ナポリの観光とピザのオススメは?「旅するイタリア語」で紹介されたナポリのスポットを巡るのもアリ!

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

旅するイタリア語が2ndシーズンになりました。今回の旅人はバイオリニストの古澤巌さん。古澤巌さんは、旅するイタリア語の1stシーズンの東儀秀樹さんの旅でも登場しました。

旅するイタリア語:ブッセートでTFC55(東儀秀樹×古澤巌×coba)がコンサート
2016年12月20日にNHKでテレビ放送された「旅するイタリア語」は「#12...

イタリアのファッションやクラシックカーが大好きな古澤巌さんの旅は、パートナーのイタリア語教師であるマッテオ・インゼオさんと一緒に南イタリアを巡る旅です。

前回の旅するイタリア語の1stシーズンについては別記事で紹介しています。

NHK「旅するイタリア語」が2ndシーズンへ!バイオリニスト古澤巌が南イタリアの絶品と絶景に出会う
NHKで放送されていたドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語のヨーロッパ...

そんな旅の始まりとなる南イタリア屈指の都市ナポリのスポットをまとめています。
旅先でナポリに行ったときに訪れたいスポットが出てきますよ!

スポンサーリンク

旅するイタリア語:ナポリのグルメスポット

ナポリ

ナポリ(Napoli)は人口98万人の南イタリアの大都市です。有名なヴェスヴィオ山もこころなしか桜島に似ています。その影響なのか、鹿児島市とナポリ市は姉妹都市になってます。

そしてナポリといえばピッツア(ピザ)です。ナポリ発祥のマルゲリータは誰もが知っているピッツアの大定番。

この魅力的な街を評して「ナポリを見て死ね」ということわざがあるぐらい。そんなナポリの魅力的なスポットについて、旅するイタリア語で訪れたグルメスポットについて紹介します。

La Figlia del Presidente(ピッツァ専門店)

店内に入ると綺麗なタイルに貼られたピザ窯がお目見えするナポリ市内のピッツァ専門店。多い時は1日1000枚も売れると言う人気店です。

古澤巌さんが頼んだのはヴェスヴィオ山にちなんだヴェスヴィオピッツア、マッテオさんは定番のマルゲリータです。ピザに合わせるのはビールかと思いきや、イタリアではワインです。 今回はロゼのスパークリングと一緒にピッツァをいただきます。

2人が食べたピッツアについてご紹介すると、

  • ヴェスヴィオピッツア
    材料に黄色いトマトは赤いトマトを使い。水牛のモッツァレラとオリーブオイルにバジルをのせて焼き上げる
  • マルゲリータ
    ナポリ地方のトマトから作ったトマトソースにモッツァレラとバジルをのせて焼き上げる

ナポリのピザは値段が安い!

マルゲリータが4ユーロでヴェスヴィオピッツアは6.5ユーロです。

La Figlia Del Presidente

ナポリピッツアに薪窯が必要な理由とは?

ナポリピッツァは薪のピザ窯で必ず焼きます。薪の窯は中が470度の高温になるため焼き上げ時間は60〜70秒。この短い時間に絶妙な具合に仕上げるのは職人技の見せどころです。

なぜ薪窯を使うのか?

その秘密が、ナポリ郊外のクアルト(Quarto)にあるピッツァ窯工房で明らかになります。工房にある窯を見ると窯全体の高さに比べて窯内の天井が低い。

これは空間を狭くして中を高温にするための工夫。

miniさん(@oxomini)がシェアした投稿

このまま使えば400以上の高温で一気にピザを焼けるので、これが表面をカリカリ中はふわふわのナポリピッツァを作るための秘密です。

「La Figlia del Presidente」の味が日本でも楽しめる!

今回登場したLa Figlia del Presidenteですが、実は日本にもお店があるのです。
場所は横浜市の馬車道で、JR関内駅と東急の馬車道駅からすぐの場所です。

マルゲリータも本場とソックリです。

yu kmrさん(@amanjya)がシェアした投稿

お店の評価を食べログ、Rettyなどのクチコミサイトで調べてみると高評価です。やはり本場ナポリの味は美味しい!

サイト行きたい
(人)
行った
(人)
評価
(5段階)
口コミ数
(件数)
ページ
食べログ--3.5835詳細
Retty25120-13詳細
Google--4.219詳細

本場ナポリの味を日本にいながら味わえるなんて最高です。

詳細はこちら

ナポリ発祥の絆のエスプレッソが味わえる「Bar 7Bello」

古澤巌さんとマッテオさんが休憩で入った「Bar 7Bello」です。

古澤さんはエスプレッソ、マッテオさんはカフェを注文。でも出てきたのは一緒のエスプレッソです。イタリアではカフェといえばエスプレッソのことを意味し、わざわざエスプレッソと言わないようです。だからカフェといればエスプレッソが出てくる。

ここで見つけたのが、カフェソ・スペーゾ(Caffè sospeso)と言う看板。これはお金の余裕ある人がお金が払えない人のためにエスプレッソの代金を前払いしておくと言う助け合いの精神によるシステム。

このシステムはナポリ発祥の”絆のエスプレッソ”といえます。

手持ちのない人でもエスプレッソが楽しめるという素晴らしい仕組み。古澤さんとマッテオさんもカフェソスペーゾに賛同して先払いしておきます。

旅するフランス語でも素晴らしいカフェが登場しましたが、カフェはいろんな人との絆が生まれる場所ですね。

旅するフランス語:常盤貴子がパリ旅で訪れた「穴場のグルメスポット5選」
NHKでテレビ放送された「旅するフランス語」は「第11章 旅のスケッチ1 ~こ...
スポンサーリンク

旅するイタリア語:ナポリのグルメスポットマップ

テレビで紹介されたスポットをまとめています。ナポリ観光にオススメ!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!