車に乗り込みます。ということで、スポット的には全く触れられる話題なしの第1話はここまで。

満島ひかりは6人目の旅猿女性ゲストになった

満島ひかりさん登場で、急に盛り上がる旅猿メンバーのテンション。

「最近、旅猿の女性ゲスト登場多いな〜」と思ったので調べてみました。これまで登場した女性ゲストはこの6人です。

  1. misono
  2. ベッキー
  3. 平愛梨
  4. 持田香織
  5. 佐藤栞
  6. 満島ひかり

こうやって見ると、旅猿らしいラインナップで、女性ゲストに選ばれる軸がよくわからない!

でも最初の頃の女性ゲストは懐かしい感じだなぁ〜

この中では、平愛梨さんと持田香織さんは複数回登場しています。東野幸治さんと岡村隆史さんとの相性が良かったのでしょうか?

特に持田香織さんは最近も栃木に行ったばかり。

東野・岡村の旅猿10:持田香織と栃木の旅(宇都宮のみんみん、益子焼、いちご狩り他)
今回の東野・岡村の旅猿10は「持田香織さんにお詫びの旅」です。 旅猿新年...

また、旅猿11になって佐藤栞さんや満島ひかりさんと、新メンバーが増えてきていますね。

旅猿「満島ひかりと行く高知・四万十川の旅」第2話

満島ひかりさんと出会って電車でトークしたところで終わってしまった旅猿の第1話。
このブログ的には、スポット紹介してくれないと書くものがなくてツライ・・・

でも今回は飯を食べるので、ネタがありました(よかった)

第2話は高知駅から移動した須崎駅を降りた3人は、レンタカーで道の駅へ。
ここで少し遅めの朝食を取ります。

スポンサーリンク

高知の道の駅「かわうその里すさき」で見れる藁焼きが半端ない!

須崎駅から車で10分。到着したのは道の駅「かわうその里すさき」についた3人。

せっかく高知に来たから名物をとなるのが心情ですよね。そしてここには、高知名物の“カツオのタタキ”をわら焼きで味わえるスポットが有ります。

わら焼きの実演販売ですが体験も可能と、テンション上がる!

満島さんと岡村さんでわら焼きに挑戦して、美味しそうな”カツオのタタキ”が出来上がりました!

わら焼きは、見た目にも大迫力だし、風味もよくなって”カツオのタタキ”がよりいっそう美味しくなるのでオススメです。あと塩で食べるのもいいのです!

そんなわらやきのカツオのたたきもネットで見れば売ってるんですよね。

でも、藁焼きお店があればぜひ”カツオのタタキ”に挑戦してみてください!

スポンサーリンク

番組パワーでカツオのたたき丼をつくる

1階で藁焼きで出来上がったカツオのたたきですが、ここにご飯と味噌汁がない!

朝は味噌汁がやっぱり飲みたいので、ご飯を味噌汁を求める旅猿3人。
どうやら特別に2階レストラン「とれた亭」にたたきを持ちこんでOKに

それを持って、3人はご飯と味噌汁を注文して土佐丼にする予定。

ちなみにとれた亭の土佐丼はこちら

土佐丼によって贅沢な朝食の完成!

腹ごしらえも十分になった3人。ここからいよいよ四万十川に向けて出発か?

舞台は役者のもの、旅猿は東野のもの

これまでの旅猿の3人トークの中で、印象に残ったのが2つ。

1つ目は、満島ひかりさんは白目をむくのが得意。
得意の白目をインスタに載せるのオッケーにしているほどの懐の深さ。

こんなの普通女優だと嫌がりそうだけど驚きの神対応ぶりですね。

2つ目は「旅猿に関する名言」について。3人の話題が演出におよんだ時に、満島さんがそれぞれの分野の違いを説明します。

  • 映画は監督のもの
  • ドラマは脚本家のもの
  • 芝居は役者のもの

その話を、道の駅で旅猿版として岡村さんがかぶせたのがこちら

  • 映画は監督のもの
  • ドラマは脚本家のもの
  • 芝居は役者のもの
  • 旅猿は東野さんのもの

確かに!

旅猿「満島ひかりと行く高知・四万十川の旅」第3話

遅めの朝食を終えた3人は、ここからすぐにある四万十川へ向かいます。

四万十川とのファーストコンタクトにテンションが上がってくる東野さん。
ついに四万十川にかかる橋へ到着してご対面!

