旅猿でやった淡水ダイビングとは?沖縄行かずに潜れる人気スポット3選

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

スキューバ

旅猿で、東野幸治さん、岡村隆さんに加え、又吉直樹さんが挑戦した淡水スキューバダイビング

スキューバライセンスがあるのに、ほとんど使えていない東野さんの為に日帰りOKスキューバのスポットを探すと淡水という選択肢が!

スキューバダイビングというと、殆どの人が海水をイメージしますが、淡水スキューバダビングもある。気になるライセンスや費用、人気の淡水スキューバダイビングスポットなとをまとめてご紹介します!

スポンサーリンク

淡水スキューバダイビングについて

Scuba diving

スキューバダイビングは海をイメージしがちですが、実は川や湖などの淡水でも楽しむことができます。湖の周辺には、器材のレンタルやライセンスも取得できる施設もあってレジャーにぴったり。

そして淡水スキューバなら都内からでも日帰りOK!

ここではまず、海のスキューバダイビングとの違いやかかる予算をご紹介します。

淡水スキューバと海のスキューバの違いとは?

淡水スキューバダイビングは海のスキューバダイビングに比べ、このような点があります。違いを理解して、事前のダイビング計画をしっかりしましょう!

浮力が少ない

淡水スキューバダイビング海のスキューバダイビングの大きな違いは「浮力」です。

スキューバダイビングでは、たくさんの器材をつけてもぐりますが、それ以外にも「重り」を身に着けて深く潜るようにします。

しかし、淡水は海水より浮力が少ない為、重りは海で行うより軽くします。また、湖だと高所にある場合もあり、かかる水圧も異なります。

波がない

湖だから波がありません。また、潮の流れもないので、水の抵抗が少なくて済みます。水中での行動が海中よりも簡単にできる、というメリットがあります。

見れる魚が全く違う

淡水と海水では生息する生物がまるで異なります。ブラックバスやナマズなどを水中で観察できるのは、とっても貴重!

また、絨毯のように敷き詰められた水草や、沈木など神秘的な光景も期待できますよ。

スポンサーリンク

淡水スキューバダイビングにかかる予算は?

各地に淡水スキューバダイビングを取り扱う施設がありますが、どの施設も体験ダイビングは約1万円~(講習料・器材費など込み)程度です。

“当日に遊びたい!”という方には魅力的な値段です!

ライセンス・器材等を持っている方は、施設でダイビングポイントまでボートでの送迎や、ガイドなどの手配も可能です。

参考までに旅猿12での淡水スキューバダイビングのスポット「本栖湖ダイビングサービス」の料金はこちら。

  • 体験ダイビング 10,800円
  • 1ビーチガイドパック 7,560円

こちらではPADIのスキューバダイビングライセンスも取得できます(64,800円)。詳細は公式サイトを確認下さい。

本栖湖ダイビングサービス MOTOSUKO DIVE RESORT

スキューバライセンスについて

淡水スキューバダイビング

スキューバダイビングを楽しむなら、海水でも淡水でもライセンスの取得がオススメ。

  • たまに楽しめればいい
  • インストラクターがいないと不安、

そんな方はライセンス無しの「体験ダイビング」もあります。

ライセンス取得には日数がかかる!

“スキューバダイビングを継続してやりたい!”という方には、もちろんライセンス取得がオススメ。
ライセンスを発行する機関は様々あり、それぞれ取得までの日数は異なります。
筆記や実技などの試験があり、平均して3~4日ぐらいが相場のようです。

ライセンスを取る場合は、旅行で長期滞在して取ることが多いので、まとまった休みが必要になります。

体験ダイビングならライセンス不要ですぐに潜れる

体験ダイビングは、講習や実技講習の後、インストラクター付きでスキューバダイビングを楽しめる。潜れる深さと時間に制限があるものの、当日すぐに楽しみたい方には魅力的な選択肢です。

各ダイビングスポットで申し込めるので、「体験ダイビング」に参加してみてからライセンスを取得を考えてみるのがいいかも!

ライセンス取るなら、世界ライセンスに!

