ウィーンに来たら憧れのウィンナワルツを踊ろう!

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

ワルツ

2017年1月9日にNHKで放送された「旅するドイツ語」は「憧れのウィンナワルツを踊ろう!」です。

今回の別所哲也さんはワルツに挑戦です。ウィーンでは冬のシーズンになると毎晩のように各所で舞踏会が開かれます。そして踊るのはもちろんはウィンナワルツ。

作曲家のヨハンシュトラウスたちがワルツ用の素晴らしい音楽を残したことで爆発的に普及し、今も多くのウィーンの人々に愛されています。今回はそのをウィンナワルツを海外の観光客にも教えてくれる学校があるようでそこでワルツに挑戦です。

はたして、別所さんは無事に踊れるようになるのか?華やかのオペラ座での舞踏会で踊れたら素敵ですよね!

スポンサーリンク

別所哲也が憧れのウィンナワルツに挑戦

別所哲也さんとスザンネさんのふたりはワルツを習うために旧市街にある「エルマイヤーダンス学校」へ向かいます。

この学校は、90年以上もの歴史を誇るダンス学校で観光客でもワルツの基礎から丁寧に教えてくれますよ。

スザンネさんはちゃんと踊れるみたいですが、久しぶりのようでペーパードライバー状態になってるみたいですので、2人で仲良く紳士的な立ち振る舞いがさまになっているペーター先生について習います。

別所哲也のワルツステップの出来映えは?

まずは基本ステップを体に覚えさせていくことが重要です。
ステップ自体は結構シンプルなので、別所さんもついてきています。

ここからはペアで。スザンネさんとお互いに手を前に差し出す男性は右から女性は左から始めてパターンを作ってきますよ。ここまでできれば、音楽に合わせて踊っていけますよ。
2人の息がぴったりで結構いい感じ!

ウィンナーワルツはお互いがかなり近づいて踊るダンスのため、密着するかしないかぐらいの距離でお互いの目を見ることができない状況で音楽に合わせて、ピッタリと息を合わせる必要があります!

回転ステップをマスターしたらほぼOK!

ペーター先生いわく、ウィンナワルツで躓く人が多い回転ステップにいきます。
このステップを見ていると、地球のように自転しながら太陽系を公転するような動きで、慣れるまで結構難しそう。回転に意識がいくとステップが疎かになるし、ステップを意識すると回転がおろそかになるから慣れが必要です。

別所さんも苦戦中のため、一旦ペーター先生に見本を見せてもらいますが、さすが優雅な踊りです。そんなワルツのステップ見ているときに今回のキーフレーズの登場です。

今週のキーフレーズ

Ich finde den Walzer wunderbar!
(ワルツはすばらしいと思います)

レッスン開始から1時間ほどでだいぶ慣れてきてちゃんと踊れるようになってきました。
目指すはオペラ座の舞踏会ですね。

「旅するドイツ語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。オーストリアの観光にオススメ!

「旅するドイツ語」の記事一覧へ

NHK「旅するドイツ語」の2ndシーズン!前川泰之の旅はドイツ首都ベルリン
2016年の秋にNHKで放送された旅するドイツ語が2017年になって2ndシー...
スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!