スポンサーリンク

沈下橋じゃないと四万十川じゃない

かわうその里すさきを車で出てから間もなく四万十川へ。でも「これ、四万十川?」っていう感じの普通の川が出てきました。

3人に広がる「コレジャナイ・・・」感。

どうやら、川の下流に行くと川幅も広がっていくので、求めている四万十川へ向うため下流を目指します。でも、水はここでも澄んでいてキレイです。

期待する四万十川感として、さっきのに欠けていたのがあの橋でしょ!

岩間沈下橋で見る欄干(橋の手すり)がない「あの橋」が必要です。「あの橋」は「沈下橋」と言って、流量の増減が多い四万十川で、橋が流されないように川に沈んでも良い作りをしてるんです。

というとこで、下流に進んでいき今度は四万十川らしさを楽しめる上宮沈下橋に到着!

おお、四万十川っぽい!

沈下橋は幅が狭いのに欄干が無いから車で通るとスリル満点。ドライバーだった東野さんは、1番楽しみたかったのに、それどころではありません。

道の駅「とおわ」で四万十スイーツを食べてまったり

ここで休憩を取る3人。場所は道の駅「道の駅四万十とおわ」です。

また、道の駅に。四万十川に店がないのか?道の駅好きなのか?

気になって食べログで調べてみると、2017年7月時点では117軒がヒット。結構お店あるから、単純にこの道の駅がオススメだったのね。

食べログでヒットした「四万十町」の飲食店

3人はとおわ内の「おちゃくりcafe」でモンブランとロールケーキの栗スイーツをいただく。

そして、カフェで川辺の風を受けてダラダラする3人。なんとも気持ちよさそう。

「ザ・四万十川」の岩間沈下橋で満島ひかりのテンションが変に

そしてそこからお目当ての観光スポットの岩間沈下橋へ。

ブログの冒頭でも紹介しているこの橋。まさに「ザ・四万十川」です。到着時に3人以外に誰もいなかったので橋の上で座って清流を眺めます。

四万十川に来た雰囲気が盛り上がってきたところで、1人変なテンションになった方が。

満島ひかりさんが、おもむろに立ち上がりなぜかヤンキー歩きをはじめる。この予測不能な展開に戸惑う東野さんと岡村さん。

でも、これが女優満島ひかりの素なのか「最近、友達と妊婦の歩き方マネしてましたよ」と妊婦歩きをやりだす。最後は記念写真で「扇、やりましょう!」と、小学校の組体操クオリティな扇を橋の上で作って記念写真。

「この扇の写真は恥ずいわ〜」って言っていた東野さんの気持ちがよくわかる。

でも、こんな馬鹿なことをやってくれる満島さん、サービス精神旺盛。実際に「四万十川来ました!」だけだと撮れ高ないことを察してのネタ出しです。白目もそうですが、神対応ぶりが半端ない。ひょっとして素がそういうだけということもありますが。

ということで、次回はいよいよ、天然うなぎゲットか?

旅猿「満島ひかりと行く高知・四万十川の旅」第3話

今回の旅猿は、四万十川でカヌー体験です。
そして今回の旅のメインである「天然うなぎ」の獲得!

無事に天然うなぎをゲットできたのでしょうか?

スポンサーリンク

「かわらっこ」で四万十川のカヌー体験

岩間沈下橋から3人が移動してきたのは、かわらっこという四万十川でカヌー体験ができる人気スポット。

四万十川のほとりでカヌー体験は1艇(2時間から2時間半)につき大人5200円、子供は4000円。

3人がそれぞれカヌーを借りて、いざ四万十川へ。これだけ川幅が広いとカヌーで川を渡るのが非常に楽しそう。

ここで四万十川伝統のテナガエビ漁をしているおじさんがいたので、本日の成果を見せてもらうことに。結果はバケツに大漁のエビが!

四万十川の豊かな生態系の一端を知ることができました。

このスポットの口コミ情報はこちら

四万十川の天然うなぎを獲りに行くぞ!

カヌー体験を終えた3人は、ついに旅の目的である天然うなぎの確保に。天然うなぎ漁の体験ができる「四万十川の碧」へ移動です。

この「四万十川の碧」は、四万十川遊覧する屋形船を運営するお店で、天然うなぎ漁の体験が可能です。

屋形船に乗り込んだ3人は実際にうなぎの罠を仕掛けの回収を体験。屋形船から小舟に乗り継いで仕掛けた罠を回収しに行きます。

このスポットの口コミ情報はこちら

天然うなぎはいたのか?

旅猿メンバーで船頭さんが仕掛けた罠を引き上げていきます。
うなぎは入っているでしょうか?