発行機関で日本でしか使えないライセンスと世界共通で使えるライセンスがあります。

例えば、NAUI(ナウイ)やPADI(パディ)は、日本でライセンス取得コースがあって世界でも使える機関として有名。

NAUI

PADI

このライセンスをとれば、海外のキレイなダイビングスポットで遊べます!

ライセンス取得にかかるお金は?

平均で6~8万円の費用がかかります。費用には、教材や器材レンタル費用なども入っているので、特に自分で用意する道具はありません。

海外のリゾート地では日本より格安に取得できることもあるので、逆に海外で取るのもオススメです。

世界ライセンスを安くすますなら東南アジアで取得すべし

東南アジアのリゾート地では、3万円程度で取得できることもあるので、語学に自信のある方は利用してみてはいかがでしょうか。
特にグルメも楽しみたいなら、タイは食にも満足できること間違い無し!

タイにはオシャレなカフェなんかも多いので、ダイビングライセンスを取る女子旅を企画するのも良いかも?

タイ・バンコクの女子旅:おすすめスポット12選(カフェ、お土産、ショッピングモール)
女子旅にオススメな「タイ・バンコク」スポットをまとめてみました。 バック...

知っとかないとヤバイ!スキューバダイビングの2つの注意点

スキューバダイビングで知っておくべき意外な注意点が2つあります。

耳抜きができないと、スキューバダイビングはできない

1日限りの体験ダイビングであれ、耳抜きがないとスキューバダイビングはできません。
水深2mぐらいになると、耳抜きが必要になってきます。

苦手な方は、山など高いところに行った時や、あくびをする時に意識をして耳抜きをできるようにしておきましょう!

スキューバダイビングをした日は、飛行機に乗ってはいけない。

潜る深度や時間によっても異なりますが、スキューバダイビング後はそれに伴う休憩が必要。
見た目ではわからなくても、体内ではダイビングにより様々なことが起きているからです。

特に注意したいのが、”スキューバダイビングをした日は、飛行機に乗ってはいけない”ということ。

「減圧症」といい、ダイビング後に体内に蓄積された窒素が、高所に行くことで血管内で膨脹し、関節症や呼吸障害などを引き起こす原因となります。飛行機だけでなく、300〜400mほどの高所で減圧症になることも。

重大な後遺症にも繋がる恐ろしい障害なので、旅行でダイビングの予定がある方は、ゆとりを持った計画を立ててください!

スポンサーリンク

人気の淡水スキューバダイビングスポット

スキューバというと海を連想しますが、日本各地に淡水スキューバダイビングができるスポットが存在します。人気の淡水スキューバダイビングのスポットをご紹介します。

本栖湖(山梨県)

富士山の麓にある、富士五湖の1つ。屈指の透明度を誇り、都内からもアクセスがいいので日帰り可能な人気のダイビングスポットです。

ヒメマスやニジマスの群れや、富士山の噴火時の溶岩石を見れるのも本栖湖ならでは。

琵琶湖(滋賀県)

面積・貯水量共に日本一の湖。ブラックバスやワカサギなど多数の生物を見られます。沖の白石など、琵琶湖の名物スポット周辺でダイビングできるのも魅力的です。

支笏湖(北海道)

北海道千歳市にある日本最北の不凍湖。この素晴らしい透明度から、水質日本一にも選ばれ、その美しさは「支笏湖ブルー」と呼ばれます。

エゾウグイやヒメマスなど、本州では珍しい魚を見ることができ、湖の周辺には、バーベキューやキャンプ施設もあるので、レジャーにはもってこい!

旅猿たちも挑戦した淡水スキューバダイビングの世界

旅猿12で又吉さん初参加の旅の目的が「淡水スキューバダイビング&BBQ」です。

スキューバライセンスがあるのに、ほとんど使えていない東野さんの為に日帰りOKスキューバのスポットを探すと淡水スキューバダイビングとなり、東野幸治さん、岡村隆史さん、又吉直樹さんら旅猿メンバーは山梨県の本栖湖にあるダイビングスポットへ。

都内からなら日帰りスキューバになるので、スキューバダイビングを始めてみるには、海より淡水の方がチャレンジしやすそうです。

注意したいのは、湖は山など高所にあることも多いので、減圧症などの症状が出ないようしっかりと準備をして臨みましょう!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!