ウィーンのソーセージスタンドとは?広場へ行ったら立ち寄るべし!

シェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

2016年10月3日に放送された「旅するドイツ語」の第1回目放送のテーマは「ウィーンへようこそ!」です。

ウィーンといえば、モーツァールト、ハイドン、ベートーヴェンらが活躍した音楽の都としても名高い街。クラッシック音楽好きの別所哲也さんは、馬車を使ってウィーンの旧市街をグルッと回ります。

そして一息ついたところで、ウィーンのファーストフードのソーセージスタンドでウィーンっ子が愛する味を堪能!

スポンサーリンク

ウィーンのソーセージスタンド「Bitzinger

ウィーンで人気のソーセージスタンドは市内のいたるところにあります。中でも、アルベルティーナ広場のソーセージスタンド「Bitzinger」では15種類も楽しめて、日本ではなかなかお目にかかれないソーセージも!

人気ソーセージはお店の人曰く、チーズ入りソーセージの「ケーゼクライナ」が 1番人気。店長オススメの一品は燻製の香りが食欲そそる「ヴァルトフィアトラー」です。

ソーセージのマスタードは甘いのと辛いのを選べるところが日本とは違いますね。

ビッツィンガー(Bitzinger)

【住所】Albertinaplatz, 1010
【アクセス】アルベルティーナ広場 ウィーン1区)
【営業時間】月-土 7:00〜明け方4:00、 日 10:00-明け方4:00

ウィーンの街を散策しよう

ショッピングスポットのケルントナー通りで見られるのが、手回しオルガン演奏。30年のベテランおじいさんがヨハン・シュトラウス2世カイザーワルツを演奏。

手回しオルガンはドイツ語で「DREHORGEL」と呼ばれます。

演奏するには巻き上げが必要で、昔のカセットテープみたいです。

馬車でウィーン周遊すれば街がよくわかる

アルベルティーナ広場では2人は馬車へ乗車で市街地を回ることができます。馬車の料金は20分で55ユーロ、もしくは40分で80ユーロです。

旅の思い出と考えれば高くない値段ですが悩みどころです。馬車はリング通りと呼ばれるウィーン旧市街の西側をぐるっと回る40分の周遊コースを別所哲也さんはチョイス。

リング通りは150年前の19世紀にできた”通り”のこと。以前には城壁があった場所で、13世紀から19世紀末までの長きにわたり城壁に囲まれていたため、いまでもその痕跡を垣間見ることができるのです。

ウイーン国立歌劇場

ウィーンといえばウィーン国立歌劇場です。シーズン中は毎日異なる演奏プログラムが実施されるため、格調高いイメージのオペラでも見れるチャンスあり!

立ち見の安い料金もあるので是非トライしたいですね。

市庁舎

教会そっくりの外観の市庁舎。19世紀末に建てられた見応え抜群の建築物です。

「旅するドイツ語」の紹介スポット

テレビで紹介されたスポットをまとめています。オーストリアの観光にオススメ!

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
テレトリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!