  • 1つ目の罠はの結果はテナガエビが入っていました。
  • 2つ目の罠は不発!
  • 3つ目にもテナガエビです。

残念、うなぎがいない!

とここで、これはテナガエビの罠だったことが判明!

うなぎは入っているわけがないと。

今度こそ、うなぎはいたのか?

今度はうなぎの罠を持ってきてくれた船頭さん。さっきのテナガエビの罠と全く違います。
罠は全部で2つ。アタリが入っているのか?

罠を確認すると、

  • 1つ目はハズレ
  • 2つ目はハズレ

残念ながら、天然うなぎはいなかった・・・

この結果に諦めきれない3人。

船頭さんががまた罠を仕掛けてくれて翌日それを引き上げに来ます。船頭さんの見立てでは、60%の確率でうなぎが入っているとのこと。

船頭さんの言葉を信じて明日に期待しましょう!

スポンサーリンク

屋形船から見る四万十川もステキだ!

漁は残念な結果になりましたが、しばし屋形船に乗って四万十川の風景を楽しむ3人。
沈下橋を下から眺めるというのは船ならではの楽しみ。

そして、通り抜ける瞬間はやっぱりテンション上がりますね。

船だと水面に近いので、水面のキラキラしている眺めを存分に楽しめます。川が非常に綺麗ですね。

ここで満島ひかりさんがカメラを持って、東野さんと岡村さんの二人を撮影することに。

一体どんな映像になっているのかは旅猿の放送でご確認ください。
詳細は『今から旅猿「満島ひかりと行く高知・四万十川の旅」を見るには?』を!

満島ひかりさんの撮った映像は、音楽がJamiroquai(ジャミロクワイ)のVirtual insanityで雰囲気は出てましたが、おっさん2人が映っているだけには違いない!

旅猿「満島ひかりと行く高知・四万十川の旅」第4話

旅猿の高知四万十川の旅もついにフィナーレです。

今回は待望の天然うなぎを堪能します。そして、築250年を超える古民家での五右衛門風呂堪能など、高知を満喫した旅でした。

ついに天然うなぎを食べれる

東野幸治さん、岡村隆史さん、満島ひかりさんの3人は天然うなぎを食べるために「季節料理たにぐち」へ。



お待ちかねの夕食では、3人で取ったテナガエビの素揚げがでてきました。

なんとも美味しそう!

そしてお待ちかねの天然うなぎをいただく。ここで旅の目的をほぼ達成です。

スポンサーリンク

四万十川で一泊なのだが・・・

夕食を終えた3人は本日の宿へ。

ただ、宿まで1時間半もかかるらしい。目指すは四万十川源流の「長寿庵」ですが、予定の1時間半を超えても全く到着せず。一体どこまで離れているのか!

予定時間を大幅に超えて長寿庵に到着です。

この長寿庵は築250年を誇る古民家。囲炉裏に五右衛門風呂と田舎情緒たっぷりの1日1組限定のお宿です。

このスポットのクチコミ情報はこちら

結局うなぎはとれたのか?

1泊して気になるのは、仕掛け直した罠に天然うなぎが獲れていたのか?

スタッフが確認すると、結果はダメだった模様。うなぎがダメだったので、3人は沈下橋の原形となった早瀬の一本橋へ。

この橋に流れている川の水がきれい!さすがは四万十川です。

四万十の清流で、長寿庵のご夫婦が作ってくれた愛情のこもった朝ごはんを食べる幸せな時間。そんなひとときを過ごして、今回の高知四万十川の旅は終わりです。

次は満島ひかりさんの地元の奄美大島で旅猿ロケを実施かも?

スポンサーリンク

今から旅猿「満島ひかりと行く高知・四万十川の旅」を見るには?

旅猿11の「高知・四万十川の旅」は見逃し配信をしています。

放送を見逃した方はHulu日テレオンデマンドの見逃し配信されていて、すでにこの放送回も公開中です。今までの旅猿1〜10も見れますよ。

どちらで見ると良いの?

といえば、オススメはHulu。無料トライアルあるし、他の旅猿や違うテレビ番組や映画も見れる!

日テレオンデマンドだと、見たい放送ごとにお金を払わないと行けないので纏めて見るなら断然にHuluがオトク!

そして番組で紹介していた旅猿10のDVDも予約を受付開始です。詳細は公式サイトにて!

東野・岡村の旅猿~プライベートでごめんなさい~

旅猿の訪問スポット「満島ひかりと行く高知・四万十川の旅」

テレビで紹介されたスポットをまとめています。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!